ホーム > 市政情報 > 会議情報 > 会議録一覧(平成23年度) > 平成23年7月 定例教育委員会

ここから本文です。

更新日:2011年9月13日

平成23年7月 定例教育委員会

開催日時

平成23年7月14日(木曜日)午前9時30分から午前11時40分まで

開催場所

長久手町役場西庁舎1階 第6会議室

出席者氏名
(敬称略)

  • 委員長 山田せつ子
  • 職務代理者 鈴木勝康
  • 委員 近藤勝志
  • 委員 加藤貴志子
  • 教育長 青山守孝

事務局

  • 教育文化部長 水野正志
  • 教育文化部次長兼
  • 教育総務課長 松井豊明
  • 生涯学習課長 加藤孝之
  • 教育総務課課長補佐 高崎祥一郎
  • 教育総務課庶務教育係長 河瀬浩司

欠席者氏名
(敬称略)

なし

審議の概要

  1. 決定承認事項
    • (1) 後援・推薦名義の使用について
    • (2) 平成24年度使用小中学校教科書の採択
  2. 報告事項
    • (1) 後援・推薦名義の使用について
    • (2) 教育委員会各課からの報告
  3. 議題
    • (1) 決定承認事項 要保護・準要保護の認定について《非公開》
  4. その他

公開・非公開の別

一部非公開

傍聴者人数

0名

問合先

教育総務課 電話:0561-56-0625

会議録

委員長 ただいまから平成23年度7月定例教育委員会を始めます。本日の議事録署名者は、鈴木委員にお願いします。はじめに、決定承認事項、後援名義の使用について、事務局から説明をお願いします。
事務局 資料1「愛知医科大学地域交流イベント」の後援名義申請ですが、申請者は愛知医科大学です。スポーツ選手を招いて、スポーツを通じて大学と地域住民とが交流することにより、地域住民からの本学学生の課外活動等に対する理解を深めるとともに地域住民と本学学生の体力・技術の増進を図ることを目的にし、平成23年8月27日土曜日に、愛知医科大学で行われます。入場料は無料です。
委員長 なにかご意見はありますか。ないようですので、この件については承認します。続いて、「平成24年度使用小中学校教科書の採択」について、事務局から説明をお願いします。
事務局 資料番号が前後しますが、資料13と14をご覧ください。教科書の採択に関する陳情書が2件提出されています。1件は、6月定例教育委員会で報告した内容と同様のものが、長久手町議会に提出されており、町議会議長名で「長久手町教育委員会に、議会に対して陳情があった旨伝えることに決した」との通知となっています。もう1件は、7月6日付け日本出版労働組合連合会から、教科書採択にあたっては、教育現場の意向を最大限に尊重すること、十分な数の見本本が各学校に十分な期間置かれるよう措置をとることなどを趣旨とする陳情になっていますので、ご承知おきください。では、教科書採択について、教育長から説明をお願いします。
教育長 資料2をご覧ください。教科用図書を採択する際の基本的な方針並びに準拠すべき事項について示しています。基本的な方針として、第1に、教科書の採択は「義務教育諸学校の教科用図書の無償措置に関する法律」の規定に基づいて実施すること。第2に、教科書の選定及び採択に当たっては、公正を確保し、採択が適正に行われるよう特に配慮すること。第3に、選定及び採択を慎重かつ公正に行うため、教科用図書採択地区においては「採択地区協議会」を設けること。なお、この地区の「採択地区協議会」の名称は、「尾張東部教科用図書採択地区協議会」と言います。第4に、教科書は、教科書の内容等についての綿密な調査研究に基づき、教科の主たる教材として適切なものを採択すること。第5として、採択地区協議会は、協議により、採択地区内で使用すべき教科書を種目ごとに一種選定すること。第6に、採択地区内の市町村教育委員会は、採択地区協議会の選定に基づいて所管の学校において使用すべき教科書を種目ごとに一種採択すること。などが示されています。採択にあたって準拠すべき事項として、第1に、小学校において使用する教科書の採択について、市町村教育委員会は、種目ごとに平成23年度使用教科書と同一のものを採択すること。第2に、中学校において使用する教科書の採択について、市町村教育委員会は、教科書見本本について十分調査研究し、採択地区内中学校の教育課程にもっとも適する教科書を採択すること。などが示されています。次に、尾張東部教科用図書採択地区協議会の採択事務に関する経過について説明します。平成23年3月に、愛日地方教育事務協議会より「中学校の教科用図書の採択に関する事務」の諮問を受け、各市町教育委員会教育長へ「尾張東部教科用図書採択地区協議会委員」の推薦を依頼されました。5月に「第1回尾張東部教科用図書採択地区協議会」を開催し、同協議会委員長より各市町教育委員会教育長へ「採択地区協議会研究員」の推薦を依頼されました。同月、「第1回尾張東部教科用図書採択地区協議会研究員打合会」を開催し、規約に基づき「研究員の設置と任務」について確認し、「研究員教科別部会」において、教科ごとに日程等を含めた詳細な打ち合わせを行いました。また、教科ごとに、研究のための「教科用図書」が配布されました。そして、7月に「第2回尾張東部教科用図書採択地区協議会」を開催し、各研究部会の研究成果の報告、質疑応答を得て、委員の協議により、種目ごとに一種の教科用図書を決定しました。同月、尾張東部教科用図書採択地区協議会委員長から、中学校の「採択案」を愛日地方教育事務協議会へ報告をしました。資料2に愛日地方事務協議会から示された「小学校教科用図書」と「中学校教科用図書」の案があります。先ほど説明したとおり、小学校の教科用図書の採択は、平成23年度と同一のものを採択することになっております。中学校の教科用図書は、従来の教科書発行者と変わりありません。以上のとおりですので、委員の皆さんにご意見を頂戴しながら中学校の教科用図書を採択していただきたいと思いますので、よろしくお願いします。
委員長 なにかご意見はありますか。
委員 採択委員の推薦依頼があったとの説明でしたが、どのように採択委員を推薦しましたか。
事務局 教科ごとに推薦依頼があるため、専門的な見識をもった者を推薦しました。
委員 従来の発行者と変わっていないが、なにか理由はありますか。
事務局 採択地区協議会で研究した結果であり、昨年度採択した小学校の教科用図書では、発行者が変わっております。
委員 この案に示されている発行者の採択率はわかりますか。
事務局 一度調べます。
委員長 ほかにありますか。ないようですので、はじめに、小学校の教科用図書について、事務協議会から示された案を採択することについて、いかがでしょうか。
委員 異議なし。
委員長 次に、中学校の教科用図書については、いかがでしょうか。
委員 異議なし。
委員長 では、長久手町教育委員会として、愛日地方教育事務協議会が示された教科用図書を採択することとします。続いて、報告事項、後援推薦名義の使用について、事務局から説明をお願いします。
事務局 資料3「第31回長久手町文化協会 芸能フェスタ」の後援名義申請ですが、申請者は長久手町文化協会です。会員の日頃の練習成果の発表と、会員相互の交流を図り、一般町民にも観劇の機会を設け長久手町の文化発展に資することを目的に、平成23年11月5日土曜日に、文化の家で行われます。次に、資料4「『地球のステージ2』」の推薦名義申請ですが、申請者は「『もりの会』(地球のステージ実行委員会)」です。子どもから大人までの見識を広めることを目的に、平成23年10月15日土曜日に愛知総合看護福祉専門学校で行われます。以上2件については、いずれも過去に実績があり、審査基準に適合しておりますので、教育長の専決処分としました。
委員長 なにかご意見はありますか。
委員 芸能フェスタには、補助金が出ていますか。
事務局 芸能フェスタとしてではなく、文化協会の活動に対して補助金を出しています。
委員長 ほかになにかありますか。ないようですので、続いて事務局から説明をお願いします。
事務局 資料5「1日元気スクール」の後援名義申請ですが、申請者はNPO法人こころとまなびどっとこむです。子どもの社会性、心のエネルギー、自己肯定感を回復させるため、文・武・遊といった三位一体を通して大人と一緒に遊び、学ぶことからいろいろな経験をし、交わる力を育むことを目的として、平成23年9月23日金曜日に尾張旭市総合体育館で行われます。この件についても、過去に実績があり、審査基準に適合しておりますので、教育長の専決処分としました。
委員長 なにかご意見はありますか。ないようですので、続いて各課からの報告を生涯学習課からお願いします。
事務局 資料6、資料7、公民館施設と体育施設の利用状況について示しています。
委員長 なにかご意見はありますか。ないようですので、続いて、中央図書館からお願いします。
事務局 資料8、中央図書館の利用状況を示しています。その他の報告として、外壁タイルの改修ですが、9月補正として上程する予定です。かなり高額になる見込みです。次に、夏休みに入ることにより、来館者の増加が見込まれます。会議室の開放以外にも利用者の利便を図るために検討しております。
委員長 なにかご意見はありますか。ないようですので、続いて、文化の家からお願いします。
事務局 資料9、文化の家自主事業と利用状況について示しています。その他の報告として、地上部分の駐車場の改修工事について、部分的に改修する予定でおります。
委員長 なにかご意見はありますか。ないようですので、続いて、教育総務課からお願いします。
事務局 資料10、資料11、学校給食と保育所給食の献立表を示しています。資料12、平成こども塾のかわら版を示しています。資料15、第3回長久手町学区適正化検討委員会について説明します。7月15日に開催する予定ですが、内容としては、第2回検討委員会において、委員から「具体的なシミュレーションを示してほしい」とのご意見がありましたので、7つのケースを示す予定です。東名高速道路から北側の市が洞小学校区を14の地区に分類し、それぞれの地区における0歳児から中学3年生までの人数を算出しました。そして、その年齢構成を基に、それぞれ想定される7つのケースに人数を反映させています。ケース検討総括表をご覧ください。今回、市が洞小学校の学区を見直すことになった場合、影響する学校は、西小学校、南小学校、市が洞小学校、南中学校、第三中学校となり星印で示しています。市が洞小学校は、現状の学区のままですと、仮設校舎7教室を含めても平成27年度には34教室が必要になるため、学区の再編成を平成27年度と想定しています。そのことを前提に、それぞれのケースにおいて、各学校の教室数等を勘案し、適正なケースについては二重丸を付けています。
委員長 なにかご意見はありますか。 
委員 大きなマンションなどを建てた後に、将来的に空き部屋ばかりにならないよう、地区内に建物を建てる際に、何らかの規制はできないものですか。 
事務局 現在も都市計画上の用途地域を定め、一定の規制はしており、これ以上はできません。将来、教室が余る時代が来ることも考えられますが、その時は転用していくしかありません。
委員 平成30年以降の児童生徒数の予測は難しいのですか。
事務局 現在生まれていない子どもの数ということになるので、数値的につかめません。
委員 今後の住宅建築は想定していますか。
事務局 市が洞小学校区や北小学校区は、まだ空き地がある点を踏まえ、推計に入れています。市が洞小学校区は、数年後に小学校に入学してくる0歳児の割合が特に高いのが特徴です。
委員 様々なケースを示し、どの案がいいかアンケートをとるのも一つの案でしょう。
委員長 その他の報告としてなにかありますか。
事務局 その他の報告として、長久手町市制施行に関連し、愛日地方教育事務協議会の事務処理日程が示されましたのでご承知おきください。次に、栄徳高等学校馬術部5名が、全国大会に出場するため7月12日に表敬訪問しました。次に、第三中学校の起工式を、8月10日水曜日、午前10時から行いますので、ご予定してください。次に、7月24日日曜日と7月31日日曜日に、第三中学校の建設に係る住民説明会を開催します。次に、長久手町防災訓練を、8月21日日曜日、西小学校で行いますのでご承知おきください。委員長 なにかご意見はありますか。ないようですので、次回教育委員会の日程ですが、8月12日金曜日、午前9時30分からでいかがでしょうか。
委員 異議なし。
委員長 では、8月定例教育委員会は、8月12日金曜日、午前9時30分から行います。その他としてなにかありますか。
事務局 9月の定例教育委員会ですが、校長会との合同になりますので、9月14日水曜日を第1候補として校長会と調整したいのですが、いかがでしょうか。
委員長 異議なし。
委員 異議なし。
事務局 では、9月14日、午前9時からで調整します。
委員長 ほかにありますか。ないようですので、これにて公開部分の教育委員会を終了します。

お問い合わせ

教育委員会教育総務課 

電話:0561-56-0625(教育総務課)・0561-56-0626(学校建設室)

ファックス:0561-63-2100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?