ホーム > 市政情報 > 会議情報 > 会議録一覧(平成25年度) > 平成25年度第1回長久手市社会教育委員会

ここから本文です。

更新日:2019年6月14日

平成25年度第1回長久手市社会教育委員会

開催日時

平成25年8月7日(水曜日)10時00分から11時40分まで

開催場所

長久手市役所 西庁舎 2階 第7会議室

出席者氏名(敬称略)

委員 岩田猛 田中スエ子 松田真由美 川本達志 川岸克枝 梛野千鶴 二木啓子 小粥恵 中村浩章 安田典正
事務局 教育長 くらし文化部長 くらし文化部次長 生涯学習課長 文化の家事務局長 中央図書館事務局長 生涯学習課スポーツ係長 生涯学習係長

審議の概要

⑴ 委員の異動について
⑵ 委員長・副委員長選出について
⑶ 平成25年度の主な事業について

公開・非公開の別

公開

傍聴者人数

1名

問合先

生涯学習課 電話:0561-56-0627

会議録

議題1 委員の異動について

各委員と事務局全員の自己紹介をした。

議題2 委員長・副委員長選出について

委員からの推薦で委員長に岩田猛氏、副委員長に田中スエ子氏が選任。

議題3 平成25年度の主な事業について

事務局 1ア 生涯学習係関係について説明
委員 学び・アイ講座の審査で1講座あたり受講料の金額で議論となったのは、どういう経過か。
事務局 過去に議論となったのは、市が開催する公民館講座として受講料が高額であるのは、問題ではないかとの意見がありました。
しかしながら、以前の審査でも1講座で高額であると判断できる金額が、例えば、5,000円以上で高額との意見もあれば、講座の内容によって材料費がどうしても必要であるので、受講生が納得して応募すれば認めるべきとの意見もあり、結論に至りませんでした。
また「学び・アイ」は、講師の育成も考えているので、講座の上手でない講師もいるが、この講座で高額な受講料を徴収するのは問題でないかとの意見もありました。
委員 今回の「学び・アイ」講座は、予算内で成立する予定となっていますか。
事務局 これまでの成立率から予算内で収まる予定です。
委員 審査基準は、どうようになっておりますか。
事務局 「学び・アイ」講座の募集要項にもあるとおり、公民館講座であるので社会教育法上の問題のあるもの、講師の日程や時間の都合で場所を確保できないもの、個別相談するもの、市の講座として相応しくないと判断したものをお断りしています。
委員 講座が終わった後に、まだ続けたいという要望がありますか。
事務局 公民館講座はきっかけづくりの位置付けで考えており、4回の講座で全て学べるとは考えておりません。
このため市としては、講座終了後、任意の受講生が自主的にサークルを設立し、引き続き生涯学習を推進して貰うように講座開始の時に伝えています。
講座からサークルが設立されると、「育成サークル」として公民館を1年間無料で貸出しています。
委員 市民の皆さんが自主的にサークルをつくり、学んでいくのが理想だと思いますが、公民館講座から設立したサークルはありますか。
事務局 毎年、5~6程度「育成サークル」が設立されています。
委員 図書館や文化の家などに広がって行くと良いのではないか。
事務局 各論から入って分かりにくいと思いますが、長久手市の生涯学習については生涯学習基本構想がありまして、これに基づいて公民館講座を開催しています。
また、社会教育法に基づく公民館は、長久手市西庁舎の3階しかありません。長久手市で講座を開催しているのは、文化の家や福祉の家でも開催しております。どういった講座を開催しているかは、生涯学習課でも把握していますが、今度、どうように長久手市の生涯学習を連携していくか、市民の皆様に伝えていくかを生涯学習基本構想の作成時に検討していきたいと考えています。今、皆様に審査いただいています、「学び・アイ」講座については、講師の育成もしながら、受講生も学んでいく講座となっております。そういった観点で議論いただければと思います。
委員 事務局が24講座の内容が問題ないと考えており、委員会としても問題と考えます。

事務局 1イ スポーツ係関係について説明

委員 総合型地域スポーツクラブにある講座は人気のある講座ばかりで、知られていなくても地道にやっている
スポーツを普及するような考え方はないですか。
事務局 この総合型地域スポーツクラブは、自主運営が基本となっております。このため人気のあるスポーツでないと自主運営に妨げとなってしまうので、人気あるスポ―ツを選ぶ傾向にあります。
委員 民間企業なら営利の視点から運営を考えても良いのでしょうが、行政がそのような営利の視点から進めても良いのでしょうか。
事務局 総合型地域スポーツクラブは人気のある種目を開催し、市主催のスポーツ教室も存続開催していますので、そこで取り入れていくことも選択肢として考えています。
委員 市民が様々なスポーツに参加できる機会を提供していくことも行政の施策として実施する必要があるのではないでしょうか。
事務局 確かにそのようなこともありますので、今後、方向性について検討したいと思います。
委員 総合型地域スポーツクラブの年会費は、いくらですか。また市主催の講座には年会費はありますか。
事務局 市主催講座に受講料はありますが、年会費は貰っていません。総合型地域スポ―ツクラブは、大人1000円、中学生以下の子ども500円となっており、最初の講座の申込時に受講料と一緒に貰っています。
委員 総合型地域スポーツクラブの受講料はいくらですか。
事務局 講座によって受講料は様々です。
委員 講座の開講時間が午後からが多いですか、統計的に何か理由がありますか。
事務局 統計的なものはありませんが、午後の開催が利用者にとって参加しやすいと考えています。
委員 午後から開催であると、夏の季節だと暑いので、受講生の募集状況により時間を変更することはありますか。
事務局 一度募集した講座の時間の変更はありませんが、開催時間についての要望は参加者から沢山ありますので、その都度検討しています。

事務局 2文化の家関係について説明

委員 文化の家の講座は、入場料が無料の事業と有料な事業がありますか。
事務局 資料に記載がありませんが、入場料が無料と有料な事業の両方があります。
委員 採算についてどうのように考えていますか。
事務局 客席の数や委託する値段とか様々な費用が必要になります。そういった状況から入場料を考えていますが、市民の皆様に入場し易い料金も考えていく必要があります。基本的に入場料で事業の50%以上の回収率を目標に入場料を設定しています。
委員 現在の状況はどうですか。
事務局 昨年度は委託費に対して、これは入場料が有料と無料の事業も含まれた率になりますが、入場料収入は47%の回収率になっています。
委員 その対策はどうように考えていますか。
事務局 どうしても客席数などの問題がありますので、入場料で100%回収しようとすると値段が高くなってしまいます。現在は50%以上を目標としています。
委員 文化の家の講座の状況は、どうですか。
事務局 長期講座は14講座ありまして、短期講座は30講座以上を今年度予定しています。
委員 講座の受講生について、市民優先がありますか。
事務局 長期講座については、市民優先で受付しています。空きがでましたら市外の方も受け入れています。
委員 施設の利用についても市民優先枠があったようですが、現在の状況はどうですか。
事務局 ホールについて市民優先枠を実施しています。市民優先枠と言うのは、あくまでも将来的に文化芸術の位置付けが高い団体に関して許可しています。市民優先枠は今年の1月から試行という形で実施しています。
試行としたのは、今後、本当に市民を優先させるのが適当であるかを1年間程度試行しながら、様々な場から市民の意見を聞きながら決めたいと考えています。現在、3団体が市民優先枠の団体になっています。
委員 その基準はありますか。
事務局 文化芸術が目的であること。その文化芸術などが社会的に認知されているか。個人的な講演会であるものは含めていません。あくまでも社会に広く知らしめるような芸術活動を行っている団体としています。
委員 ワークショップの第1回が終わったと聞きました。その時にどのような意見が出たか。また、アイデンカフェについて市民が主体となるのは、なかなか難しいと思いますが、どのような形で一般の方が活躍していますか。
事務局 ワークショップは2部制とし、1部をCOBAさんの講演会を行いました。2部は1部の参加者が自由意見を言って貰いました。具体的には文化の家を使ってしたいことなどの意見がありました。意見で非常に多かったのが、「食」をテーマについてでした。それもあって6月30日のイベントは農家の方やパスタの有名シェフのご協力をいただき、そういった意見を少しは還元できたと考えています。また、アイデンカフェに事務局も参加していますが、可能な限り意見を言わないようにしています。基本的には、そこに来ている参加者、10名から15名程度の参加者の話し合いによって企画を提案して貰い実現する方向で考えています。
事務局 3中央図書館関係について説明
委員 図書館と学校図書のデータを一元化できないのか。
事務局 学校図書に関して個人へ貸出しをしておらず、図書館で予約をして貰い、貸出している。
委員 相互の情報があると子ども達が利用しやすいと思います。取り組んでいる市町もありますが、長久手市の方向性はどうですか。
事務局 図書館は、パソコンで本の貸出し状況が分かりますし、予約もできます。
委員 1年で廃棄処分する本や資料は、どのくらいになりますか。
事務局 蔵書点検を毎年実施しており、今年はリサイクル市で2,743冊を出して、246冊は残りました。残りの本などは、不要となった雑誌と一緒に欲しい人に自由に持って行って貰いました。
委員 図書館の2階に展覧できる場所もあるので、有効利用が出来ないかと思いますが、どうですか。
事務局 先週、書道展がありました。通年で様々に利用していますが、利用が無い場合は、版画や絵画を飾って、観賞して貰う工夫をしています。
委員長 説明全般を含め質問はありませんか。無いようですので、進行を事務局へお返しします。

 

 

資料

次第(PDF:101KB)

資料(PDF:976KB)

資料(P11~P14)(PDF:259KB)

 

 

その他

事務局 11月13日(水曜日)の県社連東尾張支部研修会が文化の家で開催されますが、時間が決まりました。13時30分からの開催となりましたので、ご多忙のところ申し訳ありませんが、ご参加をお願いします。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

くらし文化部生涯学習課 

電話:0561-56-0627(生涯学習係)・0561-63-1000(スポーツ係)

ファックス:0561-62-1451(生涯学習係)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?