ホーム > 安心・安全 > 消防・救急 > 緊急時の連絡 > 119番通報(火災の場合)

ここから本文です。

更新日:2018年3月30日

119番通報(火災の場合)

自分の家が燃えている場合は、あわててしまいがちです。電話機の近くに自分の住所、名前、目標物などの必要な情報を書いて貼っておくと、もしものときに対応できます。また、近所に大声で知らせ通報を頼むこともよいでしょう。

通報手順

青字は消防指令センターの主な質問です。)

  1. 119番消防です。火災ですか? 救急ですか?
    ⇒ 「火事です」と明確に伝えてください。
  2. 発生場所は?名前は?
    ⇒ 住所は長久手市からゆっくり、あなたの名前はハッキリと、時には付近の目標物を伝えてください。
  3. 何が燃えていますか?
    ⇒ 家・車・工場・枯草などの種類を伝えてください。
  4. 逃げ遅れ、ケガ人はいませんか
    ⇒ 「いる」「いない」または「わからない」と明確に伝えてください。
    消防車が近づいてきたら手を振って合図してください。
  5. 今かけている電話番号は?
    ⇒ 自宅から通報していれば自宅の「電話番号」、携帯電話からの通報は携帯の「電話番号」を、公衆電話から通報している場合は「公衆電話です」と伝えてください。
  6. 電話を切ってお待ちください。

※ 火災通報の場合、通報者「あなた」に危険(火・煙等)が迫っている時は、通報より避難を優先し、その後、別の場所から通報してください。

 kasai

お問い合わせ

くらし文化部安心安全課 

電話:0561-62-0119

ファックス:0561-62-7671

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?