ホーム > 市政情報 > 会議情報 > 会議録一覧(平成24年度) > 平成24年度第1回社会教育委員会

ここから本文です。

更新日:2012年7月15日

平成24年度第1回長久手市社会教育委員会

開催日時

平成24年7月4日(水曜日)午後3時00分から午後4時20分まで

開催場所

長久手市役所 西庁舎2階 第9会議室

出席者氏名
(敬称略)

  • 委員 林逸雄 鶴見初美 松田真由美 田中スエ子 平島和子 川本達志
    出口史朗
  • 事務局 教育長 教育文化部長 教育文化部次長 生涯学習課長
    • 生涯学習課主幹 文化の家事務局長補佐 中央図書館事務局長
    • 生涯学習課社会教育係長

欠席者氏名
(敬称略)

志水文崇 柘植昌司

審議の概要

審議の概要

  1. 平成24年度の基本的な方針について
  2. その他

公開・非公開の別

公開

傍聴者人数

1名

問合先

生涯学習課 電話:0561-56-0627

会議録

あいさつ

社会教育委員長

議題1 平成24年度の基本方針について

事務局 (1) 生涯学習課関係 ア 社会教育係 イ社会体育係
生涯学習課関係について説明
委員 社会体育関係で今年度、特に重点をおいて実施していくことはありますか。
事務局 今年度は、総合型地域スポーツクラブの会員数をいかに増やしていくことが重点になると考えています。自主財源と活動場所の確保の問題点を解決していかないと安定した運営になっていかないと思っています。
委員 カローリングとは、スポーツ推進委員が日進市や東郷町の委員と一緒に研究課題となっていた新しいスポーツですよね。杁ヶ池体育館で利用できるのですか。
事務局 平成23年度にカローリングの道具を追加で購入しまして、現在4セット杁ヶ池 体育館にありますので、大会等はやり易くなりました。
委員 実際に利用者はいますか。
事務局 杁ヶ池体育館で活動しているサークルがあり、定期的に利用されています。
委員 総合型地域スポーツクラブ教室に幼児体操教室がありますが、定員を満たしていますか。
事務局 幼児体操教室は定員を超えており、抽選となっております。
委員 社会教育関係で今年度、特に重点をおいて実施していくことはありますか。
事務局 生涯学習基本構想が見直しの時期となっておりますので、時代に合わせた計画を策定したいと考えています。
また、放課後子ども教室についても申し込みが多く、欠員待ちになっている状態ですので、検討課題と考えています。
委員 放課後子ども教室の諸問題について、放課後子ども教室運営委員会で協議していると思いますが、現場を知っている人が参加されていますか。
事務局 ボランティアとして関わっている方も運営委員会の委員として参加されています。
委員 現場で実際に運営しているコ-ディネ-タ-は、運営委員会の委員として参加されていますか。
事務局 委員としては参加していませんが、今後、現場の声を伝える意味でも説明する側として参加する予定になっています。
委員 現場の声を聞きながら学校、行政が一体となって様々な問題を解決して欲しい。
また、社会教育委員でも相談できることがあれば、教えて欲しい。
事務局 ご意見をいただきましたので、今度の運営委員会に反映させていただきます。
委員 文化協会でも、ボラにティアとして6月から毎月、茶道体験活動をしています。
委員 杁ヶ池体育館でも放課後子ども教室のような活動をレクレーション協会が毎週実施しています。参加人数は40名程度です。
事務局 今後、将来にわたり継続的に小学校に空き教室ができる見込みになり、要望がありましたら他の学校でも実施していきます。
委員 総合型地域スポーツクラブのチラシを見かけたが、まだまだPR不足ではないか。
事務局 PR不足は認識しているので、今後充実していきたい。
委員 会費については、これは1回支払うと良いのか。
事務局 会費は年会費となり、それ以外では教室の申し込むをするごとに参加費が必要となります。
委員 定員に満たない教室は実施しないのか。
事務局 総合型地域スポーツクラブにも運営委員会があり、そこで協議します。
開催する曜日や時間によって申込み人数も変化しますので、ある程度の回数を開催した後に逐次検討したいと考えています。
委員 色金山協働事業で4月96人、5月94人、6月86人利用していますが、この事業を今年度から実施して、前年度まで20人程度であったのが格段と増加した。今後も定着して欲しいです。
委員 尾張旭市民が利用したのを聞いたところ大変好評でした。
事務局 (2) 文化の家関係について説明
委員 文化の家の見学ツアーの定員はないのか。
事務局 定員は、特に設けていない。人数によって内容も考えていく予定です。
事務局 (3) 中央図書館関係について説明
委員 外壁工事で休館になることはないのか。
事務局 開館しながら工事していく予定になっています。
委員 南側の駐車場は、何台少なくなるのか。
事務局 20台少なくなる予定です。
委員 西側の駐車場の利用はどうか。
事務局 比較的余裕があるが、歩道橋を利用するので利用者によっては不便となる。
図書館の近隣で空いた土地を再度、探していきたい。
委員 今後、紙媒体ではなく電子書籍での貸し出しを考えているか。
事務局 今後の課題と考えていますが、費用も都合もあるので現在は考えていません。
委員 図書館の2階のAVルームの映写の設備が、薄暗いので色等が鮮明に写らない
事務局 利用しやすいように対策を検討します。
事務局 行政評価の対象となる文化事業業務についての補足説明
委員 何を実施するにしても実態を説明する必要がある。今後は、施設の老朽化による修繕が沢山あり、優先順位を考える必要がある。このように公開して話し合いとして欲しい。

その他

東海北陸社会教育研究大会(富山県富山市)<10月18日~19日>
林 逸雄委員長、鶴見 初美副委員長、川本 達志委員が参加予定。
委員長 説明全般を含め質問はありませんか。ないようですので、委員会を終了します。

お問い合わせ

くらし文化部生涯学習課 

電話:0561-56-0627(生涯学習係)・0561-63-1000(スポーツ係)

ファックス:0561-63-2100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?