Home > 未分類 > 香流川周辺で見つけた春のネイチャーフォト

長久手市市民記者ホームページへようこそ!

 市民記者とは、行政からの一面的な視点では伝えきれない、
長久手市の魅力や課題などを市民のみなさんの視点で取り上げてもらい、
様々な角度から読者に伝えることで、まちがもっと身近になり、
みんなでまちのことを考えるきっかけになる広報を行うことを目的としたものです。
 行政からのお知らせとは一味違った市民のみなさんからのバリエーション豊かな記事をどうぞお楽しみください。

市民記者について詳しくは、市ホームページを見てください。

香流川周辺で見つけた春のネイチャーフォト

  • 2014-04-30 (水) 9:13
  • 未分類
  • 作成者:ファーストサーブ

香流川の堤防を歩いていると色んな草花、蝶、鳥類にあえます。

■カラスノエンドウ
道ばたや野原で普通に見られます。茎はつる状でほかのものに巻きついていきます。若い豆のさやは

サヤエンドウに似ていて食べられるそうです。テントウムシが食事中でした。

野エンドウの仲間のうちでもっとも大きく、よく見かける種です。花が終った後にエンドウのようなさや状の実

(豆果)をつけます。カラスノエンドウは別名ヤハズノエンドウともいい、小葉の先は矢筈状にへこむのが特徴です。

■のぼろぎく (野襤褸菊)
堤防で見つけた野草で、道端などにもよく見かける雑草です。一年中咲いていますが,春から夏に多い。

光沢のあるギザギザの葉が特徴です。花は筒状花の集合体ですがパッとしません。

ヨーロッパでは、民間薬の薬草として知られています。

■オオイヌノフグリに囲まれたホトケノザ
この花は寒さにも強く、 冬でも暖かい日だまりには咲き心和ませてくれますね。春、ほかの花がまだあまり咲く前

に綺麗なブルーを 見せてくれるとうれしいですね。

畑や空き地、道ばたなどに、まとまってたくさんはえています。茎の切り口は四角形です。

向き合った2枚の丸い葉のつけねに、2cmほどの管状の花が数個つきます。これは暖かいところでは、一年中咲いているくらい強い花です。

■ムスカリ
陽当たりの良い場所ではもう満開です。円形の花を1本の花茎にたくさん咲かせ色は青紫、白などがあり

斜め下-下向きに付きます。ムスカリも春を告げる花の一つですね。

鮮やかな青紫色で、ヒアシンスを小形にしたような花をたくさんつける。

■金瘡小草(きらんそう)
野原などでふつうに見られます。但しあまりにも小さい花(花径が5~6mm)

なので見過ごしてしまいます。茎・葉は地面に広がり、刈り取りが行われる場所でもほとんど影響を受けないほど

地面にへばりついて生育している。春に濃紫色の花を咲かせ、日当たりの良い雑木林などで見かける身近な野草です。

名の由来は、草むらに咲きひろがる様子が、”金襴(きらん)”の織物の切れはしのように見えるところからこの名が付いたそうです。

■ナミアゲハ
家の付近の田んぼのあぜ道でもよく見かけます。野の花は自然の中で咲いていると可愛いですね。ちょうどナミアゲハが蜜を吸っていました。

都会の真ん中から山地まで、様々な環境で見ることができる。あまりに普通種すぎて見過ごしがちだが

はねのデザインはとても美しい蝶ですね。

■アオスジアゲハ
文字通り黒い翅に青いラインが特徴ですぐに識別できます。草むらで休息中でした。暑い日に水撒きをすると、よく吸水に来ます。

 ■カルガモ
目の前後の半円形のライン、先端だけが黄色いくちばし、オレンジ色の足カモ類としては珍しくオスメス同色のため、性別の識別は困難のようです。

カモの種類にもよるけど、一般的には水辺の草や水草、水中や水面の植物の種などを食べています。

Print Friendly
この記事を読んだあなたの今の気持ちは?(最もふさわしいのを一つ)
楽しい! (1) なっとく! (0) なるほど! (0) おもしろい! (1) ありがとう! (0)
Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks

Home > 未分類 > 香流川周辺で見つけた春のネイチャーフォト

検索
フィード
メタ情報

Return to page top