ホーム > 平成27年7月定例教育委員会

ここから本文です。

更新日:2015年8月12日

平成27年7月定例教育委員会

開催日時

平成27年7月2日(木曜日)午前9時から午後1時

開催場所

北庁舎2階第5会議室

出席者氏名(敬称略)

委員長           近藤勝志
 委員           横田真規子
 委員           加藤正雄
 委員           羽根しげ子
 教育長          堀田まゆみ
 事務局
  教育部長        川本 忠
  教育部次長       加藤 明
  教育総務課長      角谷俊卓
  指導室長        夏目知好
  指導主事        大井雅夫
  生涯学習課長     横地賢一
  文化の家事務局長    籾山勝人
  中央図書館長      中條宏之 
  給食センター所長    冨田俊晴
  教育総務課長補佐    水野真樹
  教育総務課長補佐    山田美代子

欠席者氏名(敬称略)

なし

審議の概要

1 決定承認事項
2 報告事項
(1)後援・推薦名義の専決処分の一括報告
(2)教育委員会及び関係各課からの報告
3 その他

公開・非公開の別

一部非公開

傍聴者人数

5人

問合先

教育部 教育総務課 0561-56-0625

 会議録    

委員長  7月の定例教育委員会を始めます。本日の議事録署名者は、加藤委員にお願いします。それでは、4の報告事項として、資料1について教育総務課から説明をお願いします。

事務局  資料1 後援・推薦名義の専決処分の一括報告です。今月については、後援・推薦名義申請は10件提出されています。その内、4件については新規であり、先日の意見交換の際に、特に問題がないと伺っていますので、教育長の専決処分により後援の決定をしています。また、その他の6件については、昨年度の実績がある事業であり、審査基準に適合していますので、教育長専決により後援の決定をしています。説明は以上です。

委員長  資料1について、何かご意見ご質問はありますか。ないようですので、次に、資料2について、中央図書館から説明をお願いします。

事務局  資料2中央図書館の6月の事業報告です。乳幼児向けおはなし会、ブックスタートおはなし会を始め6つのおはなし会を実施致しました。閲覧室内の企画展示については、「江戸川乱歩没後50年」、「百年文庫」、「追悼長田弘さん」、「男女共同参画」、「たんてい、どろぼうのおはなし」の5つの企画展示を行いました。また、昨日7月1日から小中学校の課題図書の展示を始めています。また、小学校3年生を対象に図書館の見学会を行いました。北小学校と市が洞小学校については、児童数が多いため、二日間にわたって実施しました。東小学校については、5月29日に34名の児童が見学に来館しました。他に、6月30日に愛知総合看護福祉専門学校が、安井校長先生を始めとして、40名の学生が図書館に見学のため来館しました。

その他として、図書館2階の中央ギャラリースペースの活用のため、試験的に椅子を10脚ほど並べて読書席とし、現在、利用状況をみています。 

委員長  資料2について、何かご意見等ありますか。  

委員   おはなし会はボランティアの方が行われているとのことですが、団体でやってみえるのでしょうか。  

事務局  団体の方も、個人の方も両方みえます。

委員   ボランティアの調整は図書館で行っているのでしょうか。

事務局  図書館で行います。

委員   事前に申請をいただくのでしょうか。

事務局  そうです。年間行事の中に組みこんでいます。

委員   団体の方について、5人以上の団体はいくつぐらいありますか。また、個人の方は何名みえますか。

事務局  団体の数は把握していませんが、個人の方は3名ほどだと思います。時間的に30分ほどですので、団体の方はだいたい1回につき、4,5人で行われています。

委員   今後も継続していくためには、このような団体の育成も必要だと思います。スケジュールを割り振る際に、後継者の育成という観点も踏まえていただきたいと思います。

事務局  団体の方からは、そろそろ世代交代をしたいという話を聞いたことがあります。

委員   技術がある人ばかりが頑張って行ってしまうと、後継者は育ちません。後継者育成のためには、若手の方々にも披露する機会をどんどんと与えていくといいのではないでしょうか。

事務局  分かりました。

委員   ベテランの方々が、自ら後継者を育成するということは難しいと思いますので、図書館がバックアップして、次の担い手も育成していくといいですね。別件で質問ですが、江戸川乱歩没後50年について、没後や生誕というとあらゆる人がいる中で、選定された基準はあるのでしょうか。

事務局  選定基準については分かりません。

委員   例えば、江戸川乱歩は三重県に縁があるため、といったような理由があるといいと思います。

委員   以前、吾亦紅さんを中心とした様々な催しが図書館で行われていたようですが、現在も続いているのでしょうか。

事務局  続いています。吾亦紅さんは、今度10月から大人向けのおはなし会を計画されています。

委員   吾亦紅さんのような長く活動されている方に、他の団体が行う勉強会などに関わっていただき、団体同士で連携しながら、皆で盛り上げて頂くといいと思います。

委員   ギャラリースペースについて、椅子を10脚置いてみて、利用度はどうですか。

事務局  平日の利用はありません。土曜及び日曜日に、下のフロアが満席になった場合に、若干、2階に上がってきて、座ってみえるような状況です。

委員   1階があふれた際の予備スペースのような状況ということですか。

事務局  そうです。

委員   それも1つの活用方法だと思いますが、平日においても、このスペースを何か活用する方法を検討していただきたいと思います。学校で作成した工作や絵などの展示は可能だと思います。

事務局  今は開館当時の絵が飾ってあります。

委員   学校等と連携を取り、色々な意見を聴いて、何か活用していただきたいと思います。

事務局  分かりました。

事務局  1点報告事項があります。現在、神戸児童連続殺傷事件の元少年Aが出版した『絶歌』について、至る所の図書館において、対応に苦慮しています。まだ本が手に入る状態ではないですが、市においても、1度この本を取り寄せて内容を確認し、選書会議で検討させていただくと言うことで保留になっています。愛知県もまだ検討中ということで、この近辺において、入手した図書館はまだありません。様子を見させていただきたいと思っています。

委員   慎重に考えていただければ良いと思います。読むのは自由ですが、はっきりと時代背景を知り、状況を把握したうえで読まないといけない本だと思います。

委員   図書館が図書を購入したからといって、即、閲覧や貸出ということではありませんので、購入はした方がいいと思います。閲覧するかどうかは別として、資料として必要な本だと思います。

委員   先程のボランティアの話について、学校のPTAによる読み聞かせボランティアは、小学校では盛んですが、中学校になると途端になくなってしまいます。そういう方がまたやりたいと思うように、図書館から学校に、ボランティア募集という周知をしていただくといいと思います。また、図書館見学について、小学校3年生という事でとても賑やかでしたね。ブックポストの裏を見たり、閉架書庫が見られたりと、子どもが色々と話をしてくれました。とてもいい企画だと思います。あと、紙芝居について、とても取り出しにくいのですが、閲覧形式は変わらないのですか。

委員   スペースの問題で現状のようになっているかもしれませんが、何らか検討したいと思います。

委員   そうですね。紙芝居のカバーは修繕されて、とても綺麗になっていました。他の図書館では、あいうえお順になっていたり、何歳用と分けられていたりしますが、市の図書館は、全部見て探さなくてはいけません。

委員   題材を探そうと思ったら探せないということですか。

委員   はい、全部見なくてはいけません。

委員   常時整理整頓を心掛け、読みたい紙芝居がすぐに探せるようにしておく必要があると思います。

委員   本は新しくなるのですが、紙芝居は変わりません。やはり値段が高いのでしょうか。もっと新しいものがあるといいと思います。

事務局  検討します。

委員   是非、新しい紙芝居を入れていただきたいと思います。昔のものも大事ですが、今の時代にあったものを読むことは重要です。お客さん、年齢層、地区等に合わせたものが必要だと思います。

委員長  その他何かありませんか。では、次に、資料3給食センターから説明をお願いします。

事務局  資料3学校、資料4保育園給食の献立となります。小中学校の給食は7月16日までです。保育園は31日までとなります。バターについてご報告します。現在、バターが入手しづらい状況にあり、保育園での必要量でしたら確保できますが、小中学校分となると確保できないため、今は、臨時的措置として、バター&マーガリンという、バターとマーガリンが半々のものを使用しています。バターが完全に入手できるようになりましたら、バターに切り替えるようにしますが、現状はバター&マーガリンを使用していきます。説明は以上です。

委員   トランス脂肪酸というのは、バターには含まれないのですか。

事務局  バターに含まれているのは少量です。 

委員   トランス脂肪酸は有害な油です。アメリカではもう使用禁止になっています。マーガリンには多く含まれており、それを保護者が見たときにどのように説明するのか考えておいた方がいいと思います。  

委員   どんな害があるのでしょうか。

委員   発がん性物質だと思われます。

事務局  メタボリックシンドロームや、糖尿病、心臓突然死などが書いてあります。

委員   『週間文春』にトランス脂肪酸の恐怖という記事が掲載されていました。

委員   アメリカでは禁止されたということなので、禁止されるには裏付けがあるはずです。例えば、10年間、もしくは30年間これを摂った人と摂取していない人との違いなどのデータがあると思います。一つの事項に対して、施策を打つというのは、基本データがあるうえで行うものです。

事務局  今年度の1学期は給食センターとして、反省することが多くありました。それをどうやって改善していくかが2学期の課題です。

委員   知識だけで仕事をするわけではないので、改善するためには、身に付くまで徹底させることが重要だと思います。しっかりと身に付けて業務を行い、それでも防げないことはあるかもしれませんが、防げることは絶対に妥協せず実施していただきたいです。

委員   献立名は中身がよく分かるものにしてください。

事務局  分かりました。

委員   マーガリンはこれからも使い続けていく予定ですか。

事務局  あるものは使います。

委員   代替えなど、例えば、油と砂糖でマーガリンに変わるものをということは検討されませんか。

事務局  それに適した料理の時は当然使っていきます。マーガリンを排除するという根拠は、現在日本にはありません。

委員   排除するまでのデータがないということですか

委員   マーガリンを使わなくても油的なもので調理ができるような工夫ができないものでしょうか。

事務局  工夫はできるかと思います。

委員   現状として、トランス脂肪酸については、日本人はそんなに摂取量が多くないようですが、工夫ができるのであれば、より安全な材料で作っていただきたいと思います。

委員   今までの日本は、トランス脂肪酸を摂らない食事が多かったのですが、現代の子どもは、ハンバーガーやポテトをたくさん食べているため、どんどんトランス脂肪酸がたまっていく傾向にあると思います。食事もどんどん変化してきており、今は良いがという問題ではないと思います。

事務局  食材の中には、これは良くない、これは良いというのは、様々な意見が多くありますが、それを全部鵜呑みにはできません。あまり左右されるつもりはありませんが、変えられるもので影響のないものであればそれは対応したいと考えています。

委員   鵜呑みにするのではなく、栄養士さんがしっかりと調べたうえで対応していただきたいと思います。

委員   日本人は情報に左右されやすく、1つの情報で一喜一憂する必要はないけれど、害のあることは調べた方がいいと思います。

委員   トランス脂肪酸は色々な食材に入っていますが、それらを食べるのをやめる、やめないかについては、こういった記事を読んだ親が判断するということも必要かもしれません。興味があるので、ぜひ調べていただきたいです。

委員長  その他ご意見等ありませんか。では、次に、資料5生涯学習課から説明をお願いします。

委員   資料5生涯学習課6月の事業報告です。生涯学習係として、(1)6月17日にいきいき!エルダー塾の専門コースの開講を迎えました。昨年度のエルダー塾を受講された26名のうち12名の方の参加により、今年度は福祉に関する学習について、全6回で予定しています。(2)社会教育委員の現地視察ということで、18日に平成こども塾の学校連携事業を見ていただきました。この日は西小学校の5年生がカレーライス作りをし、試食をさせていただきました。(3)『りにもが見た!小牧・長久手の戦い』の漫画本を小中学校に配布しました。小学校には、6年生の学級文庫と図書室に設置し、中学校には、全学年の学級文庫に10冊とし、全部で720冊ほど小中学校に配布しました。併せて7月1日から生涯学習課の窓口をはじめ4箇所において、1冊300円で一般の販売を開始しています。6月27日の中日新聞の朝刊に写真付きで掲載され、昨日1日で44冊の購入がありました。

スポーツ係について、⑵少年軟式野球大会、⑷バスケットボール、⑸サッカーの大会を実施しています。

こども塾について、6月のプログラムおよび学校連携事業です。小学校5年生のキャンプの練習のカレー作りと1年生の七夕飾り作りを実施しました。

7月以降の主な事業として、6日に第4回スポーツ推進委員会を行います。また、19日に歩けあるけ運動を市が洞小学校のグランドにて行います。説明は以上です。

委員長  資料5について何かご意見等ありますか。

委員   社会教育委員について、会議も以前よりも多く実施していただいています。教育委員会が任命していることもあり、連携していくことが必要だと思います。情報が入らず、教育委員会が全く知らないところで何かが起きてもいけないと思います。事務局で上手に調整していただきたいと思います。また、長久手の戦いの漫画本について、長久手のふるさと納税を行うとこれがもらえるのでしょうか。

事務局  今は、この漫画本ではなく、1冊700円する本編をお返ししています。

委員   3市1町スポーツ推進委員実技研修会については、何の実技をされましたか。

事務局  実技研修会は、アリーナの中で4種目実施しました。ラダーゲッターやカローリングなどです。

委員   スポーツ推進委員は、実技研修に参加をして、どんな反省がありましたか。また、前向きな意見などは出ていましたか。

事務局  スポーツ推進委員のみの参加で、長久手市が会場市であったということもあり、4種目の回し方などに不備があったというような反省はありました。

委員   研修を受けた後が重要だと思います。今後、委員として、自分たちはどういうことをやらなくてはいけないのか、という意見が出なければなりません。3市1町で構成していても、今後同じように継続していけばいいと言っているようでは、何も変わりません。変えていくように何らかの対策を検討していただきたいと思います。また、先月の歩けあるけ運動の参加者は何人でしたか。

事務局  西小校区の共生ステーションで実施し、一般の参加者の方が36名、スポーツ推進委員が14名で合計50名でした。

委員   5月の一般参加者は48名だったと思います。今、健康を含め、スポーツ全般に関して、何らかの手を打たないといけないと思います。格好が良いものでなく、地道に、しっかりと成果があがるものであり、皆さんが健康になり、スポーツの技術向上につながることが必要です。愛知医大との連携はその後どうなっていますか。

事務局  愛知医大との連携については、杁ケ池体育館の今年度のプログラム等について、今月中に療育センターと打ち合わせをする予定です。

委員   愛知医大と連携を結んでいるので、これを活かせるよう早急に検討し、動いていただきたいと思います。

事務局  分かりました。

委員   平成子ども塾の学校連携事業について、9日に特別支援学級合同で五平餅作りをされたということですが、81名中の大人29名は、先生と家族を含めての人数ですか。

事務局  そうです。学校連携事業のうち他の日は、大人は教員のみとなりますが、9日については保護者にもご参加いただいています。

委員   保護者は何人くらい参加されましたか。

事務局  大人の人数内訳については把握していません。

委員   市内の特別支援学級の児童が全員参加したのでしょうか。

事務局  全員ではなく、当日の体調等の事情もあり、不参加の児童もいたと思います。

委員   特別支援学級の児童が集まって交流するということは、定期的に行われているのでしょうか。

事務局  行っています。モリコロパークに行ったりもしています。

事務局  現在の市内の特別支援学級の児童生徒数は67人です。小学校44人、中学校23人で計67人です。

委員   その中に不登校の児童生徒は入っていますか。

事務局  入っていません。

委員   不登校の児童に対しても参加を促すよう声はかけられないのでしょうか。学校は敷居が高いと感じていても、このような事業であれば参加できるかもしれません。

事務局  ここから学校に行く契機になることもありますので、平成こども塾に行く際は、不登校の児童にも声はかけます。

委員   学校は行きたくない子が、平成子ども塾になら行ってみたいと思って、家を出る契機になると良いですね。

事務局  Nハウスに通っている子は、平成こども塾などに交流授業へ行くこともあります。

委員   18日の社会教育委員現地視察について、出席率はどのくらいでしたか。

事務局  社会教育委員は10名ですが、当日の参加は5名でした。

委員   半数の参加ということですが、参加された方のご意見はどうでしたか。

事務局  当日は、児童は9時半に到着でしたが、社会教育委員は10時に子ども塾に集合しました。児童がサポータ-の方々と食材を切ったり、薪を割ったりして、カレーを作っている姿を見ましたが、どの子どもも笑顔が多いですね、積極的にお互い協力しているねといったご意見がありました。

委員   当日欠席された委員の方にも、ご意見等をお伝えして、今後につなげていただきたいと思います。

事務局  欠席をされた方にも、当日のご意見等をまとめたものを作成し、お知らせしたいと思います。

委員   児童が9時半に到着し、社会教育委員が10時に行っているようではいけないと思います。サポーターの方々の準備も見て、お手伝いを労い、共に子ども達を迎え入れる姿勢が必要だと思います。そうでないと、上から目線による視察になってしまいます。視察は、最初から見ることで、苦労されている点や、改善点を共に考えることが必要だと思います。

事務局  今後検討します。

事務局  1点資料の修正をお願いします。第4回スポーツ推進委員会の日時は7月4日の誤りです。

委員長  その他ご意見等ありませんか。では、次に、資料6文化の家の説明をお願いします。

事務局  資料6文化の家の6月の事業報告です。⑴中学校であーとについて、演奏家が中学校に出向き、演奏体験と給食時のゲリラ演奏を行いました。今回は中学校1年生を対象としています。⑹JAZZ  IN  THE  ROOMについて、室内で少人数でジャズを楽しむ企画で、定員60名の部屋で行い完売となりました。今回初めての試みとして、コーヒーを飲みながら楽しんで頂くということで、楽歩さんにご協力頂きました。収支率は69.5%で、アンケート結果は資料のとおりです。⑺⑻舞台見学会について、今回は、北小学校、西小学校に来館していただき、舞台が変化する様子を見たり、クイズ方式で文化の家を知ってもらったりしました。⑼フォーラム「ベビードラマって何!」について、近年、ヨーロッパでは、0歳から2歳の演劇等は盛んに行われていますが、日本では、まだ3歳、4歳以上を対象とした舞台公演が多い状況であることから、日本でも0歳から2歳を対象とした演劇を進めていこうと考えるディスカッションを行いました。参加者は、子育て世代や劇場の担当者等約50名の参加がありました。ヨーロッパなどでは、0歳で言語が分からなくても、舞台を見ると分かっている、しかも母親のお腹の中にいるときからすべて聞いているという研究成果が出ているようで、今後日本でも0歳から2歳のこのようなベビードラマというのが盛んになると思います。文化の家としても、3年前から行っており、今年も8月に0歳を対象とした公演を行いますので、是非ご覧ください。今後の日程として、⑴3日グループる・ぱるによる演劇「蜜柑とユウウツ」を行いますが、これは、茨城のりこの半生を描いた演劇です。茨木のりこさんは中学校の教科書にも載っている詩人ですが、詩を通して、ユーモアあふれる演劇となっています。⑵長久手寄席は、落語家協会会長の柳亭市馬師匠をお迎えします。⑷ハイバイ公演「ヒッキー・カンクーントルネード」について、作家自身の引きこもり体験を題材とした演劇となっています。すでに10年前に書かれた作品ですが、各地を回り、今回再演となります。引きこもりとはどういうことなのか少しでも感じていただければと思います。そのほか⑻JAZZ  IN  photovel cafeについて、すでに完売となりましたが、photovel cafeと提携し、ジャズアーティストを迎え入れていただき演奏会を行うものです。カフェで食事をしながらジャズを楽しんでいただくといった企画を今回初めて行います。⑽市民団体である文化の家フレンズが企画した「フレンズのつどい」は、箏や尺八のライブとなります。説明は以上です。

委員長  資料6について、何かご意見等ありますか。

委員   0歳から2歳のベビードラマは良いと思います。

事務局  ヨーロッパでは、すでに2000年からベビードラマに着目していましたが、日本ではまだまだであり、0歳を対象にした舞台が作られていない状態です。

委員   感性を身に付けるには、とても良いことだと思いますので、早めにやっていただきたいと思います。また、モニターの方は、今4,5人みえるようですが、もう少し増えた方がいいと思います。であーとのような学校での事業は、教育委員の仕事として参加しますので、モニターという感覚になれません。本当はもっと違う人に来てもらって意見を聴くといいと思います。

事務局  学校側の事情があり、あまり外部の人が入られるのも困るようです。

委員   モニターは、意見をいただくための限定された方であり、人数も多くないので大丈夫だと思います。また、であーとについては、中学生にとって分かりやすいものにした方がいいと思います。中学生の感性にすっと入る音楽を演奏し、音楽を好きになる生徒が増えるといいと思います。次に、収支報告についてですが、昨年度の事業については出ていますか。

事務局  出ています。

委員   収支報告は年度末や4月には作成し、職員の反省を踏まえ、次年度の事業に活かしていくことが必要です。

事務局  年報を作成しています。また、事業毎の収支報告は、その都度出しています。

委員   文化の家としてどういう方向に進むべきかは、個別で考えるのでは無く、総合的に考えることが重要だと思います。職員だけでなく、他の方も交えて、多くの意見を出してもらって、次に進んでいかなければなりません。報告書が秋に出来ていては、その年度はほぼ終わっており、意味がありません。数字は3月31日で締めたら、4月の中旬には出ていないと、次の対策が検討できません。マネージメントですので、よろしくお願いします。

事務局  分かりました。

委員   6月9日のガレリアコンサートに行って来ました。赤ちゃんからお年寄りまで参加していて、すごくいい企画ですね。また、6月11日の映像鑑賞会に初めて行きましたが、とても面白かったです。「当たり屋勘太」について、最初は分かりませんでしたが、前半に説明をしてくださる方がみえて良かったです。説明された方はどういう方ですか。

事務局  前年度末から行っていますが、映画の前に少し見どころなどの説明をし、その後映画を観ていただいています。

委員   とても詳しく知ってみえましたが、ボランティアの方ですか。

委員   ボランティアではないです。市民企画の一環として行っています。

委員   説明は大事だと思います。特に芝居は、物語のポイントを事前に聞いておくことで、全く見方が変わり、楽しくなります。物語が分からないと集中して観ることが出来ず、いい芸術が頭に残らなくなってしまいます。1つのことでも工夫すると非常に入りやすいし、分かりやすくなります。そんなことをまた考えてみてください。

委員   0歳からのベビードラマのように、すごく注目が高いことを文化の家が率先して行っていることが、とても誇らしく思います。

委員   6月5日長久手中学校のであーとの際、3年生は修学旅行でした。給食ゲリラもあったので、3年生がいない時で残念でした。

事務局  日程調整については、学校に照会し、都合を聞いて決めているとは思いますが、残念でした。

委員長  その他ご意見等ありますか。では、次に、資料7教育総務課から説明をお願いします。

事務局  資料7今年度の実施工事等についてご報告します。まず、1 東小学校校舎増築工事について、前年度から引き続き、松井建設(株)名古屋支店で工事を現在進めております。出来高は、6月30日現在で、計画64.33%のところ65%と順調に工事は進んでいます。現地は、外観が見えるような状況で内部の仕上げにとりかかっています。竣工式の予定は9月19日(土曜日)午前10時からの予定です。同日、一般向けの内覧会を午後1時から3時で実施する予定です。2 体育館耐震化工事について、体育館の吊り天井を撤去し、安全な天井にする工事です。26年度と27年度の2箇年かけて改修を進めています。⑴北小学校では、施工業者 滝藤建設(株)6月6日着手、9月24日完了予定です。⑵南小学校では、施工業者 滝藤建設(株)6月17日着手、9月16日に完了予定です。⑶市が洞小学校では、施工業者 伊駒建設(株)6月24日着手、8月26日には完了予定です。中学校については、南中学校の体育館と武道場、北中学校の武道場が残っていますが、12月くらいまでに完了するような形で現在計画しています。3 トイレの改修工事について、25年度から27年度の3箇年で工事を進めています。⑴北小学校 は、建築と電気の設備を水野建設(株)、機械設備を(株)酒越管工が請け負っています。作業の方は7月17日から8月31日で実施します。⑵南小学校は、建築・電気設備は(株)水野建設、機械設備は(株)山トシ設備、作業は同じ日程です。⑶南中学校は、建築・電気設備をライフテック・エム(株)、機械設備を(株)青山で、作業の工程は同じ予定としています。⑷長久手中学校は、体育館と同様冬休み期間を中心として、工事を予定しています。4 小中学校地震端末連携工事について、工事の概要として、緊急地震速報の音声を全教室に放送させるための改修工事となります。現状では、校長室と職員室のみ放送が入りますが、各教室には放送が届いていないという状況です。至急対応する必要があるため、当初予算ではありませんが予算を流用して対策をとっていきたいと考えています。以上で報告を終わります。

事務局  補足ですが、東小学校竣工式終了後、学校の中を見ていただく時間をとります。また、体育館の耐震化工事のため、土曜日の学校開放は中止となります。

事務局  前回のご質問の回答として、小中学校の職員室での新聞購読の種類について、各学校に調査しました。長小2社、西小2社、東小3社、北小2社、南小3社、市小1社、長中3、南中3,北中2社となっていますが、中日新聞をとっている学校が9校、朝日新聞が3校、教育新聞が9校でした。

委員   各学校で異なるのはどうしてですか。

事務局  新聞は各学校の希望により購入しています。中日新聞は地元紙のため、地域の情報もあり、学校等が載せて頂くこともあるので全校が購読しています。

委員   工事は全部入札ですか。随意契約はありましたか。

事務局  地震端末連携工事は随意契約ですが、それ以外は入札です。

委員   体育館耐震化工事は平均するとどのくらいの金額ですか。

事務局  6000万円前後だと思います。

委員   トイレ改修工事はどうですか。

事務局  建築が2000万円程度、機械が1000万程度で、合わせて3000万程度です。

委員   およその金額を把握している必要があります。学校の場合は、多額の費用を必要とすることが考えられますから、早めの情報収集と分析が必要です。

委員   各学校の新聞の購読について、学校教育で英語は重要であることから、週一回程度、読売新聞から出ているThe Japan Newsを購読するのはいかがでしょうか。他の英語新聞より読みやすいと思います。

事務局  次回の校長会で紹介したいと思います。小学校もあった方がいいでしょうか。

委員   小学校にも英語の授業がありますし、あった方がいいと思います。

委員長  その他何かありませんか。なければ、公開部分の定例教育委員会を終了します。

 

資料1(PDF:132KB) 

資料2(PDF:39KB)

資料3(PDF:450KB)

資料4(PDF:444KB)

資料5(PDF:73KB)

資料6(PDF:95KB)

資料7(PDF:43KB)

 

 

 

 


 


 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会教育総務課 

電話:0561-56-0625

ファックス:0561-63-2100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?