Home > アーカイブ > Author

長久手市市民記者ホームページへようこそ!

 市民記者とは、行政からの一面的な視点では伝えきれない、
長久手市の魅力や課題などを市民のみなさんの視点で取り上げてもらい、
様々な角度から読者に伝えることで、まちがもっと身近になり、
みんなでまちのことを考えるきっかけになる広報を行うことを目的としたものです。
 行政からのお知らせとは一味違った市民のみなさんからのバリエーション豊かな記事をどうぞお楽しみください。

市民記者について詳しくは、市ホームページを見てください。

Author

長久手・熊張の里山・探検

  • 2014-05-02 (金)
  • 未分類
  • 作成者:愛犬ムサシのパパ

???????????????????????????????

4月27日(日)午前9時、福祉の家に集合し、長久手市商工会主催の「春のてくてく長久手めぐり」に参加。参加者は30人以上。長久手市の丘陵地の一つ大草丘陵地にある神社、寺院、史跡を訪ねた。同じ東小学校区に住んでいるが初めての場所が多い。福祉の家で主催者のオリエンテーション後出発した。

暖かく絶好の探検(散歩)日和。先ず丘陵地の入口にある溝ノ杁池(上の画像)へ。静かな水面に地デジ塔が映っていた。ここから丘陵地の坂を上ったり下りたりの行程。アイドルの1歳半の男の子も頑張った! 訪ねた社寺や史跡を順路に沿って掲載しました。 (画像の拡大は画像をクリック)

140427-1000

心地よい風に癒されながらの全行程約6Km、2時間45分の楽しい探検。故郷の魅力を発見できた「長久手めぐり」でした。

この記事を読んだあなたの今の気持ちは?(最もふさわしいのを一つ)
楽しい! (4) なっとく! (0) なるほど! (0) おもしろい! (0) ありがとう! (1)
Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

砂防公園のお花見

  • 2014-04-14 (月)
  • 未分類
  • 作成者:愛犬ムサシのパパ

三ケ峯の砂防公園は香流川の上流にあり、大雨の際、下流域の洪水を防ぐため、土砂を溜める砂溜池がある。普段は公園として開放されているが知っている市民は少ない。地元の人達の散歩や子供の遊び場など静かでいやされる公園として親しまれている。桜満開の便りでは、どこも賑わっているがここは混雑もなく、ゆっくりお花見を楽しめる隠れた桜の名所です。 (画像の拡大は画像をクリック)

???????????????????????????????

4月6日(日)、地元のシニアクラブが「お花見会」を開催し、お弁当や串団子を食べながら楽しいお喋りにも花が咲いていた。子ども連れや若いグループなど10組ほどがあちこちで円座し笑い声が聞こえる。駐車場(12台分)とトイレもあり年々訪れる市民も多くなっている。

140406-030-1

画像(左)家族連れのグループ (中)砂溜池 (右)駐車場とトイレ

この記事を読んだあなたの今の気持ちは?(最もふさわしいのを一つ)
楽しい! (1) なっとく! (0) なるほど! (2) おもしろい! (1) ありがとう! (1)
Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

シニア(老人)趣味の作品展

  • 2014-01-13 (月)
  • 未分類
  • 作成者:愛犬ムサシのパパ

140109-049-11月8日と9日の2日間、長久手市文化の家・展示室にて開催した。長久手市シニアクラブ連合会主催で51名91点の作品を展示。

日々コツコツと趣味の絵画・版画・陶芸品・模型・手芸品・人形・写真・折り紙などを作り、1年に1回のこの作品展にて発表するのを楽しみにして励んできた作品です。

前回は長久手市主催の「長生学園」との併催で多くの入場者があったが、今回は単独開催で心配していたが220人以上の入場がありひと安心。今回は力作が多く、趣味の域を超え指導者として教室を持てる人も多いと関係者は嬉しく話していた。

1点ごとの画像でなくて作品グループの画像ですがご覧下さい。

「私も皆さんと一緒に楽しく描きたい、作りたいから、シニアクラブに入会したい」とお考えの方は地区のシニアクラブ又は長久手市シニアクラブ連合会(事務局 電話:0561-61-3434)にご連絡下さい.

 

140109-053-1

140109-040-1

140109-041-1

140109-037-1

140109-039-1

 

 

 

 

この記事を読んだあなたの今の気持ちは?(最もふさわしいのを一つ)
楽しい! (3) なっとく! (0) なるほど! (0) おもしろい! (0) ありがとう! (2)
Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

一斉防災訓練と炊き出し

  • 2013-11-24 (日)
  • 未分類
  • 作成者:愛犬ムサシのパパ

11月17日(日)午前9時より長久手市内一斉に防災訓練を行った。三ケ峯自治会はNPOかわせみ、長久手ニュータウン自治会(役員のみ)と合同で一時避難所の三ケ峯公園に避難した。参加者70名以上。今年2月に設置した防災倉庫の資材と備蓄品を使い「炊き出し訓練」も併催。

131120-005

防災訓練と言う緊張感はなく、夏祭り以来の集まりに会話が弾む。

131120-001

①午前9時に三ケ峯公園にある防災行政無線からサイレン後訓練の開始と参加呼びかけの放送があった。

②各家の安否確認で無事で安全な場合は白い布を玄関先に掲げる。住民は確認しながら避難所へ向かう。

③歩いて一時避難所の三ケ峯公園に集まる。所要時間は放送を聞いて5分から遠くの人で25分。

131120-002

④自治会役員による避難者名簿と照合確認し、役員はその後地区の避難所の東小学校へ向かう。

⑤残った住民で「炊き出し」の準備をする。防災倉庫の資材と備蓄品の説明を受け、災害炊飯セットを組み立てる。

⑥水道は使えないので備蓄の水をナベに入れる。キャンプ用のお椀や箸なども準備した。

131120-003

⑦無洗米をハイゼックス袋に1合入れ、水を加え、かき混ぜて空気を抜き輪ゴムで口を塞ぐ。沸騰したナベに30分煮沸する。トン汁は備蓄品を熱湯に入れるだけの簡単なもの。

⑧「未だか?もう良いだろう」と炊きあがるのをワイワイガヤガヤと待つ。炊きあがり後10分蒸らす。

⑨出来上がり、公園内のあちこちで賑やかな試食会。ここはシニアのグループ、「想ったより美味しいネー」

131120-004

⑩笑顔いっぱいの若いグループ ⑪組長や世話人達のグループ、子供たちは遊具の側で家族と一緒に昼食タイム。

⑫初めての一斉防災訓練の感想と課題、備蓄品の追加品目など話し合った。片づけと清掃をして正午近く閉会した。

 

 

 

この記事を読んだあなたの今の気持ちは?(最もふさわしいのを一つ)
楽しい! (2) なっとく! (0) なるほど! (1) おもしろい! (1) ありがとう! (1)
Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

モリコロ JAZZ DAY

  • 2013-10-18 (金)
  • 未分類
  • 作成者:愛犬ムサシのパパ

10月13日(日)モリコロパークで開催。午前11時から午後6時まで7時間の演奏。大学のサークル、近隣の市民バンド、それにプロが出演した。(記事の一部はチラシを参考にしました)

会場は地球市民交流センターの芝生広場
画像の左がステージ、左下はイス席。芝生に座り、足を伸ばし、寛いで演奏を聴いた。近くにハンバーガーとアイスクリームの販売車があり、家族連れは食べながら楽しむ。晴天だが風が強く、時々譜面が飛ばされた。屋外演奏ならではの光景も見られた。 (画像の拡大は画像をクリック)
???????????????????????????????

名古屋音楽大学 MEION JAZZ ORCHESTRA
曲目はアメリカン・エキスプレス、ユー・テル・ミーなどを演奏。照れくさそうに演奏するソロリストがいて観客から笑いを貰っていた。
131013-027-1

愛知学院大学 Singing All Stars
50名ほどの楽団員が1曲ごとに少しづつ入れ替わり演奏。ヤガタトライ、アリス・イン・ワンダーランドなどを披露。一人で数種類の楽器を担当する学生も。
131013-029-1

Swingin’ Friday Jazz Orchestra
四日市の市民楽団。ビートルズのノルウェイの森、ロンリー・ストリートなどを演奏。「大人の為のビッグバンド講座」の受講生が中心メンバー。しっかり練習していると実感。
131013-032-1

コスモス園 10月20日まで「コスモスフェスタ」開催中。
お昼になり、満開のコスモス園へ。家族連れやカップルが花壇の小道に入ったり、展望車から眺めたり、写真を撮っていた。
???????????????????????????????

C.U.G.  JAZZ ORCHESTRA
1989年結成。テナーサックスの小濱安浩が率いるビッグバンド。ラメール、オール・オブ・ミー、ナゴヤ・キャッスルなど演奏。素晴らしいサウンドとソロワークはさすがプロ。
ボーカルはマヤ・ハッチ。1985年シアトル生まれ、2009年「マイ・フーリッシュ・ハート」でジャズシンガーとしてメジャーデビュー。日本のTV「チャンスの殿堂」「Beポンキッキ」にレギュラー出演。ヘアスタイルはモヒカンに似たカットでビックリ。
???????????????????????????????

午後6時、夕闇が迫る中、今日の出演者で「スマイル」を演奏して幕を閉じた。

ジャズとの出会い
50年ほど前の赴任先の横浜で先輩に誘われジャズ喫茶「ちぐさ」に行きレコードを聴いた。時々生演奏もあり、ジャズが好きになった。「ちぐさ」は2007年に閉店したとTVで知る。
ジョン・コルトレーン、ソニー・ロリンズ、チコ・ハミルトン、アート・ブレイキー、ルイ・アームストロングに夢中だった。名古屋に来てからは時々FMを聴く程度。定年後は生の演奏を文化の家やモリコロで楽しんでいる。「ジャズはやっぱり魂を揺さぶられる」
131014-004

 

この記事を読んだあなたの今の気持ちは?(最もふさわしいのを一つ)
楽しい! (4) なっとく! (0) なるほど! (0) おもしろい! (1) ありがとう! (1)
Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

香流川砂防公園

  • 2013-10-11 (金)
  • 未分類
  • 作成者:愛犬ムサシのパパ

131005-007-1

三ケ峯の香流川源流域は雨が降ると滝のように土砂を含んで流れ、下流域は洪水などの心配がある。砂溜を目的として(ダンプカー2000台分の土砂を溜める)池があり、普段は憩いの公園として整備されている。今日は草刈り中で公園内の一部の小道やベンチは未だ草の中。時々散歩する人影を見かける程度。

????????

池にはジュンサイなどの水草が茂り、僅かに残った水面にはコイかフナの背びれが一条の波紋を広げる。近くには番いのカルガモが水草の中にいて、アオサギは水面を眺めている。魚はここから上流への遡上は堰があり難しい。河川改修以前はメダカ、ハヤ、モロコなど小魚を見たが今は浅瀬を覗いても確認できない。
魚やカルガモが棲みアオサギが訪れてくれる砂防公園の砂溜池。生活用水は下水(数年後に本管敷設予定)に流し、清流を取り戻したい。

??????????????????????????????????????????????????????????????

 左は今日の砂防公園内、草で川面が見えない。右はこの春の7分咲きの桜、両画像とも正面に大観覧車が見える。

草刈りが済めば静かで癒される公園。桜の葉は風に吹かれるたびに舞い落ち、秋を知らせてくれる。トチノキや常緑樹としてスギがあり心地よい日陰をつくる。春は隠れた桜の名所、駐車場とトイレもあり年々訪れる家族も多くなっている。

 

この記事を読んだあなたの今の気持ちは?(最もふさわしいのを一つ)
楽しい! (1) なっとく! (0) なるほど! (0) おもしろい! (2) ありがとう! (2)
Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

なかよし運動会

  • 2013-10-04 (金)
  • 未分類
  • 作成者:愛犬ムサシのパパ

絶好の運動会日和の9月28日午前9時から東小学校にて開催。

東小学校は各学年1クラスで児童が少ないこともあり、校区(7地区)のコミュニティ運動会も兼ねていて今年で8回目となる。応援席は地区ごとにテントを張り、テーブルやイスを並べ熱い声援を送り続ける。

???????????????????????????????

(4地区の応援席、残り3地区は反対側)

競技は園児の「おててつないで」「親子でドライブ」の2種目。シニアは「元気でコーン」と児童と一緒に「カンツリー」。一般は「ジャンケン・ウォーズ」「ムカデガサガサ」と児童と組んだ「綱引き」「障害物地区対抗リレー」。小学生は「短距離走」「玉入れ」「デカパン999」「棒引き」などの競技や競遊種目など、全部で18種目。どの競技も一生懸命走ったり、応援したりで盛り上がり笑顔が絶えない。

130930-001-1

(左は園児の「おててつないで」お菓子を選び取り大喜び、右は低学年の「ぼくらの玉入れ」入らないなー

お昼は自治会がお弁当を用意した地区や各自持参する地区もあった。三代が揃って食事する家族もあり、心が温かくなる。隣の人達へ持参した果物をお裾分けする姿。新しく地区の一員になった家族も輪に入って和気あいあい話し合っていた。昔懐かしい、部落の運動会を思い起こす情景は「地域の絆もまだ大丈夫だ」と感じ安心できた。

???????????????????????????????

(地区対抗「綱引き」勝ち抜き戦。応援は最高潮、事前に作戦をたてたチームが勝利したようだ)

小学生の紅白得点競技には両親も祖父母も大きな声で子や孫の名を呼び声援を送り、地区対抗競技は大声で激しい応援合戦を繰りひろげた。紅白は白組が勝ち、地区優勝は中根・花の木、準優勝は三ケ峯地区。午後3時、楽しかった「なかよし運動会」は無事に幕を閉じた。

この記事を読んだあなたの今の気持ちは?(最もふさわしいのを一つ)
楽しい! (3) なっとく! (0) なるほど! (0) おもしろい! (0) ありがとう! (2)
Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

秋祭りの主役

  • 2013-09-28 (土)
  • 未分類
  • 作成者:愛犬ムサシのパパ

???????????????????????????????

三ケ峯にある川長牧場の馬を牧場から出して丘陵地の道で休日のみ調教している。日進市米野木の神明社の祭りに2頭が出場するため、1頭に10人ほどが付き、「ホイサーホイサー」と掛け声をかけ常歩(なみあし)を繰り返していた。他の地区も同様に時間を割り当て調教。10月13日の祭りに標具(だし)をつけ奇麗に飾られ奉納馬として主役を務める。次週からは駈歩(かけあし)で練習をする。

川長牧場は馬20頭、牛80頭を飼っている。今年の秋祭りの馬は尾張旭に6頭、瀬戸に4頭、日進の2頭が全て同じ日に出場するが長久手の警固祭(オマント)は休みの年で出場はないと牧場主の川本氏は話す。

牧場でいつも見かけるお馬さんたち「君たちが主役の晴れ舞台、頑張れよー!」

この記事を読んだあなたの今の気持ちは?(最もふさわしいのを一つ)
楽しい! (0) なっとく! (0) なるほど! (5) おもしろい! (2) ありがとう! (0)
Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks

三ケ峯のグランドキャニオン

  • 2013-09-24 (火)
  • 未分類
  • 作成者:愛犬ムサシのパパ

??????????????????????????????? 画像の拡大は画像をクリック

深さ30~40mはあるかな?底の車が小さく見え、崖は地層がはっきり確認できる。

地層は砂礫層(されきそう=砂と石が混じった)とその上に薄いシルト層(砂と粘土の中間くらい)で、地表は腐植層の厚さが5cm位しかなく、畑には不向きな地層である。昭和30年代からこの地区に入植が始まり開墾、その人達が牛を飼い、牧草と牛糞などで土壌改良を行ってきたと聞く。畑の土は雨と風に流され目減りし、新たに掘り返すが握り拳1~2個の大きさの石もあり、鍬や備中では役立たずツルハシで一振りづつ掘り返す。重機を入れれば簡単だが費用の捻出が難しい。高齢者には辛く取水問題もあり、休耕している農家も多い。

ここのグランドキャニオンの土は水道管、ガス管、道路などの工事用に最適であり、瓦の原料にもなる。現在4ヶ所で土堀りと埋め戻しが行われている。

癒される三ケ峯丘陵地、貴重な長久手の環境資源、以前の素晴らしい景観を未来に残したいと地元の人達は願っている。

この記事を読んだあなたの今の気持ちは?(最もふさわしいのを一つ)
楽しい! (0) なっとく! (3) なるほど! (4) おもしろい! (0) ありがとう! (0)
Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks

カブトムシとイノシシ

  • 2013-09-18 (水)
  • 未分類
  • 作成者:愛犬ムサシのパパ

image ①②は昨年撮影

この夏はカブトムシを1匹も見なかった。毎年、畑の防鳥ネットに10匹以上絡まったり、夜中に窓のアミ戸にとまっていたりして見かけたのに何故だろう。

昨年12月にイノシシが出没。畑の野菜を食べられ、荒らされた。市役所と猟友会で捕獲用オリを設置したが捕獲できず、あちこちを掘り返し、ミミズや昆虫の幼虫など捕食していた。

畑の堆肥づくりの時、コナラやカエデなど落ち葉の集積箱からカブトムシの幼虫(3齢)を50以上見つけ、落ち葉の吹き溜まりに移動していたが、今年はその場所も荒らされ、幼虫はイノシシの餌になったようだ。来年は吹き溜まりが荒らされないように太い枝を被せるなど工夫して守って育てよう。

この三ケ峯地区ではハクビシンやアライグマも多くなり、反面、ここ数年キジを見かけない。セミの脱け殻も例年の3割ほどで少なかった。生態系が変化するのは気がかりです。

この記事を読んだあなたの今の気持ちは?(最もふさわしいのを一つ)
楽しい! (0) なっとく! (1) なるほど! (4) おもしろい! (0) ありがとう! (0)
Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks

Home > アーカイブ > Author

検索
フィード
メタ情報

Return to page top