Home > 未分類 > 市消防団、県消防操法大会で準優勝!

長久手市市民記者ホームページへようこそ!

 市民記者とは、行政からの一面的な視点では伝えきれない、
長久手市の魅力や課題などを市民のみなさんの視点で取り上げてもらい、
様々な角度から読者に伝えることで、まちがもっと身近になり、
みんなでまちのことを考えるきっかけになる広報を行うことを目的としたものです。
 行政からのお知らせとは一味違った市民のみなさんからのバリエーション豊かな記事をどうぞお楽しみください。

市民記者について詳しくは、市ホームページを見てください。

市消防団、県消防操法大会で準優勝!

  • 2013-08-15 (木) 18:13
  • 未分類
  • 作成者:*広報3

8月10日土曜日、西尾市で開催された、第58回愛知県消防操法大会の小型ポンプ操法の部において、長久手市消防団が、準優勝しました。

長久手市消防団の過去最高順位は、4位でしたから、消防団関係者は3位以内に入ることを常に目標にしてきました。

大会当日は、高知県四万十市と山梨県甲府市で最高気温が40.7℃と、日本の最高気温に迫る気温を記録した日でもありました。

もちろん、会場となった西尾市でも、屋外で何もせずに立っているだけでも熱中症になりそうな猛暑日でした。

 

出場したのは、小型ポンプ操法の部が14チーム、ポンプ車操法の部が23チーム。

出場団員は、皆それぞれの市町村などから勝ち抜いた精鋭ばかり。

_MG_1562

 

きっと、長久手市の団員の皆さんと同様、この日のために厳しい訓練を耐え抜いたのでしょう。

皆さん、闘志に満ち溢れた顔つきでした。

_MG_1597

長久手市が登場したのは、午前10時40分過ぎ。

操法は、操作を始めてから標的に放水して倒すまでのタイムと、動作などの正確性、迅速性、全体の節度や士気など、あらゆる面から審査されます。

長久手市は、ミスの無い完璧な操法を披露してくれました。

_MG_1644

選手たちも、悔いは無い様子です。そして、中には涙を流す選手もみられました。

おそらく悔し涙ではなく、辛く長い訓練を思い出し、やり遂げたという達成感からの涙だったのでしょう。

_MG_1692

もちろん、指導でお世話になった消防署員や、選手たちを支え続けた団員の皆さんへの感謝も忘れません。

_MG_1715

そして、午後2時過ぎ、小型ポンプ操法の部の出場チームの結果が掲示されました。

何と!トップと僅か0.5点差の第2位ではないですか!

ついに、ついにやりました!

 _MG_1757

表彰式は、午後5時半過ぎに行われました。

_MG_1853

団員の皆さん、本当にお疲れ様でした!そして、おめでとうございます!

しばらくは、ごゆっくり休んでください。

 

Print Friendly
この記事を読んだあなたの今の気持ちは?(最もふさわしいのを一つ)
楽しい! (0) なっとく! (0) なるほど! (3) おもしろい! (0) ありがとう! (6)
Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

Home > 未分類 > 市消防団、県消防操法大会で準優勝!

検索
フィード
メタ情報

Return to page top