ホーム > 市の政策 > 市の総合政策 > ながくて幸せのモノサシづくり > 長久手人(ながくてびと)の紹介(幸せ実感広め隊の活動)

ここから本文です。

更新日:2017年9月14日

長久手人(ながくてびと)の紹介(幸せ実感広め隊の活動)

 このページでは、幸せにつながる活動を行い、まちや人とつながる「長久手人(ながくてびと)」を紹介していきます。 

長久手人(ながくてびと)とは

 長久手人とは、平成27年度に策定した「長久手未来まちづくりビジョン」の中で、「長久手に関わるすべての人」としています。

 

長久手人の取材記録

File.No1 
 西尾 寿江さん「長久手市劇団 座☆NAGAKUTEの義気団員として奮闘中!」(PDF:273KB)

File.No2 
 長久手楽楽ファーマーズさん「農業を楽しむことをベースに交流の場づくり!」(PDF:668KB)

File.No3 
 水岡 惠子さん「自然の力をダイレクトに体感!長久手の湿地を守る活動」(PDF:303KB)

File.No4

 百合草 三夫さん「自治会やシニアクラブなどの地域活動を通じ、地域全体のじじいを目指す!」(PDF:443KB)

File.No5

 青柳 努さん「仲間とともに自給自足の生活を楽しむ-ヒフミヨイ農園」(PDF:341KB)

File.No6

 生田 範子さん「1枚のはがきから人と人とを繋ぐ。長久手絵手紙ボランティア」(PDF:318KB)

File.No7

 市野 聖美さん「親の介護をしながら、自宅でおしゃべりサロン」(PDF:409KB)

 

こんな長久手人を取材したい!

 まち(地域)や人とつながる人は幸せ感が高い

 そこで、ながくて幸せ実感広め隊は、次のような幸せにつながる活動を行い、まちや人とつながる方を取材します。

  • たくさんの趣味がある人
  • 人脈がある顔が広い人
  • ボランティア精神があふれている人
  • 人を巻き込む力がある人
  • 人を楽しませている人
  • 楽しむきっかけを作っている人
  • 一緒にいると居心地のいい人
  • 安心する人
  • 長年活動を続けている人
  • 他世代に慕われている人元気になれる人
  • ファンが多い人                         などなど・・・・・・

取材活動の目的

 市では、平成25年度から「ながくて幸せのモノサシ」づくりに取り組んできました。広め隊ロゴ

  「ながくて幸せのモノサシ」とは、長久手のまちが、着実に、みんなが健康、活き活き、幸せに生活するまちに向かっているかどうかを確かめていくための「道具」です。

 モノサシづくりの一環で誕生した長久手実感広め隊は、市民と市職員有志が集まり、市民の幸せ実感を高める活動をしており、市民の幸せ実感を測るアンケート調査で、「まち(地域)や人とつながる人の幸せ感が高い」という結果を受け、地域で活動する長久手人(ながくてびと)を取材し、その活動を広めていくことで、まちや人をつなげていくことを目的としています。

  

一緒に活動しませんか?

   未来まちづくりビジョンの実現に向けて、長久手人情報を、より多くの長久手人に味わって(知って)もらい、広げていくことで次の世代の人へまちや人が循環していくよう、一緒に活動しましょう!

 

 長久手人の取材活動についての紹介シート(下図)は、こちら(PDF:428KB)からダウンロードできます。

広め隊紹介シート

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市長公室経営企画課 

電話:0561-56-0600

ファックス:0561-63-2100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?