ここから本文です。

更新日:2017年3月16日

長久手給食センターがおくる子どもたちの人気メニュー

毎月19日は食育の日

だんご汁

北海道の家庭料理「いももち」をアレンジした汁物です。もちもちとしただんごの食感が子どもたちに人気です。dangojiru

給食では冷凍のじゃがいもだんごを使用していますが、ご家庭で作りやすいよう、ゆでたじゃがいもとかたくり粉を使ったレシピをご紹介します。じゃがいもだんごは、なべに入れたら煮すぎないように注意してください。  

 印刷用のレシピ(PDF:121KB)

材料(4人分(子ども6人分))

  • けずりぶし(だし汁500cc用 ) 16g
  • 干ししいたけ 5g(1枚)
  •  じゃがいも(皮をむいて) 150g (中1個)
  • (だんご用)かたくり粉 大さじ2~3杯 (*じゃがいもの水分によって加減してください。)
  • (だんご用)塩 小さじ2分の1杯  
  • 鶏もも肉(皮なし) 60g
  • にんじん 30g(6分の1本)
  • はくさい 60g(中くらいのもの3分の2枚)
  • ねぎ 48g(細めのもの1本) 
  •  しょうゆ 18g(大さじ1杯)
  • 本みりん 6g(小さじ1杯)
  • 塩 3g(小さじ2分の1杯)   

栄養価(子ども1人あたり)

  • エネルギー 72㎉
  • たんぱく質 5.9g
  • 脂質 0.7g
  • 塩分 0.9g

作り方

  1. けずりぶしでだし汁をとる。(4カップ(800ccくらい))
  2. 干ししいたけは水でもどし、千切りにする。
  3. じゃがいもはやわらかくなるまゆでてから、ていねいにつぶし、かたくり粉、塩を加えてまぜる。直径2cm厚さ1cmくらいの平らなだんごの形にまとめ、じゃがいもだんごを作る。
  4. 鶏もも肉は1cm~1.5cm角の小口切り、にんじんはいちょう切り、はくさいは1cm幅、ねぎは小口切りにする。
  5. なべに1を入れて火にかけ、だし汁がわいたら鶏もも肉を入れてほぐし、あくを取る。
  6. 5ににんじんと干ししいたけを入れて煮る。
  7. 6にはくさいを入れ、しょうゆ、みりんで調味し、塩で味を調える。
  8. 7に3で作ったじゃがいもだんごを入れ、浮いてきたら、ねぎを散らしてできあがり。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会給食センター 

電話:0561-62-3910

ファックス:0561-62-5029

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?