ホーム > 市の基本情報 > 観光 > 「長久手市地域ブランディング事業」実施中です

ここから本文です。

更新日:2020年1月6日

「長久手市地域ブランディング事業」実施中です

みなさんは「長久手市といえば?」と言われた時、何を思い浮かべますか?

現在「 長久手ならでは 」の地域・観光ブランドを確立するため、「アートするロゴ」をキーワードに、地域ブランディング事業を進めています。

長久手市地域ブランディング事業の経緯

アートするロゴ 本市では、2017年度からまちの魅力を高めようと愛知県の補助金を活用して 「地域ブランディング事業」に取り組んでいます。これまでインターネットでのアンケートをもとに、ブランディングのテーマ“アートする”を設定し、電動自転車で市内を巡るバイクシェアやSNSで参加する写真投稿キャンペーンなどの実証実験を行い気運を高めてきました。

そして令和元年度は、一般社団法人長久手市観光交流協会や文化の家と連携して、イベント(モデル事業)やSNSを活用して市民のみなさんに参加を呼びかけています。

 これまでの取組みやこれからの展開を紹介しますので、ぜひアクセスしたり投稿してみてください。

公式サイト(外部リンク)もぜひご覧ください!

地域ブランディング事業って何?

 地域ブランディング事業とは?

「長久手市と言えばこれ!」という、「長久手らしさ」や「長久手ならでは」のモノ、コトなどを見つめなおし、その魅力を高めていくことです。

アートするロゴ 」って何?

見つける、創り出す、おもしろくする、楽しくするなど、すべての創作行為が「アートする」の要素に含まれます。

「アート」とは、文化芸術作品に関係することばかりではなく、暮らしの中で起こることすべてが対象です。

アートするロゴ」の誕生経緯

平成29年度に実施したアンケート調査から見えてきた長久手市の資源・特徴である、「文化芸術、歴史、自然、アカデミック」を包括する言葉としての「アート」と、人を巻き込むこと、観光(お出かけ)したい時の気持ちの「ワクワク」、暮らし、日常など「行動」をイメージする言葉としての「する」を合わせた言葉として「アートする」が誕生しました。

 

アートする説明イラスト

地域ブランディングシンポジウムを開催します!

  本市では、2017年度からまちの魅力を高めようと愛知県の補助金を活用して「地域ブランディング事業」に取り組んでいます。

 このたび、これまでの総括を行い、成果や課題を明確にするとともに、今後の方向性について話し合う地域ブランディングシンポジウムを開催します。

 この機会に「長久手らしさ」や「長久手ならでは」のモノ、コトなどを見つめなおし、その魅力を高めていくことなどについて一度考えてみませんか?

・日時:令和2年1月11日(土)12:30~15:30

・場所:イオンモール長久手4階 イオンホール

・内容:基調講演、パネルディスカッション ほか

※詳細は以下のチラシをご覧ください

branding_tirashi_omote(JPG:1,272KB) branding_tirashi_ura(JPG:1,408KB)

お問い合わせ

くらし文化部たつせがある課 

電話:0561-56-0641

ファックス:0561-63-2100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?