Home > 未分類 > 姫蔓蕎麦 (ひめつるそば)の花

長久手市市民記者ホームページへようこそ!

 市民記者とは、行政からの一面的な視点では伝えきれない、
長久手市の魅力や課題などを市民のみなさんの視点で取り上げてもらい、
様々な角度から読者に伝えることで、まちがもっと身近になり、
みんなでまちのことを考えるきっかけになる広報を行うことを目的としたものです。
 行政からのお知らせとは一味違った市民のみなさんからのバリエーション豊かな記事をどうぞお楽しみください。

市民記者について詳しくは、市ホームページを見てください。

姫蔓蕎麦 (ひめつるそば)の花

  • 2013-11-15 (金) 22:31
  • 未分類
  • 作成者:ファーストサーブ

市内「立石池」の堤防沿いに群生している「姫蔓蕎麦」の花にミツバチが至福の時を過ごしていました。ピンクの金平糖(小球形をした砂糖菓子)のような小さい花がつぶつぶ状に球形に集まって咲きます。ヒメツルソバ種の蔓性常緑多年草です。

この花、四季を通じて咲き庭によく植えられ、ときどきこのように群落しているのを見かけます。くす玉のような桃色の花で秋には真っ赤な紅葉が楽しめるかわいい植物です。どんどん伸びるので、雑草扱いされることもあります。花期は長く春から晩秋まで咲き、地面を這いながら猛烈な勢いで殖えます。

葉っぱにはしましま模様が入り秋に紅葉し、群生して咲いている場合は、シバザクラ(芝桜)ほどではありませんが薄桃色のカーペットにように見えて、人目を引きつけます。

山野草としても人気のヒメツルソバ。もともとはヒマラヤ原産の植物で、明治時代にロックガーデン用に輸入されたそうです。
因みに我が家にもヒメツルソバがありますが、ご近所から種が飛んできたらしくある日自然と芽吹いたものです。

Print Friendly
この記事を読んだあなたの今の気持ちは?(最もふさわしいのを一つ)
楽しい! (0) なっとく! (0) なるほど! (2) おもしろい! (1) ありがとう! (0)
Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks

Home > 未分類 > 姫蔓蕎麦 (ひめつるそば)の花

検索
フィード
メタ情報

Return to page top