ホーム > 市政情報 > 会議情報 > 会議録一覧(平成24年度) > 第2回新設中学校開校準備委員会

ここから本文です。

更新日:2012年8月20日

第2回新設中学校開校準備委員会

開催日時

平成24年7月18日(水曜日)13時30分から15時まで

開催場所

長久手市役所 西庁舎2階 第7会議室

出席者氏名
(敬称略)

  • 委員長 志水文崇
  • 副委員長 安田典正
  • 委員 中村浩章
  • 委員 松本智恵美
  • 委員 川本満男
  • 委員 伊原誉子
  • 委員 村瀬美喜
  • 委員 杉山やよい
  • 委員 加藤良行
  • 委員 肥田泰三
  • 委員 浅井光日出
  • 事務局
    • 教育長 青山守孝
    • 教育文化部長 松井豊明
    • 教育文化部次長兼
    • 教育総務課長 布川一重
    • 指導室長 夏目知好
    • 指導主事 名倉 健
    • 長久手中学校教頭 木村吉男
    • 教育総務課長補佐 高崎祥一郎
    • 庶務教育係長 水野徳康
    • 施設係 水谷一義

欠席者氏名
(敬称略)

なし

審議の概要

  1. 教育長あいさつ
  2. 要綱の説明
  3. 委嘱状の交付
  4. 委員長あいさつ・委員自己紹介
  5. 報告
    • (1)第1回新設中学校開校準備委員会の内容
    • (2)学校名決定の報告
    • (3)新設中学校建設進捗状況の説明(工事写真等)
    • (4)学校での事前準備状況の報告
      • 制服
      • ジャージー・ウインドブレーカー
      • 校章・校歌
      • 部活動
    • (5)その他
      • 絵画の寄附

公開・非公開の別

公開

傍聴者人数

3名

問合先

教育総務課 電話:0561-56-0625

会議録

司会 ただいまから、第2回新設中学校開校準備委員会を始めます。なお、この検討委員会は、公開で行いますのでよろしくお願いします。では、はじめに、教育長からあいさつを申し上げます。
教育長 (教育長あいさつ)
司会 本日は2回目の会議ですが、年度が変わり、事務局員も一部変わっていますので、事務局の自己紹介を簡単にさせていただきます。(事務局職員 自己紹介)
司会 では、次第2、要綱の説明について、事務局からご説明します。
事務局 この委員会の要綱の概要を説明いたします。まず第1条(設置目的)です。この委員会は、北小学校区内に新設される中学校の開校準備を円滑に推進するため設けられました。次に第2条(所管事務)のうち、特に校名については、第1回の会議で活発にご意見をいただき、アンケートも行いました。詳しくは後ほどご説明します。次に、この委員会の組織は、第3条に示してありまして、(1)から(3)の皆さまに今日集まっていただいております。また、委嘱状の交付については、失礼ではありますが、今回、皆さまの机の上にお配りして交付させていただきました。任期は第4条のとおり新設中学校開校までとなっております。仮に役員の人が変わられる場合は、お手数ですが、後任の方に引き継ぎをお願いいたします。委員長と副委員長は、長久手中学校長、南中学校長としましたので、本日すでに、その席に座っていただいております。要綱の概要説明は以上です。
司会 では、先ほど要綱の中で説明がありました、委員長である長久手中学校長からごあいさつをお願いします。(委員長 自己紹介・あいさつ)
司会 ありがとうございました。年度変わりで委員さんも変わっておられます。それぞれの委員さんも簡単で結構ですので、一言自己紹介をお願いいたします。(副委員長以下、各委員自己紹介)
司会 では、会議を進めていきたいと思います。ここからの進行は委員長にお願いします。
委員長 それでは、報告の(1)第1回新設中学校開校準備委員会の内容について、事務局から説明をお願いします。
事務局 第1回の新設中学校開校準備委員会は、平成24年2月22日に開催されました。まず図面等を用いて、学校の形状、規模、設備などの建設概要を説明しました。生徒数が増えた場合の対応策について、校舎西側は増築スペースとして計画されていることも説明しました。次に、学校区については、学区適正化検討委員会で協議した結果、開校時点の学区は北小・西小校区として答申をまとめて教育委員会へ提出し、承認されたこと、そして児童生徒数の推計は、今後も情勢を注視していくことも説明しました。次に、開校準備スケジュールの案の中で、特に学校名について6月の市議会に上程する旨を説明しました。次に、学校での事前準備状況として、市内の二つの中学校で会合をもち、制服、ジャージー、校章、校旗、部活動実質的・具体的に検討してきた内容を説明しました。次に、検討事項として校名は方位を基にする案を提示し、各委員から承認をいただきましたが、広く地域住民の意見を聞くことも必要ではないかとの意見があったことから、対象学区の保護者にアンケートを実施しました。校名については、後ほど経過を詳しく説明します。通学路については、基礎資料となる想定主要通学路を提示し、今後、母体校を中心に関係機関と協議しながら決定していく旨を説明しました。学校開放については、現在行っている体育館・多目的室の開放と同様の仕組みを、新設中学校でも考えていくことを説明しました。第1回新設中学校開校準備委員会については以上です。
委員長 事務局からの説明に、なにかご質問などはありますか。なければ、続いて(2)学校名決定の報告について、事務局から説明をお願いします。
事務局 資料2をご覧ください。校名決定までの流れを事例列に示したものです。平成23年5月の校長会で北中学校が妥当として意見が一致しました。同じく平成23年5月定例教育委員会では、教育行政上、方位を優先とすることが妥当とされました。平成24年2月、第1回新設中学校開校準備委員会が開催されました。このとき、本市はこれまで方位を優先して校名としてきたこと、長久手中学校の次に開校した学校は南中学校となったこと、新設中学校の場所は、長久手市の北に位置していることから、校名は「北中学校」が適切であるとの意見が多数でありましたが、「広く地域住民の意見を聞くことも学校と地域との関わりを深めるために必要ではないか」との意見もいただきました。そこで平成24年2月下旬、校名についてのアンケートを実施しました。新設中学校の対象となる西小学校、北小学校、長久手中学校、南中学校の保護者に学校を通じてアンケート用紙を配布しました。また学区対象地区の自治会を通じてアンケートを実施する旨を回覧にて周知しました。このほか市ホームページでも一般市民向けに周知しました。アンケート期間は2月29日から3月16日まででした。平成24年3月下旬に、アンケートを集計しました。配布枚数1,854に対し、回収枚数1,191、回収率は64.3%でした。このうち「北中学校がよい」とした回答率は97.82%でした。この結果を平成24年4月の定例教育委員会で説明し、審議された結果、「北中学校」が承認されました。平成24年4月下旬、アンケートの結果、4月教育委員会で承認にされたこと、6月市議会に上程する旨を次の方々へ通知しました。通知さし上げたのは、「アンケートを依頼した新設中学校区に該当する地区の自治会」「アンケートを依頼した学校の保護者」「市議会議員」の皆さまです。また市ホームページにも掲載しました。そして平成24年6月27日、長久手市議会 平成24年第2回定例会で、長久手市立学校設置条例の一部改正が議決され、『北中学校』に正式決定いたしました。なお条例の施行日は平成25年4月1日です。以上が校名決定の経緯です。
委員長 今、事務局から説明がありましたが、なにかご質問などはありますか。
ないようですので、続いて、(3)新設中学校建設進捗状況の説明について、事務局から説明をお願いします。
事務局 資料3月1日をご覧ください。校舎部分では、6月上旬をもって最上階の4階のコンクリートをすべて打設しました。1階から鋼鉄製の建具や内装工事を始めました。校舎と体育館に架かる大屋根は9月初めから取り掛かります。体育施設部分では、6月は体育館3階、プール・クラブハウスなどのコンクリートを打設しました。7月は屋根鉄骨を組み立て、下旬から建具・内装工事を開始します。また環境への配慮としては、校舎と体育施設工事のコンクリート打設が重ならないよう調整しました。今後も資材搬入が重ならないように調整を取りながら進めます。資料右下では、7・8月の工程を示しております。説明は以上です。続いて資料3月2日をご覧ください。敷地中央にあったクスノキを6月12日に、正門付近の位置に移植しました。
委員長 今、事務局から説明がありましたが、なにかご意見などはありますか。
委員 工程表は、もっと大きくて、詳しいものを付けてください。
事務局 今回はわかりやすい資料として地域回覧用のものをお配りしましたが、次回は詳細なものをお渡しするようにいたします。
事務局 行事のお知らせです。本市と姉妹都市提携しているベルギー王国ワーテルロー市から、訪問団が来ます。姉妹都市調印20周年を記念して記念樹の植樹が7月26日に催され、同市の文化担当助役が新設中学校建設地を来訪されますので、お知らせしておきます。また植栽工事では、地域の方に苗木の植樹をしていただこうと考えております。
委員 地域に回覧する際にも、大きい工程表を付けられませんか。
事務局 検討いたします。
委員 工事に関して苦情などはありませんか。
事務局 周知がないまま、日曜日に5時以降まで工事を行ってしまったことがあり、苦情となりました。その際は、ご近所の方を1軒1軒まわってお詫びに上がりました。今後、十分注意してまいります。
委員 生コンをたくさん打つ時などはお知らせをしっかりとして、苦情が開校後も尾を引かないように配慮してください。
委員長 続いて、(4)学校での事前準備状況の報告については、母体校である長久手中学校から説明をお願いします。
長中 資料4をご覧ください。制服については、生徒・保護者に極力新たな負担をかけないこと、既存の2校の伝統を受け継ぐことを念頭に検討を進めました。また制服のリサイクルを考慮し、兄弟姉妹や他の家庭からの使いまわしができるようにしています。男子は、冬服は詰襟学生服、夏服は白色開襟シャツ、胸に校名を刺繍。刺繍は、長久手中学校も南中学校も現在同様に施しています。女子は、冬服は紺色セーラー服、黒色リボンで、長久手中学校、南中学校と同じです。夏服は白色セーラー服、黒色リボンです。女子の襟は、長久手中学校は紺地に白2本線、南中学校は白地ですが、これを組み込む形で、北中学校は白地に紺色2本線としました。開校時の2年生・3年生は、男女とも現在着用しているものをそのまま着用してよいわけですが、襟だけ付け替えることもできます。価格は1300円程度となります。ジャージー・ウインドブレーカーは、第二次試作が完成し、検討を進めているところです。9月には最終決定していきたいと考えています。校章・校歌は、学校名が北中学校に決まったことを踏まえ、市内の教員に依頼して制作中です。部活動は、現在、長久手中学校と南中学校にある部活動を基に、北中学校の施設や教員配置などを考慮して、開校してから新しい校長が決定します。次に資料4の別紙をご覧ください。制服・持ち物について記してあります。これらのことを終業式までに全校生徒に、また保護者には9月最初の学年通信でお伝えします。
委員 制服はなぜ変えないのですか。制服を今の子供たちはどう考えているのでしょうか。
長中 子どもたちはセーラー服に愛着をもっています。仮にブレザーをデザインして販売すると、3万円では買えない値段となり、家庭の負担が大きくなります。
委員 制服は必ず買うものですか。
長中 制服のリサイクルも行っています。
委員 制服を40~50年、デザインを変えなくてもいいものでしょうか。
長中 学校としては、大きな問題はございません。
委員 今の生徒が、デザインが変わらない物を好んでいるのでしょうか。時代の流れで、考えてもいいのではと思いました。
委員長 PTA関係の方は、どうお考えになりますか。
委員 現状のままがよいです。近所に卒業する子がいると、それをもらえます。第1子でもそうする話を聞いています。家庭としては、新たに作るよりも経済的に助かると思います。また、こどもはセーラー服が着れることを楽しみにしています。
委員 こどもは、小学校と違い、中学校には制服があるということで、新たな期待をしています。学校は勉強の場であり、規律のある服装がよいと思います。
委員 新1年生への周知はどのようにされますか。
長中 入学説明会などでなされることになると思います。
事務局 小学校への周知方法などは改めて検討します。
委員 保護者も関心があると思いますので、決まったらすぐにお知らせください。
委員 部活は再編成されることが通例だと思いますが、どの部活が残り、どの部活がなくなるのか、生徒に事前に伝えることはできませんか。
長中 人事配置によって決まることなので、あらかじめ示すことは難しいのです。長中でも縮小のため部活を減らす可能性があります。少人数でも部活をやらせてあげたいのですが、明言はできかねます。
委員 学区は決まっていますか。
事務局 決まっています。今の北小学校と西小学校です。
委員 北小学校ができたとき、地元の分会を学区が分断する形になりました。
事務局 分会の区域と学区が合致すればいいのですが、北中学校は先述のとおり小学校区単位となりました。
委員長 続いて(5)その他 絵画の寄附について事務局から説明をお願いします。
事務局 画家で愛知芸術大学名誉教授の日置宏輔氏から、「愛知万博グローバルコモン3(万博百景展)」という絵を寄贈いただきました。飾る場所は今後検討しますが、できるだけ皆様の目に触れる場所にしたいと考えています。その他の報告などです。外構工事を請け負う会社が決まりました。秋にはセットバックによる道路を一部拡張します。また植樹を地域の方にも参加していただきたいと考えております。次回の委員会の日程は調整してお知らせしますが、一度工事現場を見ていただければと思います。
委員 通学路の検討はどんな具合ですか。
長中 本校の交通安全指導部が検討を重ねています。関係小学校のPTAからも御意見を伺っていきます。
委員 長中・南中の子が、そのまま在校を希望することはできますか。
事務局 入学以来の友達といっしょに卒業したいという気持ちはわかりますが、該当地区のお子さんは北中学校へ移っていただくことになります。
委員長 他にありませんか。ないようですので、本日の議題はすべて終了しました。委員の皆さまから活発なご意見を頂戴できましたこと、ありがとうございました。では、進行を事務局にお返しします。
事務局 本日は、長時間にわたり、ありがとうございました。これで第2回新設中学校開校準備委員会を終わります。

会議資料

お問い合わせ

教育委員会教育総務課 

電話:0561-56-0625

ファックス:0561-63-2100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?