ホーム > 平成27年4月定例教育委員会

ここから本文です。

更新日:2015年5月13日

平成27年4月定例教育委員会

開催日時

平成27年4月2日(木曜日)午前9時から午後0時10分

開催場所

北庁舎2階第5会議室

出席者氏名(敬称略)

委員長           近藤勝志
 委員           横田真規子
 委員           加藤正雄
 委員           羽根しげ子
 教育長          堀田まゆみ
 事務局
  教育部長        川本 忠
  教育部次長       加藤 明
  教育総務課長      角谷俊卓
  指導室長        夏目知好
  指導主事        大井雅夫
  生涯学習課長     横地賢一
  文化の家事務局長    籾山勝人
  中央図書館長      中條宏之 
  給食センター所長    冨田俊晴
  教育総務課長補佐    水野真樹
  教育総務課長補佐    山田美代子

欠席者氏名(敬称略)

なし

審議の概要

1 決定承認事項
2 報告事項
(1)後援・推薦名義の専決処分の一括報告
(2)教育委員会及び関係各課からの報告
3 その他

公開・非公開の別

一部非公開

傍聴者人数

0人

問合先

教育部 教育総務課 0561-56-0625

 会議録   

事務局  4月1日付け人事異動により、中央図書館長、生涯学習課長が変わりました。また教育総務課内においては、指導主事と課長補佐に異動がありましたので、紹介させていただきます。
委員長  4月の定例教育委員会を始めます。本日の議事録署名者は、横田委員にお願いします。それでは、議事に入ります。4の決定承認事項をお願いします。資料1 中央図書館から説明をお願いします。

事務局  長久手市中央図書館運営協議会委員の委嘱についてです。前の委員の任期は平成26年4月1日から平成28年3月31日の2年間です。その中で平成26年度末の委員の退職に伴う交代であり、残任期間は今年度4月1日から来年3月31日の1年間となります。以上です。

委員長  資料1につきまして、何かご質問などがありましたらお願いします。ないようですので、資料2 生涯学習課から説明をお願いします。

事務局  資料2 生涯学習課からです。長久手古戦場野外活動施設運営委員につき、委員の選任を行います。27年4月1日からの2年の任期です。条例の規定には6名以内となっており、6人のうち2人については新任委員です。以上です。

委員長  資料2につきまして、何かご質問などありましたらお願いします。ないようですので、次に資料3の説明をお願いします。

事務局  資料3 長久手市スポーツ推進委員の委嘱についてです。こちらは、平成26年4月1日から平成28年3月31日までの2年の任期です。平成26年の4月の時点で、21名以内の定員のところ、20名でしたので、昨年10月の広報で公募を行い、1名の応募がありました。委嘱期間は平成27年4月から1年間です。以上です。

委員長  資料3につきまして、何かご意見などがありましたらお願いします。

委員   スポーツ推進委員の定数は21人以内ですが、欠けていてもいいのではないですか。補充する必要があるのでしょうか。21人とするなら、それなりの活動をしていただく必要があると思います。現状の活動内容であれば半分の人数に減らすことも考えていただきたいと思います。また、スポーツ基本法には、スポーツ推進委員の職務などが規定されており、しっかりと活動していただきたいと思います。

事務局  これまでの活動状況を確認して、精査したいと思います。

委員   スポーツ推進委員については、教育委員会で任命するため、責任があります。

委員   委員のうち、どのような年齢層の方が一番多いのでしょうか。また、最年長者と一番若い方は何歳でしょうか。

事務局  最年長者は73歳です。一番若い方は40歳位だと思います。60~70歳位の方が多いと思います。

委員   平均では何歳になりますか。

事務局  45歳です。

委員   スポーツ推進委員については、元気に活動が出来る人にお願いしたいと思います。

委員   スポーツ推進委員は何をするのでしょうか。

事務局  スポーツを通じて、市民の健康増進やコミュニケーションを図るために、ニュースポーツの普及やイベントの開催などを行います。ニュースポーツを広めるためにチームを作って競技会を催したり、教室を開催するなどをしています。

委員   そういった活動に、この21名の方が全て関わっているということですか。

事務局  そうです。例えば、月1回、第3日曜日には歩けあるけ運動を行っています。また、春と秋に自然歩道を歩く会というものを実施しています。他にも、運動会のお手伝いや、スポーツの祭典を体育協会と一緒に共同開催をしています。

委員   全員が集まるのは難しいですね。

事務局  定例会議は第1土曜日の7時から行っています。

委員   全員集まるのでしょうか。

事務局  ほぼ全員集まります。

委員   市でスポーツのイベントがあったときには、この方たちが関わってみえるといういうことですね。

委員   報酬はもらえるのですか。

事務局  年額9万円です。

事務局  非常勤の公務員であり、会議やイベントを行う時は、仕事だと思っていただかないといけないと思います。また、他には、校区体育委員というものがあり、校区運動会や学校開放等について、中心となって企画、運営等の活動をしています。

委員   体育協会とスポーツ推進委員の棲み分けについて、行政の職員でも知らない人がみえると思います。体育協会というのは市から委嘱された外郭団体です。スポーツ推進委員は教育委員会が任命することになっていますので、知っていなければならないと思います。

委員   スポーツ推進委員会の定例会議に、教育委員が参加することはできますか。

事務局  参加できます。

委員   では、参加させていただきます。

委員長  他にご質問等がないようでしたら、資料3について承認でよろしいですか。では、次に資料4 教育総務課から説明をお願いします。

事務局  資料4についてご説明します。27年4月1日から地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部改正が施行されることに伴い、長久手市の教育委員会の規則、及び規程についても一部改正することが必要となりましたので、今回この教育委員会で4つの規則と1つの規程についてご審議をお願いします。まず、この法律は、教育委員長と教育長を一本化した新教育長の設置について規定されております。また、現行の教育長は、教育委員でしたが、改正後の新教育長は、教育委員会の構成員ではありますが、教育委員ではなくなります。今回の改正の内容については、基本的に規則の文中において、委員長と記載されているものを教育長と改正するとなっております。また、「長久手市教育委員会会議規則」について、法律上、教育委員会において、委員長を選出するということがなくなりますので、改正前には委員長の選挙についての記載があり、こちらの条文の削除を行い、それにより条ずれが生じましたので、条の繰り上げを行っております。さらに法律では、議事録の作成及び公表についての努力義務が規定されましたので、同規則についてもこの規定を追加しました。続いて、「長久手市教育委員会事務局庶務規則」について、従来においては、教育長に事故がある時などに定める職務代行について、これまで教育部長とされていましたが、同じく同法においては、教育長が教育委員を指名することとなるため、教育部長の職としては、事務局の事務を掌理し、所属の職員を指揮監督するという形に改正しました。次に、「長久手市教育委員会事務委任規則」について、同法において、教育長は教育委員会から委任された事務または、臨時に代理した事務の管理及び執行の状況を教育委員会に報告すると法律で規定されていますので、同じように規則においても規定しました。次に、「長久手市教育委員会公印規程」について、公印である委員長印の削除を行うものです。最後に、この法律においては、平成27年4月1日に現に在職する教育長は、その教育委員会の委員としての任期中は従前の例により在職すること、となっております。よって、これらの規則に共通する事項として、経過措置により、今回改正する全ての規則の附則において、教育長の任期中はこの改正後の規則の規定は適用せず、改正前の規則の効力を有するとしています。現教育長の任期中については、規則の整備は行いますが、これらの規則については適用されません。また、この規則の改正については、法施行が27年4月1日となっておりますので、規則の施行についても4月1日施行とさせていただきたいと思っております。以上で説明を終わります。ご審議よろしくお願いします。

委員長  資料4について、何かご意見やご質問がございましたらお願いします。

事務局  基本的には法律の改正に基づき、委員長の職名をなくす規定についての改正です。それにより、条ずれ等の整理していただいたものということで、了解していただきたいと思います。教育長の任期が平成29年9月末までですので、この任期中については従来どおりです。

委員長  質問等がないようですので、決定承認事項を終了します。続いて、報告事項に移ります。資料5 教育総務課から説明をお願いします。

事務局  資料5「後援・推薦名義の専決処分の一括報告」です。後援・推薦名義申請について、審査結果を一覧表でまとめて資料としております。申請書が7件提出され、うち6件については昨年度の実績がある事業であり、審査基準に適合しているため、後援の決定をしています。新規の申請が1件あり、先日の意見交換の場において、公共性、公益性等に問題ないとして、後援の決定をしています。以上です。

委員長  資料5について、何かご意見がありますか。

委員   「スポーツの祭典」について、今年もチラシを広報折り込みしました。今年は選挙の関係で、連休明けの日程となりました。皆さん、お誘い合わせの上、ご参加ください。

委員   先日、新聞に、埼玉県の教育委員会が、市の施設において「慰安婦」をテーマにしたパネル展について開催を認めなかったという記事が掲載されました。理由はこの展示会の背景に政治的な意図が感じられるということでしたが、長久手市では、このように政治的な背景があるようなイベントに後援依頼が来た場合に、断ることができるような基準はありますか。

事務局  後援名義申請に関する要綱に、政治活動及び宗教活動に該当するものは承認できないと明記しています。

委員   埼玉県の事例においては、「慰安婦」をテーマにし、啓発的事業にあたるということで、市教委が内容を把握しないまま、使用を許可しなかったと報じられています。今後、様々な事例が想定されますので、対応出来るように、議論し、検討していくことが必要だと思います。

委員長  資料5について、他にご意見等がないようでしたら、次に、資料6中央図書館からの報告をお願いします。

事務局   資料6「長久手市中央図書館事業」です。3月の事業として、乳幼児向けおはなし会、ブックスタートおはなし会等を6回行いました。閲覧室内の企画展示は、「新しい趣味 始めませんか」「百年文庫」「追悼 松谷みよ子さん」「追悼 今江祥智さん」の4件行いました。その他として、リサイクル市(除籍本の無料配布)を3月1日から8日まで行いました。7,384冊出本し、1人10冊まで配布としましたが、1,643冊の残本となり、残本率は21%でした。また、図書館内の喫茶室について、3月に経営者を応募したところ、4名の応募者があり、審査の結果、NPO法人楽歩に決定しました。今後、打ち合わせ等を行い、ゴールデンウィーク前には開店できるようにしていきたいと考えています。以上で説明を終わります。

委員長  資料6について、何かご意見等ありませんか。

委員   楽歩さんは文化の家にも入っていますね。

事務局  文化の家のアトリウムのビュッフェカウンターで、週に2~3回、コーヒーなどを提供しています。

委員   共生ステーションなど様々なところで、コーヒー等を販売されているようですが、図書館でしっかりと店を構えられるのですね。

事務局  休館日以外の午前9時から午後5時まで開店されます。積極的なPRもされているようです。基本的には常駐2人の職員と、軽度の障がいをもつ人とともに運営していきます。

委員   飲み物だけですか。

事務局  ランチ等食事の提供も行います。

委員   新しく中央図書館に異動となり、どういう図書館にしたいと思ってみえますか。

事務局  多くの人に利用していただき、気軽に来館してもらいたいと思います。

委員   図書館が策定した、「長久手市子ども読書活動推進計画」をよく読んでいただいて、しっかりお願いしたいと思います。また、ブックスタートや学校連携事業など、目標をもって実施し、工夫しながら新しい館長のカラーで運営していただきたいと思います。

委員   乳幼児向けのおはなし会について、62名の方が参加していますが、せっかく来館されているので、おはなし会の終了後もイベントを行ったりしないのでしょうか。おはなし会が30分なので、もったいないと思います。

事務局  検討していきたいと思います。

委員   おはなし会に参加される方は、常連の方が多いのでしょうか。また、えいごのおはなし会はどのようなお話をされるのでしょうか。

事務局  次回の教育委員会でご説明させていただきます。

委員長  その他ご意見等がなければ、資料7 給食センターからの報告をお願いします。

事務局  資料7「4月学校給食献立表」及び「4月保育園給食献立表」です。4月は新入生が入ってきますので、アレルギー対応児童生徒について、4月中に全て面談を行い、5月からアレルギー対応食を提供していきたいと考えております。前回にもご報告しましたが、給食のアンケートについてですが、集計結果についてご説明します。給食が「美味しい」と応えている児童生徒は約80%でした。また、副食の量について、「少なすぎる」「少ない」と回答した児童生徒は、「多すぎる」「多い」と回答した児童生徒よりも多く、副食が少ないと感じている児童生徒が多いようでした。給食には、ご飯、汁物、大皿とあり、大皿にはメインのおかずと添えものがありますが、大皿に盛られる量が寂しく感じるようです。子どもの摂取量は決まっておりますが、見た目上は少なく見えるかもしれません。ご飯については、あまり残飯も出ません。おかずについては、和え物、汁物の残菜が多い傾向があります。自由記述においては、パンや麺を増やして欲しい、カレーの日を増やしてほしいなどの意見がありました。また、副食に関しては、アメリカンサラダの人気が高いようでした。そして、デザートを付けて欲しいという意見が圧倒的に多かったです。牛乳のふたがとりづらいという意見も多かったです。まだ、分析の途中ですので、随時ご報告させていただきます。

委員長  資料7について、ご意見等ありませんか。

委員   食育の観点から、このアンケートの結果を児童生徒に見せることについて、検討してみてはいかがでしょうか。同様に、保護者に対しても、給食はこのようにデータを分析しながら、より良い物を提供していくことが必要で有り、必ずしも要望に応えられないこともあるといったことを知ってもらうことが必要ではないでしょうか。

事務局  栄養士が学校に出向き、児童生徒に対し、食事の重要性などを話す機会を設けています。

委員   校長先生が自ら、食育の話をされると効果的ではないですか。子どもの好みは理解しているけれども、身体のためには、様々な栄養を摂取する必要があるということを話すことが必要だと思います。

事務局  アンケートをとると様々な意見が出ますが、全体的に長久手市の給食の満足度は、他市町と比較しても高いと思います。

事務局  栄養教諭が子ども達と共に給食を食べて、話す機会は増やしていきたいと考えています。

委員   給食を食べない児童の理由を考えることが必要です。食べさせる工夫をし、コミュニケーションをとりながら、食育についてしっかりと教えてもらいたいと思います。

委員   給食はバランスが良く、食べることで健康な身体になることができるということを、子どもにもっと知ってもらいたいと思います。

委員   牛乳についてはどのような意見がありましたか。

事務局  和食には牛乳が合わない、冬には温かい牛乳が飲みたいなどの意見がありました。

委員   給食はカロリー表示をしていますか。

事務局  していません。カロリーを出すことはできますが、基本的に小学生等のカロリー基準に沿って、献立を考えています。

委員   中学生くらいになると、ダイエットに関心を持つようになり、数字等の表示があると、自分で納得して食べるようになるかもしれません。

委員   今年はアレルギー対応の児童生徒は何人ぐらいですか。

事務局  まだ、学校が始まっていないので分かりません。

委員   牛乳のふたが変更となった理由は何でしょうか。

事務局  牛乳の納入業者が変更となりました。以前の牛乳のふたについては、特許があり、現在のメーカーでは使用出来ません。

委員   今後、アレルギー対応児童は増えていくことが見込まれます。新年度になって、慣れていないからアレルギー対応が出来ないと言うことではいけませんので、早々に訓練等を実施してもらいたいと思います。

委員   調理員等の服装はしっかりとしていますか。毎日チェックしていますか。

事務局  調理に入る前に、二人で確認し合い、チェックしています。

委員    管理職は指示するだけでなく、しっかりと見て確認することが必要です。服装の乱れは、アレルギー事故や怪我等、重大な事件に結びつくことだと思いますので、繰り返しお話しています。アレルギー対応や手洗いの手順、刃こぼれ対策などについては、実施事項としてスケジュール管理をしてください。

委員長  資料7について、他にご意見等なければ、資料8生涯学習課からの報告をお願いします。

事務局   資料5 生涯学習課からの報告事項です。3月の主な事業について報告します。まず、生涯学習係からの報告です。17日古戦場公園再整備基本構想第2回有識者会議を行いました。平成29年度に再整備工事を着手予定とし、基本構想について、市民ワークショップを5回、学生ワークショップを2回開催し、構想案を策定し、有識者会議に諮りました。そこでは、テーマにおいて、秀吉と家康が戦った唯一の戦いであったことを強調した表現がよいという意見が出ましたので、構想案のテーマを「秀吉と家康が戦い、歴史が動いた。ここ長久手で。」としました。また、合戦図屏風があると古戦場のイメージがわきやすいということで、合戦図屏風の長久手の戦いの場所が分かる部分を抜粋して入れることにしました。また、18日社会教育委員会、19日第2回長久手古戦場野外活動施設運営委員会、24日第2回長久手市文化財保護審議会を開催し、基本構想の策定状況についての説明とそれぞれの委員会において、平成26年度の事業報告及び平成27年度事業計画について説明を行いました。次に、スポーツ係と平成こども塾については、資料をご覧頂きたいと思います。4月以降の主な事業について、年度当初でもあり、4つの委員会を予定しています。また、5日には、古戦場桜まつりを実施します。ステージは雨天中止となりますが、出店等は行いますので、ぜひ足を運んでいただきたいと思います。また、同日、歩けあるけ運動も行います。そして、5月10日には、スポーツの杜にて、スポーツの祭典が開催されますので、ぜひご参加ください。説明は以上です。

委員長  資料8について、何かご意見等ありませんか。

委員   事業計画の目標において、申込者の割合を90%とする、開講率を85%とする等と記載されていますが、目標というものは、100%にしないといけないため、見直しをしてください。また、目標を数字で表していることはいいですが、その方法については記載されていません。大事なことは、その目標に向けて努力することであり、結果についてはとやかく言う物ではありません。

事務局  数字は誰にでも分かりやすい指標的な要素がありますが、その過程においても、課題を探り出し、新たな工夫をこらすなどといった内容が重要だと考えていますので、目標達成に向け、努力していきたいと思います。

委員   430年記念まんが本は何冊程度印刷をするのでしょうか。

事務局  50ページほどの冊子ですが、各学校に10冊ほど納品し、学校図書館にも設置する予定です。印刷した総部数については確認します。

委員    市販もしくは市民に配布をするのですか。

事務局   金額設定は未定ですが、窓口等で販売をする予定です。

委員    基本構想のテーマ「秀吉と家康が戦い、歴史が動いた」というのは、客観的なデータをもとにしているのでしょうか。

事務局   家康は、この戦いにおいて勝利したことにより、秀吉に一目置かれることになり、結果的に天下をとったため、このような表現になっていると考えます。

委員   せっかくまんが本を作成したのであれば、多くの人に読んでもらいたいと思います。ただ、まんが本を販売するのではなく、売上げについては古戦場整備の費用とする、一部寄付をするといった名目がついていれば、購入する人が増えるのではないでしょうか。また、学校に10冊ほどあっても読む児童が少ないので、6年生には卒業記念に全員に渡すなどをしてはいかがでしょうか。

事務局  以前にまんが本を作成した際は全戸配布を行い、英語版については中学生全員に配布しました。今回は、そういった予算はありません。

委員長  資料8について、他に意見が無ければ、資料9文化の家の報告をお願いします。

事務局  資料9「文化の家事業報告」です。3月の事業報告となります。15日までの事業については前回報告済みです。19日カルテットの魅力は一生モノ!として、室内楽で聴くクラッシック音楽コンサートを行いました。定員が60名のところ、58名の参加者でした。21、22日市劇団座☆NAGAKUTEの演劇公演を行いました。3ステージで364名の参加者がありました。この2事業については収支報告がありますので、参考にしてください。26日映像鑑賞会「FANTASIA」を行い、今回から上映の前に映画の解説を行いました。27日避難訓練コンサートとして、文化の家の防災避難訓練の一環として、愛知県警察音楽隊に協力していただき行いました。実際のコンサート中に地震が起こったらという想定の下に、来館していただいた方にも避難訓練に参加していただきました。整理券を250枚程度配布し、その内189名の参加となりました。実際に189名の参加者が館外へ避難するのに、2分40秒程度要しました。また、安心安全課等の協力により、当日はガレリアに備蓄備品や防災用品等の展示を行いました。今後の日程として、4月には5公演を予定しています。ちらしを配布しますので、ぜひご参加ください。 次に、昨年度の自主事業 40事業分のアンケートをまとめました。アンケートは約2,000枚を回収し、来場者のうち平均41%の回収率となっています。評価は、「大変良い」「良い」が98%を占め、「悪い」は0%でした。情報入手は、DMと口コミが20~30%を占めており、今後はホームページをリニューアルして、もっとホームページを見てもらえるようにしていきたいと考えています。また来館者の住まいは、長久手市内は36%、名古屋市内が25%となっており、市外は比較的名古屋市内からの来館が多いように思います。年齢層としては、60代以上が40%を占めており、今後は、30代から40代といった子育て世代をリピーターにするような事業についても充実したいと考えています。 平成27年度事業方針として、従来の企画事業に加え、広報面の拡充をしていきたいと考えています。1)市民参画プロジェクトの推進として、市民に参加していただき、様々な取組を行っていますが、映像鑑賞会については、実行委員会形式を導入し、市民の意見を取り入れて実施していきたいと思います。また、ワーキンググループについては、昨年度は大規模改修について、市民参加による話合いを行いましたが、今年度も違うテーマで継続していきます。モニター制度や舞台見学会を拡充し、文化の家について、さらに理解を深めていただきたいと考えています。2)情報事業の拡充として、広報を充実するため、広報アドバイザーの導入を進めています。また、ホームページが見づらいとの意見があることから、リニューアルを進めており、5月には新ページに更新したいと考えています。3)創造スタッフの充実として、新たに音楽部門で3名、広報部門で2名の創造スタッフを採用しました。美術系の2名は継続し、アートフェスティバルなどで活躍していただきます。説明は以上です。

委員長  資料9について、何かご意見等ありませんか。

委員   事業方針に挙がっているものについては、事業計画で示していただくと分かりやすいと思います。また、アンケート結果をどう活用していくかが重要です。給食センターのように、グラフにして、コメントを書いていただくと分かりやすいです。その結果をみて、今後文化の家をどうしていくと良いかを検討していただきたいと思います。

委員   映像鑑賞会の前に解説をするようですが、人によってとらえ方が異なるため、解説は1つではないと思いますが、どのようにされていますか。

事務局  解説は、映画制作の背景などの話を15分程度で行い、深い内容のものではありません。

委員    これまでは行っていなかったようですが、要望があったのでしょうか。

事務局  市民の方から行いたいとの話がありました。解説については、必要・不必要の両意見があります。

委員   ストーリーなどを聞いてから見ると、理解しやすい場合もあります。

事務局  実施してみて、参加者の意見を聞きながら、今後どうしていくか検討していく予定です。

委員   解説というものはすごく難しいものです。責任をもって行うシステム体制で実施していただきたいと思います。また、文化の家は、市直営で様々な事業を行い、誇れる施設だと思います。来館者がもっと増えるように、人とのつながりを充実していただきたいです。

委員   全国各地から文化の家を視察する方は多いのでしょうか。

事務局  年間10件程度です。ただ、個人的に視察される場合は件数に含めていません。

委員   舞台裏なども見ていただくとよいと思います。

委員   小中学生の中で話題になっている映画などを、文化の家で上映することはできませんか。

事務局  小中学生向けの映画は、夏休み中などに上映しています。

委員   子供の関心が高いものを上映してもらいたいです。

事務局  観てみたい映画などがありましたら、ぜひ教えてください。

委員   流行りの映画は映画館で観て、文化の家では、これまでの名作と呼ばれる映画を低料金で観るといった棲み分けができていると思います。

事務局  子供の興味をひくような映画も上映していますので、ぜひご来館ください。

委員長  資料9について、他にご意見がなければ、次に教育総務課からお願いします。

事務局  愛日地方教育事務協議会の規約改正についてです。「義務教育諸学校の教科用図書の無償措置に関する法律の一部を改正する法律」により、今まで愛日地方教育事務協議会が行っていた小中学校の教科用図書の採択に関する事務を、尾張東部教科用図書採択地区協議会が行うことになりました。さらに、実情にあわせた形で文言を整理し、「会長は、協議会の協議により、関係市町の教育委員会の職員の中から専任する」を「教育委員会の委員の中から」と改正を行います。

委員長  その他何かありますか。

事務局  「長久手市いじめ防止基本方針」について、2月16日から3月17日までパブリックコメントを実施しました。その結果として、提出された意見は2人で、意見数9件でした。いただいた意見とその意見に対する市としての考え方をまとめた資料を配布させていただきました。方針への否定的な意見はなく、具体的な施策についての意見でしたので、市としても実際に施策を考えていくうえで、参考にしていきたいと考えています。また、このパブリックコメント結果については、ホームページ上で公開しております。以上です。

委員   意見を提出された2名は保護者の方ですか。

事務局  おそらく1名は保護者の方だと思われます。

委員   この方針は今後どのような予定ですか。

事務局  5月の教育委員会に諮り、策定予定と考えています。

委員   意見のなかで、障がいのある子どもがいじめの標的にされるとありますが、他にも、真面目でしっかりしている子どもがいじめられることが多いと思います。いじめも多様化しており、いじめかどうか判断がつきづらいこともあります。小さないじめが気づかないうちに大問題になることもあり得ます。子どもの感覚と大人の感覚は大きく異なりますので、子供の目線で考えていくことが重要だと思います。今年度から、市役所で相談室が設置されました。教育委員会とも連携して、横断的に動いていただきたいと思います。

事務局  東小の通学路についてです。先日、三ケ峯のパークサイドヒルズの保護者から、東小に通うためにN-バスに乗車させてほしいとの要望があり、20名ほどが来庁されました。教育総務課、安心安全課及び情報課で対応しました。保護者は楽をさせたくて、Nバスに乗車したいのではなく、安全面に不安があるためであるとの主張でした。

委員   今後は、市としてどのような対応をしていくのでしょうか。

事務局  通学方法については、学校と保護者の話し合いが必要であり、今後は、個別に意見をいただくのでなく、学校を通して、今後どうしていくか協議を進めていくことになりました。通学路の安全対策として、保護者と学校とともに検討をしていきたいと思います。また、安心安全課としても、地域の交通としてN-バスをどう運行するかという点で検討は必要ですが、通学バスではないため、別問題としてとらえていただくようにお話しました。今後も要望を出すとのことでしたので、引き続き協議をしていくことになります。

委員   他にも遠距離から通う児童がいますが、あわせて検討するのでしょうか。

事務局  距離が問題となっているのは東小だけです。

委員   三ケ峯ニュータウンの児童については、N-バスの乗車は可能ですね。

事務局  そうです。教育委員会においても、現状を確認していただきたいと思います。

事務局  先日、教育委員会で視察した大阪市の大空小学校について、市として、大空小学校の取組を今後どう検討していくか、考える必要があります。

委員長  その他何かご意見ありますか。では、公開部分の教育委員会を終了します。

資料1(PDF:31KB)

資料2(PDF:44KB)

資料3(PDF:25KB)

資料4(PDF:437KB)

資料5(PDF:113KB)

資料6(PDF:39KB)

資料7(PDF:876KB)

資料8(PDF:70KB)

資料9(PDF:148KB)


 



 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会教育総務課 

電話:0561-56-0625

ファックス:0561-63-2100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?