Home > アーカイブ > Author

長久手市市民記者ホームページへようこそ!

 市民記者とは、行政からの一面的な視点では伝えきれない、
長久手市の魅力や課題などを市民のみなさんの視点で取り上げてもらい、
様々な角度から読者に伝えることで、まちがもっと身近になり、
みんなでまちのことを考えるきっかけになる広報を行うことを目的としたものです。
 行政からのお知らせとは一味違った市民のみなさんからのバリエーション豊かな記事をどうぞお楽しみください。

市民記者について詳しくは、市ホームページを見てください。

Author

古地図でたどる長久手の地名

私たちが住んでいる長久手市は、江戸時代の北熊村・大草村・前熊村・岩作村・長湫村が合併して成り立っている自治体です。

明治期以来の合併で名前の変更を繰り返し、現在の「長久手市」に至っています。

実は地名には、その土地の地理が表されていることをご存知でしょうか。

○原、○田、○埼というように、地名の最後の一文字は土地の地形を表現しているパターンが多く存在します。長久手もそれに該当します。

長久手の場合は「手」ではなく「久手」で、かつての字名である長湫の「湫」と同じ読みで同義です。「湫」という字を辞書で調べると「湿気が多くて水草などが生えている所。低湿地。」とありますが、まさに小さな池が多いこの土地を表現していることが分かります。それらを避けるように道が通っているため、転じて地形がくねくねした山坂や狭間の多い場所という意味で「長湫」の地名が生まれました

「久手」「湫」の付く地名は日本各地にあり、近いところでは中山道の宿場町である「大湫」や「細久手」(いずれも岐阜県御嵩町) が有名です。大湫や細久手がかつての風情を現在でも保ち、地名通りの地形をとどめているのに対し、街として大きく発展した長久手は地形が見えにくく、かつての道筋もたどれなくなってしまいました。

では長久手は本当に「湫」だったのでしょうか? ちょっと探ってみましょう。

長久手全図-crop

市内を縦横無尽に道路が通っています。

地形-crop
西の名古屋方面へ行くほど、地形を感じることが難しくなっていますね。

現代の長久手は、地図や地形図だけでは「湫」を感じることができません。
そこで明治時代中頃の地図と現代の地図を並べて見ることにしましょう。

前熊
これは現代でも里山の面影を残す前熊地区の地図です。
池が現代でも当時と同じ形をしているのが分かります。道筋は変えられてしまいましたが、細かく観察してみると、各戸の並びが当時の道筋に沿っているところもありますね。

長湫
そしてこちらが、現在の長久手の地名のルーツである長湫村のあった地区です。
なんと、現代からは想像が不可能な地形をしていました。森林の生い茂る山に囲まれ、百戸ほどの家々が狭い平地に身を寄せるように集まっています。現在は池が埋め立てられていますが、かろうじて「五合池」という町名がかつては池があったことを主張していますね。

長久手町が長久手市になり、住居表示が変更になった際に「長湫」という地名は消滅してしまいました。「湫」という字が読めないなどの理由からとも聞いています。
しかしこうして歴史をひも解いてみると、「湫」こそがこの長久手の姿そのものだったことが分かります。

余談ですが、2005年に町村合併して誕生した清須市は「清州」という名前をなくしましたが、こちらは江戸時代以前に一般的だった方の字を充てたそうです。日本を代表する武将を輩出した土地らしい考え方ですね。

歴史は日々進化するものであって、過去にとらわれるのはナンセンスではありますが、この土地に生きた先人の暮らしを考えるとき、こうした古地図・地名・地形などから想いを馳せることができます。古戦場の地である長久手は歴史ある土地柄ですが、こうした近代の歴史も大切に考えていきたいですね。

 

この地図は、時系列地形図閲覧サイト「今昔マップ on the web」 (C) 谷 謙二 により作成したものです。

この記事を読んだあなたの今の気持ちは?(最もふさわしいのを一つ)
楽しい! (0) なっとく! (0) なるほど! (5) おもしろい! (2) ありがとう! (1)
Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

愛・地球博会場の遺構を訪ねる

  • 2013-10-11 (金)
  • 未分類
  • 作成者:ぼんた

2005年、「自然の叡智」をテーマに「愛・地球博」の愛称で開かれた日本国際博覧会。

当時は国内のみならず、世界中の人々が集まり大盛況だったことは、長久手にお住いのかたなら誰でもご存知ですね。

現在でも記念公園として整備され、当時の施設の一部が継続して利用でき、万博時代の面影を強く残しています。駐車場もあり利用しやすく、人気のスポットです。

しかし当時は、自家用車で万博会場へ行く場合、各地に置かれた駐車場からバスで会場へ向かわねばなりませんでした。そのため会場の駐車場は、許可された車両のみ乗り入れることができたのです。

とはいえ大型バスが大量に乗り入れるわけですから、許可車両のみといえども広大な敷地を必要としていました。

では現在、その広大な駐車場の敷地がどうなっているか、ご存知でしょうか。

実は万博開催前の状態に完全復元したというのです。
物理的には可能かもしれませんが、素人から見ると本当にできるのか不思議です。

IMG_5930

実際に復元した姿がこちら。撮影した時点ですでに万博から7年が経過しています。もはや駐車場だったころの面影はなく、「復元」という表現がピッタリです。

ではもう駐車場として活躍していたときの証はないのだろうかと、この辺りを散策してみました。

IMG_5931

田んぼのあぜ道からは、現役で活躍中の観覧車を見上げることができます。

IMG_5933

周辺には神社やリサイタル会場もあります。

IMG_5924

そして、

IMG_5925

駐車場の名残がありました。バス用と思われる白線が引かれています。

IMG_5927

かつてたくさんのバスが、乗客の満面の笑みを乗せてここへやってきました。帰りもまた、くたびれた足をひきずりながらここでバスに乗り込み、おみやげをいっぱい抱え、笑顔で帰っていったのです。

そして少しずつ時がたち、現在はそのレールも元の自然に呑み込まれようとしています。

万博は、ここにも人知れず「自然の叡智」を残していたのですね。

この記事を読んだあなたの今の気持ちは?(最もふさわしいのを一つ)
楽しい! (0) なっとく! (0) なるほど! (2) おもしろい! (3) ありがとう! (3)
Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home > アーカイブ > Author

検索
フィード
メタ情報

Return to page top