Home > 未分類 > 協働でつくるイコールパートナーである市民を目指して NO.4

長久手市市民記者ホームページへようこそ!

 市民記者とは、行政からの一面的な視点では伝えきれない、
長久手市の魅力や課題などを市民のみなさんの視点で取り上げてもらい、
様々な角度から読者に伝えることで、まちがもっと身近になり、
みんなでまちのことを考えるきっかけになる広報を行うことを目的としたものです。
 行政からのお知らせとは一味違った市民のみなさんからのバリエーション豊かな記事をどうぞお楽しみください。

市民記者について詳しくは、市ホームページを見てください。

協働でつくるイコールパートナーである市民を目指して NO.4

  • 2013-09-18 (水) 15:17
  • 未分類
  • 作成者:加藤良行

昨日(9/17)、ながくて冬まつり2013実行委員会の企画部会に参加した際に、メンバーから
「ドラムサークル」の企画提案がありました。

「ドラムサークル」とは、多くの人が集まる場で、人が輪になって打楽器(音の出るもの)を使って
即興的に演奏することですが、動画を見た時の、この感動、何でしょうね。
お聞きした時には、みんなで楽しそうという程度の印象でしたが、これは無条件に“すばらしい”。
この一体感がなんとも言えませんね。

言葉では言い尽くせないこの湧き上がる興奮、感激するこの感覚、これはいったい何でしょうか。
知らない人が、自然に人の輪の中に入って、自分を主張しながら、みんなの中の一人として人の輪をつくる。
人としてのあり方を象徴することのようにも思えて、昔はこんな思いを共有して生きていたんだと、
何か忘れかけていたことを思い出しているような心境になりました。

●ドラムサークルとは?
http://ja.wikipedia.org/wiki/ドラムサークル

●youtube *参考動画
http://www.youtube.com/watch?v=Ey3zG049iw4

http://www.youtube.com/watch?v=VH0ojxgjs_o

Print Friendly
この記事を読んだあなたの今の気持ちは?(最もふさわしいのを一つ)
楽しい! (0) なっとく! (0) なるほど! (4) おもしろい! (1) ありがとう! (0)
Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

Home > 未分類 > 協働でつくるイコールパートナーである市民を目指して NO.4

検索
フィード
メタ情報

Return to page top