ここから本文です。

更新日:2015年8月31日

注意情報(火災)

発生日時

平成27年8月30日(日曜日)午後1時24分ごろ

発生場所

長久手市下川原地内(北小学校区)

概 要

下川原地内にある共同住宅の1室において、入居者が使用しなくなったスプレー缶の廃棄処理をしていたところ、何らかの原因で爆発し収容物の一部が破損しました。また、廃棄処理していた入居者は爆発により受傷しました。火災(爆発)原因は現在調査中です。

その他

○スプレー缶やカセットボンベについて

・中身は必ず使い切る

・中身がまだ残っているような場合は、屋外で風通しのよく火の気がないところでノズル部分より中身を出し切る。

・不必要となったスプレー缶は、市ホームページ「ごみの出し方・分け方>もえないごみ(月1回)」及び資源とごみの分別ガイドブックP.6「もえないごみ・スプレー缶」にしたがい適切に処理をする。

○住宅防火のポイントと対策

・コンロなどのそばを離れるときは、必ず火を消す。

・コンロのまわりには、燃えやすいものを置かない。

・逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災警報機を設置する。

・火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器を設置する。

・カーテンやじゅうたん等は防火品を使用する。

お問い合わせ

くらし文化部安心安全課 

電話:0561-56-0611

ファックス:0561-63-2100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?