ホーム > 市政情報 > 会議情報 > 会議録一覧(平成24年度) > 平成24年11月定例教育委員会

ここから本文です。

更新日:2012年12月25日

平成24年11月定例教育委員会

開催日時

平成24年11月8日(木曜)9時30分から12時30分まで

開催場所

長久手市役所 北庁舎2階 第5会議室

出席者氏名
(敬称略)

  • 委員長 近藤勝志
  • 職務代理者 加藤貴志子
  • 委員 横田真規子
  • 委員 加藤正雄
  • 教育長 青山守孝
  • 事務局

    • 教育文化部長 松井豊明
    • 教育文化部次長兼
    • 教育総務課長 布川一重
    • 指導室長 夏目知好
    • 指導主事 名倉 健
    • 生涯学習課長 小林和美
    • 中央図書館事務局長 山田高司
    • 文化の家事務局長 加藤登美子
    • 給食センター所長 山口浩二
    • 教育総務課課長補佐 高崎祥一郎
    • 教育総務課庶務教育係長 水野徳泰

欠席者氏名
(敬称略)

なし

審議の概要

  1. 決定承認事項

    • (1) 教育に関する事務の管理及び執行の点検及び評価の結果について
    • (2) 後援・推薦名義の使用について
  2. 報告事項

    • (1) 後援・推薦名義の使用
    • (2) 教育委員会各課等からの報告
  3. 議題

    • (1)決定承認事項 要保護・準要保護の認定《非公開》
    • (2)12月議会提出議案について《非公開》
  4. その他

公開・非公開の別

公開

傍聴者人数

1名

問合先

教育総務課 電話:0561-56-0625

会議録

委員長 ただいまから、平成24年11月定例教育委員会を始めます。本日の議事録署名者は、青山教育長にお願いします。それでは、はじめに、決定承認事項、資料1について、教育総務課から説明をお願いします。
事務局 資料1「教育に関する事務の管理及び執行の点検及び評価の結果について」です。これは、地方教育行政の組織及び運営に関する法律に基づいて行っているもので、教育委員会の各担当課が自らの事務内容を点検し、点検・評価シートにまとめました。この点検・評価シートを中心に学識者の意見をいただいています。学識者の方は、2人です。愛知淑徳大学教授の古井先生と愛知県立大学准教授の内田先生から意見をいただきました。報告書の内容としては、点検及び評価の対象と方法や行政組織・事務分掌の説明、教育委員会全体の基本方針及び目標、評価委員による評価の総括、そして教育委員会各課が作成し、評価委員が意見を付した点検・評価シートで構成されています。今日は、この内容についてご意見などをいただき、承認していただきましたら、12月議会に提出したいと考えています。
委員長 資料1について、なにかご意見はありますか。
委員 平成23年度の成果や問題点がまとめてありますが、平成22年度の報告書が反映されているのですね。
事務局 はい、そうです。
委員 平成22年度と比較する必要があるのではないですか。目標は、いつまでに何を実施するというものであって、何がどれだけできたのかということを示さなければならない。平成24年度も目標を設定し、それに向けて事業を進めていかなければいけないと思います。
事務局 この報告書は、平成23年度を振り返った内容であり、それを評価していただいていますが、重点目標は、その性質上毎年変わるものではありません。報告書自体を分かりやすくする必要があると思いますが、内容を細かくしすぎると、全体が評価できなくなってしまいます。北中学校の建設というような具体的なものは、細かく評価できるのですが、事業の種類によっては、数字で表現できないものもあります。
委員 長期、中期、短期で考えてもらえればよいと思います。細かくする必要はないでしょう。ただし、年度の途中で目標を設定するということをしてはいけないので、毎年、年度が始まるときには、目標ができていなければなりません。例えば、平成25年度の目標設定は、平成23年度を参考にしてもよいと思います。活動するというようなものでも、具体的に何回実施するのか、実施していなかったものを1回実施するのか、回数を増やしていくのか、成果を出すために何を何回実施するかということを明確にする必要があると思います。毎年、早い時期に目標として設定し、実施していくようにしなければならないと思います。
事務局 表記の方法を来年度に向けて検討したいと思います。教育総務課で統一したものを示します。
委員長 数字を入れることができるものは、入れてもらい、表記方法を直すことができるものは、直してください。全体を変更することではなく、特に回数を表記する項目について再考してもらいたいと思います。
委員 12ページ2行目の「具体の」という表現が、分かりにくいと思いました。
事務局 文脈を再検討します。
委員 13ページ4行目に「旧来の受動的で知識偏重、机上の空論的学習を受け」という部分がありますが、「机上の空論」というは、教育委員会を自己否定的に捉えているように思えて、いかがなものかと感じました。できれば直してもらいたいと思います。
事務局 評価委員の先生に書いていただいた部分であるため、表現方法を委員と確認・調整します。
委員 平成23年度の報告書が、この時期にできてきますが、この時期では次の年度に反映できないと思います。また、難しい言葉もあり、市民に理解してもらえるものなのかと感じました。例えば、7ページ(11)の「今日的な課題」という言葉などです。
事務局 具体性を高めた分かりやすい表現に改めます。作成時期についても、見直したいと思います。これまでは、決算が終わってから作成を始めていましたが、早い時期に作業にかかるようにしていきたいと思います。
委員 本来、年度が終わって3か月程度で作らなくてはいけないと思います。4半期ごとに作成できるものにしておけば検証もできるものになります。年度が終わってから作り始めるのではなく、年度中でも記入ができるものにしてはどうですか。
事務局 これが教育委員会のすべての点検、評価というわけではありませんが、中・長期的な視点も取り入れて、改版していきたいと思います。また、市として、行政評価も実施していますので、それにもあわせるように考えていきたいと思います。
委員 評価委員の方は、現場を知っているのですか。
事務局 学校評議員もお願いしていますので、学校現場はご存知です。
委員 長久手をよくするためにも、実情に合ったものを作成してください。
事務局 ご意見いただいた内容を反映していきます。今回は、修正できる部分を改めて、議会へ報告したいと思います。
委員長 他にご意見はありますか。ないようですので、この件については承認してよろしいですか。
委員 異議なし。
委員長 それでは、資料1は承認します。続いて、後援・推薦名義の使用について、資料2の説明を中央図書館からお願いします。
事務局 資料2「講演会「子どもといっしょに育ち合う―絵本を通してつくる親子のつながり―」の後援名義申請ですが、申請者は、愛知県立大学生涯発達研究所です。開催期日は、12月15日、場所は愛知県立大学です。内容は、絵本作家の徳永満理さんに、絵本を通して子どもが育む世界を話してもらうことにより、子育てや子どもとの関わりを考えるというものです。これについては、審査基準に適合していますので、ご審議いただければと思います。
委員長 資料2について、なにかご意見はありますか。
委員 対象者に一般市民も含まれていますが、告知をどのようにするのですか。
事務局 詳細には聞いていませんが、チラシを作っているので、それを活用して告知していくのだと思います。
委員長 他にご意見はありますか。ないようですので、この件については承認してよろしいですか。
委員 異議なし。
委員長 それでは、資料2は承認します。続いて、資料3の説明を生涯学習課からお願いします。
事務局 資料3「モリコロパークde地元グルメ」の後援名義申請ですが、申請者は、一般社団法人仕事ノアル暮らしです。開催期日は、12月16日、場所は愛・地球博記念公園 食の広場です。リニモ調査研究会の支援事業に採択されており、内容は、リニモの利用促進行事、B級グルメ、地産地消としての地元野菜の販売、クイズなどを行うものです。これについては、審査基準に適合していますので、ご審議いただければと思います。
委員 この団体がこういった催しを行うのは初めてですか。
事務局 はい、初めてです。
委員 この団体の設立日はいつですか。
事務局 平成23年8月4日となっています。
委員 補助金があるのですか。
事務局 愛知県から50万円あります。
委員 市の補助金はあるのですか。
事務局 ありません。
委員長 他にご意見はありますか。ないようですので、この件については承認してよろしいですか。
委員 異議なし。
委員長 それでは、資料3は承認します。続いて、報告事項、資料4、5、6について、生涯学習課から説明をお願いします。
事務局 資料4「とびねこまつり2012」の後援名義申請ですが、申請者は、愛知県立大学人形劇サークルとびねこです。開催期日は、12月16日、場所は愛・地球博記念公園地球市民交流センターです。内容は、人形劇公演を通して集団遊びや工作をすることにより、子どもとふれあうことを目的としたものです。これについては、過去に実績もあり、審査基準に適合していますので、教育長の専決処分としました。次に、資料5「講演会 7カ国語で話そう」の後援名義申請ですが、申請者は、言語交流研究所ヒッポファミリークラブです。開催期日は、平成25年3月6日及び9日、場所は文化の家です。内容は、多言語活動の理論と体験を講演することで、多言語活動の啓発を目的とするものです。これについては、過去に実績もあり、審査基準に適合していますので、教育長の専決処分としました。資料6「ウィンターフィールド2013~共同生活から冬の自然体験・ウィンタースポーツ~」の後援名義申請です。申請者は、特定非営利活動法人アルクス教育研究所です。開催期間は、平成24年12月24日から平成25年3月30日までで、場所は福井県大野市六呂師地区周辺です。内容は、福井県大野市の自然豊かな環境を利用して、雪遊び体験、スキー・スノーボード体験、交流会等を通して様々な人との付き合い方を学び、人間形成の土壌をつくることを目的としたものです。期間中に6回の体験を予定しています。これについては、過去に実績もあり、審査基準に適合していますので、教育長の専決処分としました。
委員長 資料4から6について、なにかご意見はありますか。
委員 資料6について、開催中の現場を見たことがありますか。
事務局 ありません。
委員 長久手から参加する人もあるのですか。
事務局 あります。
委員 団体確認や現場確認は必要です。教育委員会が後援しているということで、申込者も安心するのではないでしょうか。大野市教育委員会へ問い合わせてみてはどうですか。
事務局 地元の教育委員会へ問い合わせてみたいと思います。意見を聞くことができれば、今後の参考にしたいと思います。
委員長 他にご意見はありますか。ないようですので、資料4から6については承知してよろしいですか。
委員 異議なし。
委員長 それでは、資料4、5、6は承知します。続いて、資料7,8について、文化の家から説明をお願いします。
事務局 資料7「第183回例会 さんしょう大夫」の推薦名義申請です。申請者は、日進おやこ劇場です。開催期日は、平成25年2月2日、場所は文化の家です。内容は、普遍的な「人間の愛」を描いた、東京ミュージカル・アンサンブルの公演を鑑賞することで、子どもたちの創造力を育むことを目的としたものです。これについては、過去に実績もあり、審査基準に適合していますので、教育長の専決処分としました。次に、資料8「第184回例会 すてきなさんにんぐみ」の推薦名義申請です。申請者は、日進おやこ劇場です。開催期日は、平成25年2月22日及び23日、場所は文化の家です。内容としましては、子どもたちの大好きな絵本を原作とした、人とつながって生きることがすてきなことであると感じる舞台劇を鑑賞することで、子どもたちの創造力を育むことを目的としたものです。これについては、過去に実績もあり、審査基準に適合していますので、教育長の専決処分としました。
委員長 資料7,8について、なにかご意見はありますか。ないようですので、資料7,8については承認してよろしいですか。
委員 異議なし。
委員長 それでは、資料7,8は承認します。報告事項の後援・推薦名義の使用は、これで終了します。
続きまして、教育委員会各課からの報告で資料9、10を生涯学習課からお願いします。
事務局 資料9「施設利用状況」です。施設の利用状況は、資料に記載したとおりとなっています。10月28日に色金山歴史公園において、茶会を開催しました。本年度の来場者は、232人でした。昨年度が289人、一昨年度が294人でしたので、減少となっています。これは、当日の天候が雨であったということが、影響していると考えています。資料10「長久手市体育施設月別利用状況」です。愛知医科大学のプールの利用状況ですが、8月、9月に比べて、減少しています。これは、開放回数が3回であったということが影響しているのではないかと考えています。杁ケ池テニスコートと市民野球場のナイターが10月で終了しています。また、スポーツの杜のナイターは、11月で終了します。
委員長 資料9、10について、なにかご意見はありますか。
委員 スポーツの杜の契約期限が迫ってきています。様々な条件があって厳しい状況であると思います。これは、生涯学習課のみでなく、長久手市として対応を考えていかなければならない大きな問題であると思います。生涯学習課長が中心となって、対応していくことになると思いますが、チームを組んで最大限の努力をしていかなければならないと思います。
事務局 平成26年3月31日で借地期間が終了するため、市の方針として買収をしていきたいと考えています。11月中に地権者と交渉していきたいと考えています。
委員 万全の態勢でチームを組んで、市全体で取り組んでいただきたい。あらゆる案を持って、対応していただきたい。市議会議員の皆さんにも協力していただいて、市全体で取り組むという姿勢でなければ、乗り切れません。行事によっては、数年後にスポーツの杜を会場として実施予定のものもあります。その予定に変更が生じてしまうことも危惧しています。
事務局 まずは、生涯学習課が担当課として、対応に当たります。担当課のみで対応できない場合、教育委員会部局で対応します。11月中旬から進めていきたいと思います。早めに対応し、地権者の方のご了解をいただいていきたいと思います。
委員 今の話は、どういうことですか。
事務局 過去にも何回か報告をしていますが、スポーツの杜の土地の話です。もう一度、概要を説明します。スポーツの杜の敷地約45,000m2を買収する予定です。20年間の借地をしていましたが、平成26年3月31日が期限になっています。今後も、継続して使用するために、用地買収をしていきます。
委員 地権者は、何人ですか。
事務局 9人です。
委員 新たに他の場所で整備をすると、お金がかかるからですか。
事務局 これまでの投資もあり、用地買収が効率的であると考えています。
委員 土地をすべて買わなければいけないのですか。
事務局 これからも必要な施設であり、安定した使用をするために買収する必要があります。
委員長 他にご意見はありますか。続きまして、資料11を中央図書館からお願いします。
事務局 資料11「長久手市中央図書館利用状況」です。現在、外壁工事を行っていますが、入館者数に大きな変化はありません。ただ、図書館の開館を確認する問い合わせは、何件かいただいています。その他、文化の家の予約ができなかった場合に、ダンスや子どもさんの体操等を図書館で開催するようなグループもありますが、特に変わったことはありません。10月のお話会は、5回開催しました。239名が参加しました。外壁工事の進捗状況ですが、10月末現在で37%となっています。工事内容は、外壁改修、防水及びその他です。予定では、10月末で35%としていましたので、順調に進んでいます。2月末に完了する予定です。
委員長 資料10について、なにかご意見はありますか。続いて、資料12、13を文化の家からお願いします。
事務局 資料12「長久手市文化の家自主事業報告」です。10月の主な公演は、二兎社公演「こんばんは、父さん」を実施しました。これは、有名な俳優さん3名が出演しました。非常に人気があり、チケットは完売しました。次に、トリプル3演劇は、4公演実施しましたが、集客が難しいものでした。近隣の劇団からオーディションで選ばれた役者が出演しました。チケットの売れ行きが良くなかったので、客席の配置を変更して、ステージを広くする対応をしました。10月20日からアートフェスティバルを開催しました。次回、詳しい報告をしたいと思います。11月としては、本日、「あいであーと」を開催しています。保育園年長園児を対象として、和太鼓のステージを鑑賞した後、バックステージツアーを企画しています。10月の利用状況としては、利用されているのですが、アートフェスティバルで展示やホールを使用していたため、一般の予約が入っていません。最後に、12月号広報に市民の優先予約を実施するという記事を掲載します。これまでは、一般の予約が1年前からとしていましたが、森のホールと風のホールに限って、13から16カ月前に市民の方に限って、予約できるようにします。優先予約ができる団体は、団体登録をしていただき、その団体を審査して、認められたものが1月から申込みできるようにしたいと考えています。次に、資料13「長久手応援ソング投票結果」です。7月のCoBAコンサートで長久手応援ソングの投票を呼びかけました。4曲で投票していただいた結果、「クーテシガーナ」が1位になりました。これが長久手の歌になるということではありませんが、楽譜は、文化の家で配付するようにしています。これから、市内の学校やイベントで使っていただきたいと思います。
委員長 資料12,13について、なにかご意見はありますか。
委員 稼働率は、定員100人の会場で10人が入場しても稼働率に計算されますが、率の調整をしているのですか。
事務局 発表会のリハーサルや個人の練習でも使えるため、1人の利用でも稼働率として計算しています。
委員 森のホールは、非常に音がいいです。録音で使用することもできます。しかし、市内には、この他に音を出して練習できる施設がありません。音が出せる施設を整備して欲しいと思います。西庁舎研修室や福祉の家集会室も多少使えるのですが、ピアノの調律について配慮をしていただきたいと思います。
委員長 他にご意見はありますか。続きまして、資料14,15、16を給食センターからお願いします。
事務局 資料14「給食費に関するアンケートのお願い」です。給食の食材費高騰のため、給食費を改定したいと考えています。来年度の見通しとして、現行の金額であれば、現在の質を維持することも難しくなってきます。そのために、保護者へのアンケートを実施し、理解していただけるよう努力したいと考えています。説明の内容としては、近隣市町と比較して、長久手市が20円補助している点を理解していただきたいと思います。以前の水準に戻すには、小学校で240円、中学校で280円必要となります。改定後は、イラストのような給食が可能になることを表示しました。アンケートの内容は、「給食費の値上げについてどのように考えるか」、「市の給食費補助をどのように考えるか」として、自由に意見を記入できる欄を設けました。アンケートは、各校に配布し、11月中に回収したいと考えています。
資料15「学校給食献立表」です。11月15日が「あいちを食べる学校給食の日」となっています。今年度から年3回となり、これが2回目となります。にんじん、大根、こまつな、さつまいも等をあぐりん村から購入します。
資料16「保育所給食献立表」です。保育所給食では、初めての試みとして、てんぷらうどんを実施しました。給食センターでの手作りのかき揚げを使いました。今後も、使っていきたいと思います。
11月15日、第1回給食センター見学会及び試食会を計画しています。30名の定員で募集をかけ、すでに満員となっています。1学期に1回実施していきたいと思います。次回は、1月30日を予定しています。
委員長 資料14、15、16について、なにかご意見はありますか。
委員 給食費は、現在いくらで、改定後がいくらになるのか。また、補助をやめるのか。そういったことを記述しなければならないと思います。
事務局 そういった内容をアンケートで意見を聞きたいと思っています。
委員 食材費の負担ということであれば、豊作や不作によって、食材費が増減します。そうすると、増額した金額よりも安くできることもあるのではないですか。
事務局 食材費が安くなれば、高い食材を使って、質の高いものが提供できることになります。
委員 市の補助金は、継続するとして、現在がいくらで、それがいくらになるのかというところをもっと強調してはどうですか。
委員 改善される内容をイラストで示すと、こんなものはいらないから、もっと安くしてほしいという意見も出てくるのではないでしょうか。具体的すぎるような気がします。おいしい給食にするという文章の方がよいのではないですか。
事務局 現場の声として、子どもたちは、フルーツなどのデザートが少ないことを不満に思っています。「牛肉も食べたい」、「クロワッサンの方がよい」など様々な不満があります。保護者が子どもと一緒に考えてもうためにはイラストがあるとわかりやすいと思います。そして、子どもの意見を取り入れてもらいたいと思います。子どもたちにとって、セレクト給食がなくなったことが一番のショックだったようです。セレクト給食と手作り品を楽しみにしていました。
委員 意見集約をして、多数決とするのですか。
事務局 はい、その方針です。
委員 セレクト給食を再開するのですか。
事務局 可能であればそうしたいと考えています。
委員 参考として記載してある表は、現在の負担額と改定後の負担額を分かりやすく表記してください。
事務局 わかりました。
委員長 他にご意見はありますか。続きまして、資料17を教育総務課からお願いします。
事務局 資料17「平成こども塾 丸太の家 かわら版11月号」です。11月は、市民まつりで焼きいもを実施する予定です。平成こども塾がブースを設けて、子どもたちが販売をします。平成こども塾サポート隊が市民まつり実行委員会へ参加し、準備を進めてきました。12月には、門松づくりや餅つき体験など年末に向けたプログラムを実施していきます。また、学校連携も順調に実施しており、たくさんの小学生が体験に訪れています。次に、「第三中学校の工事進捗状況」です。10月の状況ですが、これまで、校舎を覆っていたブルーのシートが外れ、全景を見ることができるようになりました。体育館の内部で特徴的なことは、天井の部材を取りつけていません。したがって、天井がむき出しになっています。これは、東日本大震災で問題になった非構造部材の落下防止に配慮したためです。校舎と体育館には、北中学校のシンボルになるテント状の大屋根が架かっています。現在は、外からこの大屋根を見ることができます。12月の定例教育委員会では、委員の皆さんに現場を見ていただく予定をしています。開校の準備としまして、平成25年1月10日、文化の家において、新設校に通学する生徒の保護者を対象に開校説明会を予定しています。母体校の長久手中学校が中心となって、学校の概要説明、学校運営の説明を行います。また、平成25年3月2日、地域の方や保護者の方に集まっていただいて、植樹祭を行う予定です。3月10日には、竣工式を予定しています。
委員長 資料17について、なにかご意見はありますか。
委員 長久手中学校から北中学校へ生徒が移ってしまうため、人数が減って部活動ができなくなるということはありませんか。
事務局 現在の部活動を基本として考えています。長久手中学校の人数が減るために、部活動が成立しなくなるということはないと思います。
委員長 他にご意見はありますか。教育委員会各課からの報告は、これで終了します。その他として、教育総務課からお願いします。
事務局 11月11日の市民まつりに、北小学校の児童が参加します。11月15日に長久手中学校で学校訪問を行います。授業を見ていただいて意見をいただきたいと思います。11月28日、長久手市PTA連絡協議会教育懇談会が開催されます。1月下旬から2月上旬で愛知地区教育委員会連絡協議会視察研修を予定しています。1月31日には、長久手市教育委員会研修も予定しています。最後に、卒業式ですが、中学校が3月7日、小学校が3月19日となっています。
委員長 他にありますか。ないようですので、これにて公開部分の教育委員会を終了します。

会議資料

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会教育総務課 

電話:0561-56-0625

ファックス:0561-63-2100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?