ホーム > 市の政策 > 市の総合政策 > 長久手市人口ビジョン・まち・ひと・しごと創生総合戦略 > 第3回長久手市まち・ひと・しごと創生総合戦略推進会議

ここから本文です。

更新日:2016年2月8日

第3回長久手市まち・ひと・しごと創生総合戦略推進会議

開催日時

平成27年12月17日(木曜日) 午前10時から正午まで

開催場所

市役所西庁舎2階 第7・8会議室

出席者氏名(敬称略)

髙田 澄 委員
田端 香代子 委員
堀場 哲明 委員
川上 雅也 委員
北川 芳一 委員
水野 美々子 委員
川本 達志 委員
水野 文男 委員
笠原 小夜 委員
白石 淑江 委員
吉川 雅博 委員
酒向 清治 委員
東 久秀 委員
小西 幸穂 委員
(事務局)
参事     桑原 良隆
市長公室長  鈴木 裕
政策秘書課長 日比野 裕行
同課長補佐  嵯峨 寛子
同係長    平岡 優一
同主事    金子 達也

審議の概要

総合戦略の素案について

公開・非公開の別

公開

傍聴者人数

4人

問合先

政策秘書課政策調整係 56-0634

会議録

1 あいさつ

【参事あいさつ】

2 議題

「総合戦略の素案について」について

【資料1に基づき、事務局が説明】

3 委員の主な意見

委員

 コミュニティ・ソーシャルワーカー配置事業の重要業績評価指標(以下、KPIとする)の相談件数について、相談件数を増やすことを目標にしているが、相談件数が増えることは良いことではないので、指標として相応しくないのではないか。

 基本目標3「地域コミュニティ・地域福祉」の基本的方向アの文中に、「小学校区単位の小さな自治の実現」とあるが、そのためには、地域と小学校の関わりが重要である。市内で、精力的に地域と関わりを持とうとしている小学校もあるので、今後そのような学校が増えると良い。

委員

 各学校の行事等について、学校のホームページで積極的に情報を発信できるように、学校と調整する。

委員

 学校と地域における様々な分野の住民がつながりを持って活動することが重要である。

委員

 今回の総合戦略の素案は、前回の内容から改善されており、市の特徴と総合戦略の全体像との関係性が見える化されている。

 「仕事」という視点で、基本目標1「役割・しごとづくり」に「ウ 雇用の創出で地域を活性化させる」を加えたことは、良いことである。その中にあるインターンシップバンク制度事業は、大学側としっかり連携していくことが重要である。

 総合戦略の策定後は、事業を速やかに実行していくことが重要である。

 また、コミュニティの場の創出について、近隣市町と連携し、公共施設などを相互利用していくことも考えられる。

委員

 基本目標1「役割・しごとづくり」の「ウ 雇用の創出で地域を活性化させる」の創業支援事業は、雇用創出や子育て後の女性の創業支援等につながる有意義な取組である。

委員

 先程、コミュニティ・ソーシャルワーカー配置事業のKPIを相談件数にするのは良くないのではないか、という意見があったが、この制度をより多くの人が利用することは、市民が抱えている問題を掘り起こすことにつながるため、指標として妥当であると考える。

 インターンシップバンク制度事業については、企業側が受け入れプログラムを作ってさえすれば、実施に向けてさほど困難な点はないと考えている。

委員

 基本目標2「子育て支援」の「イ 地域で支え合う子育て支援」の取組については、母親の子育てにかかる負担の軽減に繋がると思うが、そのことが市民に知られなければ活用する人が増えないので、広く周知していただきたい。

委員

 基本目標1「役割・しごとづくり」の『イ「農あるくらし」で好循環をつくる』について、現在、農に対する関心は非常に高まっていると感じる。今後は、市内の遊休農地や耕作放棄地を整備し、活用していくことが必要である。

委員

 創業支援事業は、事業継承などの第二創業支援という考えも重要である。

委員

 長久手市はベッドタウンではなくて、仕事も含め日々の生活が市内ですべて完結するリビングタウンであるという考えがある。住み続けたいと思えるまちとするため、家庭の幸せ、交通面の利便性などの視点が重要である。

委員

 本戦略の各目標値は、高めの設定になっていると感じるが、目標を到達できるよう実行いただきたい。

 まちづくりセンターについては、現在趣味活動のための箱貸し施設となっており、本来の趣旨であるまちづくり団体の交流としての役割が果たされていない。施設の運用方法について検討していく必要がある。

委員

 子ども防火活動事業に関連してだが、地域で防災意識をもってもらうために、防火・防災イベントなど、コミュニティ活動費を有効に使えるように各自治会に促してはどうか。

 長久手市は相談窓口が多いので、窓口のワンストップ化も検討して欲しい。

 学童クラブ等について、民間企業が運営するところは進んでいるので、先進事例を参考にすると良い。

委員

 多少の文言の修正が必要となるが、総合戦略は概ねこの中身で問題ない。あとは、各々の事業の中身を充実させていただき、実行につなげていただきたい。

委員

 大学生の地元で就職したいという思いや、母親の子どもをちょっと預ける場が欲しいなどの思いに応えるための施策を行っていただきたい。地域での子育ては、地域内の子育てを終えた人の力を借りつつ、顔のみえる子育て支援をしていってほしい。

委員

 基本目標4「観光交流」に関してだが、長久手市の観光交流の拠点として、古戦場公園が重要となると考えている。資料館を活用し、展示についても工夫をしていってほしい。

委員

 長久手版「プレーパーク」事業の事業概要について、「どこでも焚火や木登り等ができる」と解釈されないよう表現に工夫してほしい。

【総合戦略(素案)について、多少の文言の修正は事務局が行うが、中身については了承をいただいた。】

4 その他

【今後の予定について】

平成28年1月5日(火)~2月3日(水) パブリックコメントの実施

平成28年1月9日(土) パブリックコメント説明会

平成28年3月上旬頃 第4回推進会議の実施

 

 

≪当日の資料≫

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市長公室経営企画課 

電話:0561-56-0600

222

ファックス:0561-63-2100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?