ホーム > 市政情報 > 会議情報 > 会議録一覧(平成23年度) > 平成23年度第2回長久手町平成こども塾運営委員会

ここから本文です。

更新日:2013年12月10日

平成23年度第2回長久手町平成こども塾運営委員会

開催日時

平成23年11月19日(土曜日)午前10時00分から11時30分まで

開催場所

長久手町平成こども塾 丸太の家

出席者氏名(敬称略)

委員長 横田浩臣 委員 河本一枝 島田隆道 園田克彦 近藤均 野村弘 鎌倉一夫
事務局 教育総文化部次長 教育総務課庶務教育係長 平成こども塾塾長 平成こども塾専門員

審議の概要

【議事】
1 議事
(1)長久手町平成こども塾の活動視察
ア こどもファーム(サポータープログラム、平成こども塾サポート隊食と農班)
イ アースキューブを作ろう(平成こども塾自主プログラム)
(2) 意見交換
(3) その他
2 その他

公開・非公開の別

公開

傍聴者人数

なし

問合先

長久手町役場教育総務課 長久手町平成こども塾
Tel0561-64-0045

会議録

 ○ 教育文化部次長挨拶
みなさまご多忙の中ご参集いただきありがとうございます。日ごろ、みなさまの町政ならび平成こども塾への協力に感謝します。
来年1月4日からはいよいよ長久手市となります。それに伴い、長久手町平成こども塾の名称も長久手“市”平成こども塾になる見込みです。他にもいろいろと変わることがあることと思いますが、みなさまには平成こども塾を長い目で見ていただき、今後ともご意見をいただきたいと考えております。よろしくお願いします。
○ 事務局
はじめに、4ページの平成こども塾運営委員会設置要綱をご覧ください。本日の会が平成こども塾運営委員会設置要綱第6条の2に基づき、委員の出席が半数以上であることから、この会議が成立していることをお知らせいたします。
そして委員会前に平成こども塾運営委員会設置要綱を説明させていただきます。
(説明)
それでは、ここからの議事進行については委員長にお願いしたいと思います。
○ 委員長
承知しました。
それでは、本日は「平成こども塾サポート隊 食と農班」が実施しております“こどもファーム”と平成こども塾自主プログラム“アースキューブを作りろう!”の2つプログラムを視察していただき、その後、意見交換を行っていきたいと思います。
(会議録のネット上の公開について確認)
なお、本日は概ね11時30分までということですので、ご協力をお願いします。本日の予定およびプログラム内容等について事務局に説明してもらったあと、続いてプログラム視察を行います。では事務局お願いします。
○ 事務局
まず本日の予定を説明させていただきます。
このあと10時45分までプログラムを視察していただき、そのあとこの場所に一度戻っていただき、本日の議題である意見交換を10時45分から11時15分まで30分間ほど行います。そして昨年度から横田委員長はじめ委員のみなさまにご意見をいただいていた、プログラムの目的と目標について8ページに「平成こども塾の目指すもの」として図表にしておりますので、このことについてお話しする時間にしてはいかがかと考えております。そして最後にまとめを委員長にしていただき、11時30分には解散したいと思います。
次に視察内容ですが、本日、食と農班の“こどもファーム”プログラムはあいにく天候が雨の為どこまでできるかわかりませんが、玉ねぎ苗の植付けを行う予定です。
そして外のかまど前では、愛知工業大学との協働企画である“アースキューブを作ろう!”プログラムを行います。資料6ページに企画書、7ページにそのパンフレットを載せていますのでご参考ください。
ではさっそく視察をお願いいたします。
(視察開始 → 終了)
これより議題(2)の意見交換に入らせていただきます。
本日の“こどもファーム” や“アースキューブを作ろう!”のプログラムをご覧いただいた中で、それぞれの委員からご意見等をお願いします。はじめにこどもファームの活動について何かありますか。
○ 委員
今日の参加者は何人か?
○ 事務局
子どもは2人です。そして2人に親御さんが同伴して一緒に活動されています。
○ 委員
いつもはもっと参加者は多いのですか。
○ 事務局
いつも7~10人程度の子どもとその保護者が参加しています。そして、食育プログラムの時にはこれらこどもファームメンバーに加えて一般者の申し込みが親子合わせて30名程度あります。
しかしながら、当初よりこどもファーム責任者の岩瀬氏より“雨の日は中止”とメンバーには伝えられているので、本日は中止にもかかわらず参加しに来たたいへん意欲のある子ども達とその親御さんという事ができます。
○ 委員
こどもファームはエネルギーの観点からも考える必要があるのではないか。
○ 事務局
もう少し具体的にお願いします。
○ 委員
持続可能な農業のためには、例えば不耕起農法のような点からも考える必要があるということです。
○ 事務局
持続可能な農業は大事な問題だと思います。
○ 委員長
次に“アースキューブを作ろう!”についても意見を伺いたく思います。
○ 委員
はじめに映像による説明がありましたが、もう少し身近なものでの説明があったほうが良いと思います。
○ 委員
本日の予定や概要をはじめに映像を交えて説明したほうが参加者には親切だし、良く伝わると思う。そして具体的な手順などは現場で伝えるほうが良い。
○ 委員
もっと映像を中心に見せて、説明は言葉で読んで補足するほうが伝わると思う。
○ 委員
説明文があったが小学2年生でも読めるような漢字を使わないと理解できないのではないか。
○ 委員長
アースキューブを作る型枠を参加者が持ち帰って使用後は捨てるという事であったが、その型枠をいらない人は平成こども塾に持ってきてもらって、愛工大の学生さんへ返してはどうか。今回の参加者は常連の方が多いようなのでそれができるのではないか。学生が型枠を再利用できると思う。
○ 事務局
おっしゃる通り型枠はとてもしっかりしたものなので、この委員会の後、希望者は平成こども塾に型枠を返してくれるよう参加者へ呼びかけます。
○ 委員長
内容的には素晴らしいことを行っていると思いますが、はじめの映像に関しては改善の余地があるようですね。事務局から各委員の意見をお伝え下さい。
○ 事務局
わかりました。
○ 委員長
このような大学との協働企画はよくあるのですか。
○ 事務局
毎年1、2回程度は実施しています。大学側から企画と予算の持ち込みがあり、それらを課内で内容を協議のうえ、実施するかどうかを決定しています。時期等の問題もあります。
○ 委員長
平成こども塾では、持込み企画のプログラムも実施を検討し、少なくとも実施できる可能性があるということですね。
○ 事務局
そうです。
○ 委員長
いろいろと意見がでましたが、次に資料8ページの「平成こども塾の目指すもの」について説明をお願いします。
○ 事務局
これはマスタープランの目的や基本理念に23年度のプログラムをあてはめたものです(図表を具体的に説明)。
○ 委員
表の左から右へ矢印が書かれているが、逆にこれらのプログラムを実施した結果、目的が達せられる、という点から考えると、右から左への矢印としたほうが良いかもしれない。
○ 委員
わかりやすく、見やすいようにはなっている。
○ 委員長
この意義の中の地域に関することですが、平成こども塾マスタープランを見ると、地域の大人に対するコミュニケーションを大切にする、という事が謳われておりその観点からすれば大人の活動がもっとあっても良いのではないのか。
○ 事務局
住んでいる地域や年齢が違う世代間、友人間、また先輩後輩間などでプログラムの実施を通じて相互にコミュニケーションをとっており、子どもと大人が年配の講師の方々と一緒に活動するプログラムは多数実施しています。
○ 委員長
それは意味が違うのではないか。
○ 事務局
このマスタープランを作成した委員に平成こども塾の活動内容について以前確認をしましたが、いままでの平成こども塾のプログラム実施方法は、マスタープランと整合していると言われました。
○ 委員長
マスタープランを読んだ限りではそうではないと思う。
この件については、継続して審議していきたいと思います。
最後に議題(3)その他ですが、みなさまから何かありますか。
ないようですので、以上で議題は終わりました。ではあとは事務局に進行をお返しします。
○ 事務局
ありがとうございました。みなさまからも様々なご意見をいただき感謝します。
その他として、平成23年度第3回平成こども塾運営委員会の開催日についてですが、平成24年2月8日(水曜日)に開催したいと考えておりますがよろしいでしょうか。了承いただきありがとうございます。内容は平成24年度平成こども塾活動予定についてで、事前に資料を配布させていただく予定です。
平成こども塾の活動をよりよいものにしていくため、委員の方々には今後ともご協力をお願いします。これで平成23年度第2回平成こども塾運営委員会を閉会します。

会議資料

資料(PDF:1,675KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

建設部みどりの推進課平成こども塾

電話:0561-56-0627(生涯学習係)・0561-63-1000(スポーツ係)

ファックス:0561-62-1451(生涯学習係)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?