ホーム > 市政情報 > 会議情報 > 会議録一覧(平成27年度) > 平成27年度第3回長久手市平成こども塾運営委員会

ここから本文です。

更新日:2016年3月30日

平成27年度第3回長久手市平成こども塾運営委員会

開催日時

平成28年3月17日(木曜日)午後1時30分から午後3時まで

開催場所

長久手市役所西庁舎3階 学習室1

出席者氏名(敬称略)

委員長 谷沢明
委 員 伊藤稔明 青山裕子 伊東江利子 中村浩章 筒井千稲
事務局 くらし文化部次長 生涯学習課長
      平成こども塾課長 平成こども塾主事

欠席者氏名(敬称略)

委 員 布尾瑞枝

審議の概要

(1) 長久手市平成こども塾マスタープランについて
(2) 平成27年度平成こども塾事業報告について
(3) 平成28年度平成こども塾事業計画について

公開・非公開の別

公開

傍聴者人数

2名

問合先

長久手市くらし文化部生涯学習課 長久手市平成こども塾
TEL0561-64-0045

会議録

事務局

 それでは、定刻になりましたので、平成27年度第3回長久手市平成こども塾運営委員会を開催いたします。

 なお本日は、参加委員の人数が半数以上に達しており、平成こども塾運営委員会設置要綱の第6条第2項の条件を満たしておりますので本委員会が成立することを報告いたします。

 では、はじめに谷沢委員長、ごあいさつをよろしくお願いいたします。

委員長

 あいさつ

事務局

 配布した資料の確認。それでは、委員長、議事の方に入っていただきたいと思います。よろしくお願いします。

委員長

 それでは次第に沿って議事を進めたいと思います。「2 確認事項」から事務局に説明していただきます。

事務局

 資料1「長久手市平成こども塾マスタープラン策定スケジュールについて」を説明。

委員長

 ただ今、事務局から説明していただいた内容について、ご意見やご質問などがありましたら、ご発言をお願いします。

委員長

 意見がないようですので、「3 報告事項」について事務局から説明をお願いします。

事務局

 資料2「パブリックコメントの実施結果」を説明。

委員長

 ただ今、事務局から説明していただいた内容について、ご意見やご質問などがありましたら、ご発言をお願いします。

委員長

 意見がないようですので、報告事項については終了したいと思います。次に議題に入る前に、マスタープランに関わることですので、来年度の平成こども塾の機構改革について、くらし文化部次長より説明をお願いします。

事務局

 機構改革について、平成こども塾は建設部へ移管されるが、教育委員会にて所管する事務を補助執行しているため、移管に伴い事業が変更されることはありません。

委員長

 それでは、次に「議題⑴ 長久手市平成こども塾マスタープランについて」事務局から説明をお願いします。

事務局

 資料3「長久手市平成こども塾マスタープラン(案)」を説明。

委員長

 ただ今、事務局から説明していただいた内容について、ご意見やご質問などがありましたら、ご発言をお願いします。

委員長

 意見がないようですので、「議題⑵ 平成27年度平成こども塾事業報告について」事務局から説明をお願いします。

事務局

 資料4「平成27年度平成こども塾事業報告」を説明。

委員長

 ただ今、事務局から説明していただいた内容について、ご意見やご質問などがありましたら、ご発言をお願いします。

委員長

 意見がないようですので、「議題⑶ 平成28年度平成こども塾事業計画について」事務局から説明をお願いします。

事務局

 資料5「平成28年度平成こども塾事業計画」を説明。

委員長

 ただ今、事務局から説明していただいた内容について、ご意見やご質問などがありましたら、ご発言をお願いします。

事務局

 プレーパークについて、補足説明。

委 員

 児童館が行っていることの平成こども塾バージョンと考えてよろしいですか。

事務局

 子どもたちが自分たちの責任で自由に遊ぶことや、場所は提供するが、それ以外は口出しをしないということが、プレーパークの基本的な考え方であると考えています。特に火をおこすことや斧、釘を使うこと、泥遊び、穴を掘るといったことは、プレーパークを行う上で、重要な遊びになってくるのではないかと考えています。なお、これらの遊びは長久手市内の公園はすべて禁止となっています。

委 員

 プレーパークに行ったことがある人なら、そのイメージのまま来ると思います。また、児童館に行ったことがあって、プレーパークが初めての人なら、児童館のイメージで来ると思います。平成こども塾で実施する上で問題になるのは、いくら自己責任といえど、見守る大人の目が必要なことと、例えば、大きな穴を掘ってしまうと他の事業に影響することがあるので、ある程度のルールを決めて、どこまでを「自由」とするのかを決める必要があるのではないかということです。

事務局

 まずはそれをやっていただける担い手を探す必要があります。

委 員

 子どもの日常生活では、学年が横でしかつながらないので、縦でつながるコミュニケーション作りとしてプレーパークの役割を期待しています。他市の例では、プレーリーダーの他に、サポーターという形で、中学生ほどの子どもが小さな子に教えているということもあります。子どもの居場所作りになっているように感じます。

委 員

 近所の森に遊びに行くプレーパークと平成こども塾バージョンのプレーパークとは違うと思いますので、「確実に」「安全に」「自由に」行うためには、相当しっかりとした計画がないと、計画倒れになるのではないかと思います。

 長期間、多くの参加者を呼び込んで実施するためには、何か仕掛けも必要であると思います。

委 員

 こども会に参加している中学生以上の「ジュニアリーダー」という、子どもたちをまとめたり、会を運営する役割の子どもがいます。そういう子どもと連携するのも一つの手だと思います。高学年が年下を教えていくシステムを作るためには、大人が関与するよりも、ジュニアリーダーにやってもらった方がうまくいくと思います。

事務局

 ジュニアリーダーの研修は何人ぐらい受けてますか。

委 員

 長久手ではジュニアリーダーの研修はありませんが、現在は20名ぐらい長久手にいます。やる気はあるので、キャンプファイヤーなど、いろいろな遊びを勉強しています。

 見守るということに重きを置くのであれば、周りの団体と連携していくのはどうでしょうか。まずは企画倒れにならないように計画を作っていく必要があると思います。

委 員

 とにかくやってみて、その中で考えてみてはどうでしょうか。

事務局

 いろいろな人の関わりがある中で、エリアの広がりがあればよいと思います。

委員長

 他にございませんか。ないようですので、「5 その他」について事務局から説明をお願いします。

事務局

 参考「マスタープラン策定に関するアンケート結果」を説明。

委員長

 ただ今、事務局から説明していただいた内容について、ご意見やご質問などがありましたら、ご発言をお願いします。

委員長

 意見がないようですので、「5 その他」を終了します。ここからは、事務局で会議の進行をお願いいたします。  

事務局

 今回の長久手市平成こども塾運営委員会において、委員の皆様におかれましては、任期が平成28年3月31日で満了いたしましますので、次長の加藤よりごあいさつ申し上げます。  

事務局

 あいさつ  

事務局

 以上をもちまして、平成27年第3回長久手市平成こども塾運営委員会を終了いたします。ありがとうございました。 

 

【会議資料】

(1)次第(PDF:207KB)

(2)長久手平成こども塾マスタープラン策定スケジュール(資料1)(PDF:53KB)

(3)パブリックコメントの実施結果(資料2)(PDF:85KB)

(4)長久手市平成こども塾マスタープラン(案)(資料3)(PDF:11,886KB)

(5)平成27年度平成こども塾事業報告(資料4)(PDF:67KB)

(6)平成28年度平成こども塾事業計画(資料5)(PDF:49KB)

(7)マスタープラン策定に関するアンケート結果(参考)(PDF:252KB)

(8)第2次長久手平成こども塾マスタープラン(参考)(PDF:12,018KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

建設部みどりの推進課平成こども塾

電話:0561-64-0045(平成こども塾)

ファックス:0561-64-0046(平成こども塾)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?