ホーム > 市政情報 > 会議情報 > 会議録一覧(平成26年度) > 平成26年度第1回長久手市社会教育委員会

ここから本文です。

更新日:2019年6月14日

平成26年度第1回長久手市社会教育委員会

開催日時

平成26年4月23日(水曜日)午後3時から午後4時45分まで

開催場所

長久手市役所西庁舎3階 学習室1・学習室2

出席者氏名(敬称略)

委員  岩田猛 田中スエ子 澤田千年 松田真由美 川岸克枝 川本達志 
金田綾子 相原愛 鳴滝みよ子
事務局 くらし文化部長 布川一重、くらし文化部次長兼生涯学習課長 加藤正純、
生涯学習課平成こども塾担当課長 伊藤正尚
    生涯学習課課長補佐兼生涯学習係長 水野徳泰 
生涯学習課課長補佐兼スポーツ係長 大橋勝芳
文化の家事務局長 籾山勝人

欠席者氏名(敬称略)

中山弘之

審議の概要

委員の委嘱について
委員長・副委員長選出について
議題
⑴ 長久手市社会教育委員の役割について
⑵ 平成26年度の主な事業について

公開・非公開の別

公開

傍聴者人数

1人

問合先

長久手市役所 くらし文化部 生涯学習課 生涯学習係
  電話 0561-56-0627

会議録

あいさつ  くらし文化部長

 

<委員の委嘱について>

全委員の委嘱状を机上配付した。

 

<委員長・副委員長選出について>

委員からの推薦で委員長に岩田猛氏、副委員長に田中スエ子氏が選任された。

 

<議題 (1)長久手市社会教育委員の役割について>

事務局 長久手市社会教育委員の役割について説明

委  員  社会教育は、小中学生を含めて考えるものですが、保育園児などはどうですか。

事務局  家庭教育という視点で、保育園児なども含めていくものです。今年度から尾張地区家庭教育推進運営

       協議会委員を子育て支援課から推薦された方に就任していただくことにしており、子育て分野での連携

       も図れるようにしていきたいと考えています。

委  員  相談者が来ることを待つという受け身のものではないですか。

事務局  市役所の中にも専門的に相談できる窓口がありますが、それに加えて、専門的に取り組んでいる方に

      も相談できるようにするものです。

 

<議題 (2)平成26年度の主な事業について>

事務局 1.ア 生涯学習係について説明

委  員  いきいき!エルダー塾は、誰に実施してもらうのですか。

事務局  長久手市レクリエーション協会です。

委  員  事業の拠点がないように感じるのですが、いかがですか。

事務局  この事業は、誰もが生きがいを持って暮らせることを目的として実施するものです。受講された方々の

      交流をきっかけとして、活動団体を設立して活躍していただきたいと考えています。

委  員  古戦場再整備の基本構想は、西側の駐車場も一体化して考えていただきたいと思います。

事務局  一体的に考えていきたいと思います。市民の方からご意見をいただくこととしておりますが、その方法を

       検討し、事業を実施していきたいと考えています。また、社会教育委員会へも、事業の進捗状況を報告

      し、ご意見をいただきたいと考えています。先人から受け継いできた史跡を有効に活用できるようにし

       ていかなければならないと考えています。

委  員  長久手合戦430年記念事業では、何を行うのですか。

事務局  まだ、具体的には決まっていません。生涯学習課のみでなく、たつせがある課における観光事業という

      視点も含めて、連携した市の事業として実施していきたいと考えています。

委  員  色金山の茶室のPRを積極的に行っていただきたいと思います。古戦場などを含めたパンフレットを作成

      し、皆さんに回ってもらえるようにしてはいかがですか。

事務局  今後、考えていきたいと思います。

委  員  放課後子ども教室が資料にありませんが、どうなったのですか。

事務局  平成25年度から子育て支援課に所管を変更して実施しています。

 

事務局 1.イ 平成こども塾について説明

委  員 平成こども塾の施設の前は、竹林が密生しています。イノシシが出たという話も聞きます。子どもたちの

      安全を考えて、見通しの良い場所にしていかなければならないと思います。

事務局 確かに、暗いということはあります。平成こども塾は、周辺の竹林を借地で利用させていただいていま

      す。土地の所有者と相談し、子どもたちが安全に活動できるようにしていきます。

委  員 平成こども塾へ行くには、交通の便が悪くないですか。

事務局 土曜日や日曜日は、平成こども塾へのNバスが運行されますが、平日は、ありません。子どもたちもプ

       ログラムに参加する際には、保護者に送迎してもらっています。

委  員  交通量が多くなってきています。安全面に気をつけてください。

 

事務局 1.ウ スポーツ係について説明

委  員  がんばらっせ長久手スポーツクラブのピラティス教室とは、何をするのですか。

事務局  健康体操の一種です。

委  員  市内において、民間が実施しているサッカークラブや野球クラブを把握していますか。

事務局  正確なクラブ数は、把握できていません。市内の体育施設を使用する場合は、団体登録が必要となる

        ため把握できますが、体育施設以外を利用して活動している団体の把握は困難な状況です。

委  員  学校の部活動指導において、教員の負担が大きくならないように民間の団体を活用することは考えら

       れませんか。

事務局  学校教育と部活動で教員の負担になっていることがあるということは承知しています。長久手市内の場

       合、一般の方が外部コーチとして指導を手伝っていただいているという事例もあります。しかし、学校が

       すべてを民間に任せるということもできません。土曜日、日曜日の部活動へ市民の方が入り、力を貸し

       ていただくことができるのかという可能性も、学校と相談しながら探っていきたいと思います。

委  員  スポーツターミナル構想とは、何をするのですか。

事務局 長久手市は、60,000人を超える人口を想定しています。したがって、人口に対して施設が足りておらず、

       老朽化しているものもあります。そのために、体育施設の抜本的な見直しを行い、将来的な構想づくり

       をしていくというものです。この構想づくりに関して、社会教育委員会に進捗状況を報告し、ご意見をい

       ただきたいと考えています。

 

事務局  2.文化の家について説明

委  員  文化の家の市民優先予約制度を本格実施しないということは、どういうことですか。

事務局 文化の家は、ホールの稼働率が非常に高いため、市民利用の優先枠を設けて一般予約の前に部屋を

      予約できるようにしてほしいという要望がありました。そこで、1年間の試行期間を設けて実施しました。

      その間、検証と話し合いを公募の市民と行ってきました。その結果、市民優先予約制度は、市民の利用

      者同士で枠の奪い合いが生じたり、誰もが利用できる公共施設の平等性に欠けるなど意見があり、本

      格実施をしないこととしました。

委  員 文化の家は、全国的にも誇れる施設であるという評判です。たくさん使ってもらえるようにしていってくだ

      さい。

事務局 はい。

委  員  文化の家新聞掲載記事広告換算とは、どういうものですか。

事務局 新聞に記事として掲載されたものを広告費として換算したものです。発行部数、掲載スペースによって

      新聞社各社の単価が決められており、広告効果が算定されます。文化の家は広告費をかけていません

      が新聞に取り上げてもらい、いかに宣伝効果を上げていくかということで、新聞記事として掲載されたこ

      とによって、8,000万円ほどの広告効果があったと考えられます。

委  員 実際には、広告費を使わずに宣伝しているということですね。

事務局 はい。

委  員 社会教育委員がモニターになることはできるのですか。

事務局 映画会、ガレリアコンサート、小中学校へ出向いて行う事業などがあるので、それを見ていただいたご

      意見がいただきたいと思っています。

委  員 小学校の巡回指導は、月8回ということですが、1校8回ですか。

事務局 今年度は、3校を対象としています。西小学校、北小学校、南小学校です。希望があった学校が対象と

      なります。

委  員 案内をいただけるといいと思います。

事務局 ご案内を差し上げるようにします。

委  員 今後、文化の家の大規模改修が必要となってきますが、ステージを固定してしまうのですか。

事務局 現在、森のホールでは、8パターンのステージが作れるのですが、あまり利用されていないパターンもあ

       ります。利用状況にあわせて改修の計画をしていきたいと思います。

委員長 全般的なことでご意見やご質問はありませんか。

委  員 スポーツ施設や平成こども塾において、借地が非常に多いです。それを整理して、必要であれば施設を

      統合しながら、広い土地で運営を続けていくことが課題となります。また、平成こども塾は、産業緑地課、

      小学校や教育総務課、子育て支援課との連携を図っていることがあると思います。その内容が社会教

      育委員に伝わっていないように思います。今後、そういったことも含めて報告をしていただきたいと思い

      ます。

事務局 はい。

委員長 他にご意見やご質問はありませんか。無いようですので、進行を事務局へお返しします。

 

<その他>

事務局 その他として、参考資料1「平成26年度社会教育委員会関連事業予定表」をご覧ください。今年度、社

      会教育委員の方に出席をお願いする事業をまとめています。お忙しいとは思いますが、ご出席をお願い

      したいと思います。また、この予定表以外にも、ご出席をお願いするものが出てくると思いますので、そ

     の都度、お願いしていくこととなりますのでご承知ください。

     次に、次回以降の日程ですが、参考資料2「平成26年度社会教育委員会の日程」をご覧ください。次回

     以降の開催予定月を記載しております。その中で、7月17日、8月8日の開催を決定したいと思います。

     ご多忙のところ申し訳ありませんが、ご出席をお願いします。

 

 【会議資料】

  次第(PDF:210KB)

 長久手市社会教育委員の役割について(PDF:203KB)

 平成26年度の主な事業について(PDF:923KB)

 参考資料1(PDF:59KB)

 参考資料2(PDF:34KB)

 

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

くらし文化部生涯学習課 

電話:0561-56-0627(生涯学習係)・0561-63-1000(スポーツ係)

ファックス:0561-62-1451(生涯学習係)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?