ホーム > 安心・安全・相談 > 防犯・交通安全 > 交通安全 > ゾーン30実施区域のお知らせ

ここから本文です。

更新日:2018年8月23日

ゾーン30実施区域のお知らせ

長久手市南西部で、生活道路における歩行者等の安全な通行の確保を目的とした、「ゾーン30」が実施されています。警察署により「ゾーン30」に定められた区域内では、時速30キロの速度規制やカラー舗装等の道路施設が施され、通り抜け車両の抑制を図ります。市内では、平成25年12月から市が洞三丁目地内周辺(市が洞小学校区)で始まりました。その後、市が洞一丁目、市が洞二丁目、卯塚二丁目、片平一丁目、片平二丁目及び丁子田地内で指定されています。

ドライバーの皆さまは、次のような交通標識や路面表示を参考に、市内の交通安全にご協力をお願いします。

hyousiki

交通標識

romennhyouji1romenhyouji2

路面表示

 

ゾーン30実施区域

 

zone30kuiki

 

ゾーン30とは

生活道路における歩行者等の安全な通行を確保するため、区域(ゾーン)を定めて、時速30キロの速度規制と道路の整備等との安全対策を組み合わせ、速度規制やゾーン内の通り抜け車両の抑制を図る生活道路対策です。(愛知警察署より)

 

お問い合わせ

くらし文化部安心安全課 

電話:0561-56-0611

ファックス:0561-63-2100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?