ホーム > 市政情報 > 会議情報 > 会議録一覧(平成23年度) > 平成23年度第2回長久手町地域包括支援センター運営協議会

ここから本文です。

更新日:2011年11月29日

平成23年度第2回長久手町地域包括支援センター運営協議会

開催日時

平成23年11月17日(木曜日)午後1時25分から午後2時50分まで

開催場所

長久手町役場 北庁舎 2階 第5会議室

出席者氏名
(敬称略)

  • 会長 祖父江 良
  • 副会長 加藤 康彦 
  • 委員 萩野 光枝、酒井 邦夫、松田 豊、長江 保明

長久手町社会福祉協議会地域包括支援センター 

  • センター長 福岡 久申
  • 主任介護支援専門員 浅井 圭子

愛知たいようの杜地域包括支援センター 

  • センター長 鈴木 大地
  • 主任介護支援専門員 朝見 文子

事務局

  • 保健福祉次長兼福祉課長 鈴木 裕
  • 福祉課 課長補佐 野田 久子
  • 介護保険係長 中野 智夫
  • 介護保険係 保健師(専門員) 安田 純子

欠席者氏名
(敬称略)

清野 順市

審議の概要

  1. 平成23年度上半期長久手町地域包括支援センター事業報告について
  2. 平成22年度長久手町地域包括支援センターの業務評価について
  3. その他

公開・非公開の別

公開

傍聴者人数

4名

問合先

保健福祉部福祉課 電話:0561-56-0613

会議録

会長 開会あいさつ
事務局 会議資料の確認
傍聴者へのお願い
会長 議題⑴「平成23年度上半期長久手町地域包括支援センター事業報告について」、長久手町社会福祉協議会地域包括支援センター説明をお願いします。
【社協包括支援センター 内容説明】
会長 次に愛知たいようの杜地域包括支援センター説明をお願いします。
【たいよう包括支援センター 内容説明】
会長 それぞれの地域包括支援センターから説明がありましたが、何かご質問等がありましたらお願いします。
今年度から、相談形態、相談者などの計上方法を両包括で統一しました。
委員 相談者数が、社協包括は激増し、たいよう包括との差が大きいがどうとらえればよいか。
たいよう包括 計上方法は社協と合わせました。居宅介護支援事業所に管理者がいるため、ケアマネからの相談はそこで受けており、主任ケアマネに相談することが少なかったことが原因であると分析しています。しかし、昨年主任ケアマネの資格を取ったので、他事業所のケアマネのところへも出向きたいと思っています。
委員 社協包括のケアマネの人数自体が多いのではないですか。
社協包括 数は大差ないですが、社協包括の居宅介護支援事業所の管理者はまだ若く、経験が少ない職員が多いため、主任ケアマネに相談にくるケアマネが多いと考えられます。一方、たいよう包括はベテランのケアマネが多く、自己処理できるのではないかと分析します。
委員 相談件数がとても多いので、職員が疲弊していないかが心配です。
会長 社協包括は、福祉の家や温泉と併設であり、アクセスがよいと思われます。たいよう包括は、事務所を移転してから認知度が低いことが考えられます。
委員 それなら、包括の位置自体の見直しが必要なのでしょうか。たいよう包括は昨年と同様、訪問活動が多いのが特徴ですね。
委員 権利擁護業務の中で日常生活支援の相談内容に両包括でかなり差があると思うが。
社協包括 日常生活自立支援事業は、社会福祉協議会の業務であり、この尾張東部圏域では、瀬戸市の社会福祉協議会が基幹社協となっています。そのため、町の社協包括としては、町の社協をフォローする形で対応しており、その件数もカウントしています。また、日常生活支援の相談に関して、昨年の後半から急激に増えています。この制度はグループホーム入所の方などが利用しています。
たいよう包括 この事業は、社協が行っている事業であるため、たいよう包括としては、情報提供をしているのみです。
委員 今年度、各包括でメンバー交替はありましたか。
社協包括 3月に一人退職し、5月1日に一人新卒者を採用しました。
たいよう包括 メンバーは変わりません。8月に非常勤でケアプラン作成のためのケアマネが入りました。10月に育休から一人復帰したケアマネが非常勤としてプラン専属で勤務しています。
会長 両包括とも、残業は増えていないですか。
両包括 増えていません。
委員 相談者の計上が延べ人数になっているが、実人数を見ると、比較しやすいのではないでしょうか。
社協包括 プラン作成までいかない人が何度も相談に来所されます。温泉のついでに寄る方が多いですし、町外の人から相談を受けた場合にも、カウントしています。
委員 予防ケアプラン作成件数は、毎月同じ人ですか。
社協包括 一人の人に毎月プランを作成するので、毎月ほぼ同じ人が計上されています。要支援から要介護になった人などが抜けたり、新規の人が入るので、多少数字が増減します。
会長 この欄については、両包括の数字がほとんど同じになっていますね。
委員 困難事例についての導入段階は、どのような状況ですか。
たいよう包括 一番多いのは、ケアマネから一緒に訪問して欲しいというケースです。また、夏場は民生委員から「脱水状態になっている」などと連絡が入ることが多いです。
社協包括 社協包括の方が軽いケースが多いように感じます。重い相談はしない地域性や、ベテランの多いたいよう包括には重い相談がしやすいことなどが考えられます。
委員 苦情はありますか。
たいよう包括 動きが遅いなどと対応のまずさを指摘されることはありますが、プランの中身についての苦情はありません。また、苦情ではないですが、最近家族からの「やり場のない不満」の訴えをされる方が多いと感じています。
社協包括 認定結果への不満などあるが、大きなものはないです。
委員 町へ直接苦情はきますか。
事務局 認定結果に対する直接の苦情はありません。その他として、困難事例のケースですが、何回か続けてご家族が来庁されたことはありました。
会長 他に意見が無いようなので、次の議題にうつります。議題⑵「平成22年度長久手町地域包括支援センターの業務評価について」、事務局説明をお願いします。
【事務局 内容説明】
会長 自己評価、町の評価は終わっている。本運営協議会として何か評価に関する意見はありますか。
特になし。
会長 3 その他について、事務局お願いします。
【事務局 資料「精算書明細書」について説明】
会長 その他ありますか。
委員 「業務内容」、「事業報告」、「業務評価」及び両包括から提出される「事業計画書」の番号表記がバラバラで見づらいので、「業務内容(第1回目の運営協議会時の資料:別紙10)」の順番に統一できないでしょうか。
事務局 来年度から統一するよう検討します。
会長 困難事例のCさんは、生活保護の申請はしましたか。
事務局 収入が多く生活保護の対象になりませんでした。現在、障害者の障害福祉サービスを利用し生活の支援をしています。
委員 現在、第5期介護保険事業計画の策定中だと思いますが、第4期介護保険事業計画の中の包括に関する業務項目に関し、比較検討の上、評価をしていただきたいと思います。そして、その結果を反映させ、第5期介護保険事業計画第を策定すると、町民のための計画になりますので、是非お願いします。
事務局 次回の策定委員会までに検証し、結果を示せれば、と思います。
会長 これをもちまして、平成23年度第2回長久手町地域包括支援センター運営協議会を終了します。

お問い合わせ

福祉部長寿課 

電話:0561-56-0631(いきいき長寿係)・0561-56-0613(介護保険係)・0561-56-0639(地域支援係)

ファックス:0561-63-2100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?