ホーム > 市政情報 > 財政・財産管理 > ふるさとながくて寄附金 > 寄附金の活用について更新しました

ここから本文です。

更新日:2018年11月12日

寄附金の活用について

みなさんからいただきました寄附金は、長久手市のまちづくりのため、次の事業に有効に活用させていただきます。

1.東山地区里山保全事業 ~ふるさとの風景を子ども達へ~denen4

  • 平成こども塾周辺の「木望の森」にある山林や竹林を良好に維持管理しながら、里山の保全・利用活用を推進し「ふるさと(生命ある空間)の風景を子どもたちに」の実現のために活用させていただきます。 
  •  自然の中で行う様々な遊びや学びの場の創出、次世代を担う子どもたちの創造性の育み、親子のきずなを深めるなど、誰もが自然に親しめる場とすることを目標に、竹林伐採や幼木の保護等を行っていきます。

 

  • 目標金額:500,000円
  • 募集期間:平成30年4月5日から平成31年3月31日まで

2. 介助犬総合訓練センター(シンシアの丘)訓練室改修事業                                ~母犬と子犬たちが安心できる環境を!~

 ※ 11月9日付で目標金額(874,800円)を達成しましたので、寄附金の募集を終了しました。

    温かいご支援をいただき、ありがとうございました!

 

shinshia

  • 介助犬総合訓練センター ~シンシアの丘~の訓練室改修のために活用させていただきます。
  • 介助犬総合訓練センターでは、犬の出産に対応できる部屋がありません。現在は、合同訓練を行う者が介助犬候補犬と一緒に宿泊する部屋(訓練室5)を代用しています。 年間4~5回程の出産時には、訓練部職員、獣医師も立ち会うことがあります。その際、介助犬候補犬と共に合同訓練を行う訓練生が宿泊している部屋にも大きな音が響いてしまうという課題があります。
  • そこで、訓練室4と訓練室5とのコネクション扉を塞ぎ、訓練室5の扉の防音性を高める部屋の改修を行います。 出産・産後の母犬と子犬たちが快適に過ごせる部屋の整備だけではなく、出産時期と重ならない場合は訓練室としても利用できる環境を整えます。
  • ご支援いただきました方には、返礼品のほかに、改修された新しいお部屋の特別見学や心ばかりの品をご用意しております。

          〇5,000円以上~ 母犬と子犬たちのお部屋特別見学
          〇1万円以上~ 携帯チャーム+母犬と子犬たちのお部屋特別見学
          〇3万円以上~ 訓練犬・PR犬との写真撮影+携帯チャーム+母犬と子犬たちのお部屋特別見学
          〇5万円以上~ ネームプレート+セレモニー(除幕式)参加+訓練犬・PR犬との写真撮影+携帯チャーム
   ※ なお、母犬と子犬たちのお部屋特別見学は、平成31年1~3月の見学会前の時間帯に開催を予定してい    

      ます。 詳細は、別途お送りします。

 

  • 目標金額:874,800円 

       (介助犬総合訓練センターへは、寄附金目標金額の1/2である437,400円を上限に、市から補助金とし  

       て交付されます)。

  • 募集期間:平成30年7月1日から平成30年 12月31日まで baby

        皆さまからの温かいご支援をお待ちしています

 

 

3.その他(市長のお任せ)

  • 長久手市の活性化につながるよう 、有効に活用させていただきます。

 

お問い合わせ

総務部財政課 

電話:0561-56-0606

ファックス:0561-63-2100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?