Home > 未分類 > 長久手市消防操法大会

長久手市市民記者ホームページへようこそ!

 市民記者とは、行政からの一面的な視点では伝えきれない、
長久手市の魅力や課題などを市民のみなさんの視点で取り上げてもらい、
様々な角度から読者に伝えることで、まちがもっと身近になり、
みんなでまちのことを考えるきっかけになる広報を行うことを目的としたものです。
 行政からのお知らせとは一味違った市民のみなさんからのバリエーション豊かな記事をどうぞお楽しみください。

市民記者について詳しくは、市ホームページを見てください。

長久手市消防操法大会

  • 2014-05-26 (月) 9:01
  • 未分類
  • 作成者:*広報3

5月18日日曜日、これ以上無い晴天の下、長久手スポーツの杜で、長久手市消防操法大会が行われました。

長久手市の大会としては3回目で、市制施行する前は、愛知郡大会として行われていました。

IMG_6053

今年は小型ポンプ操法の部で6チームが競い合いました。

小型ポンプ操法とは、軽可搬ポンプを使い、指揮、1番員、2番員、3番員の4人で協力し、器具の接続から放水を行うまでのタイムと操作の正確性、規律正しさ、ホース延長の美しさなどを競うものです。

ただし、長久手市大会は、実際に放水を行わず、空(から)操法と言って動作のみを競い合います。

 

結果は、長湫分団Aチームが優勝、岩作分団Aチームが準優勝でした。

優勝した長湫分団Aチームの操法の様子です。

IMG_6108

_MG_5754

そして、準優勝の岩作分団Aチームです。

_MG_5793

そのほかのチームも、4月から夜間訓練を重ねた成果を披露しましたが、練習通りだったチーム、練習では出なかったミスをしてしまったチームなどさまざまで、歓声やため息などが入り混じっていました。

 

そして、表彰式。

IMG_6175

IMG_6176

今回優勝した長湫分団は、8月9日(土)に小牧市で行われる愛知県消防操法大会の長久手市代表として出場します。

長湫分団は、昨年度の県大会では準優勝した強豪チームです。

今年はいよいよ優勝することができるでしょうか。楽しみです。

ただ、8月9日までは3か月近くもあります・・・。

つまり、それまでの間、またまた厳しい訓練が行われるということ。

嬉しい反面、その長く苦しい訓練を耐え抜かねばならないという試練も待ち受けているのです・・・

長久手市の代表として出場しますので、皆さん、是非、応援してください!

 

Print Friendly
この記事を読んだあなたの今の気持ちは?(最もふさわしいのを一つ)
楽しい! (0) なっとく! (0) なるほど! (0) おもしろい! (0) ありがとう! (2)
Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

Home > 未分類 > 長久手市消防操法大会

検索
フィード
メタ情報

Return to page top