ホーム > 市政情報 > 会議情報 > 会議録一覧(平成23年度) > 平成23年度第2回長久手市生涯学習推進会議

ここから本文です。

更新日:2012年3月5日

平成23年度第2回長久手市生涯学習推進会議

開催日時

平成23年2月21日(火曜日)午後7時00分から午後8時50分まで

開催場所

長久手市役所 西庁舎 2階 第7会議室

出席者氏名
(敬称略)

  • 委員 生田範子 魚住俊文 大島令子 加藤正雄 口野孝典 後藤良 水野美々子
  • 事務局 教育長、教育文化部長、生涯学習課長、生涯学習課社会体育係長、
     生涯学習課社会教育係長、生涯学習課主事(長村裕子)

欠席者氏名
(敬称略)

なし

審議の概要

  1. 平成23年度事業報告について
    •  (1) 生涯学習講座事業
    •  (2) 社会体育関連事業
  2. 平成24年度ながくて・学び・アイ講座(前期)について
  3. 生涯学習基本構想について
  4. その他

公開・非公開の別

公開

傍聴者人数

0名

問合先

長久手町教育委員会 生涯学習課 社会教育係
電話 0561-56-0627

会議録

議題1 平成23年度事業報告について

  1. 学習講座事業について
    •  (1) 生涯学習講座事業
    •  (2) 社会体育関連事業

事務局より説明
委員 社会体育関連事業の総合型地域スポーツクラブ事業について、体系的に行っていくのか、地域スポーツ振興小学校体育館開放やニュースポーツ体験など、それぞれの地域で芽生えた事業を継続していくのか、全体としてスポーツを推進していくのか、わかりにくい。
事務局 小学校の体育館開放などは体育推進委員が行っている。長久手は地域それぞれに体育推進委員がおり、地域でスポーツをし、コミュニケーションをする取り組みがきちんとできているが、全国的にはできていないところもある。そういった地域にスポーツができるようにするのが総合型地域スポーツクラブの目的である。長久手は、今から取り入れなくてもできている。今まで無料で行っていた事業を、有料で行うのは住民の理解が得られないと考えられる。そこで有料で新しい事業を行うことにした。
委員 文科省が平成21年度までに作るよう指示があった。いつでもどこでも誰でもスポーツができるということが目的である。場所と指導者が必要。ニュースポーツなどの底辺の拡大とチャンピオンスポーツまでやる。地域にあった形でやるよう指示された。3年間の補助金が出るので、切れたら会費を取る。
委員 母体は民間なのか。
委員 官民一体となってやる。実態に合うようにこれから調整していく。
委員 スポーツ教室はどのような人が講師なのか。また、スポーツ推進委員は資格がないとできないのか。実態がわからない。
事務局 水泳教室をやってほしいといった要望があり、来年度は愛知県口論義運動公園の室内プールを借り、現地で講師をしているNPO法人が指導者となって行う予定である。来年度は現在のスポーツ教室がリニューアルした事業、プレ事業として行った事業、市外の会場を借りて市外の講師で行う事業を柱として行っていく。

議題2 平成24年度ながくて・学び・アイ講座(前期)について

事務局  9、30、38番は市主催の生涯学習講座としてふさわしくないので不採用としたいと思うがどうか。
委員  日程は取れているのか。
事務局  公民館で市の事業予約が入っていないところを調整して組み、取れなかったものは、9番は日程が組めなかったものである。他は全部取れた。
委員   聖書はキリスト教に限らないので特定の宗教に限らない可能性がある。
事務局 18ページから21ページまでは1回も採用されたことがない講座である。日程が組めないもの等3つの講座はご遠慮いただくこととする。
委員 開講するのはどれくらいか。
事務局 20~25講座を目安に絞ることを考えている。
委員  会場は確保できているのか。
事務局 確保できている。初めての方を優先する趣旨なのでその中でまず検討していただきたい。複数応募の方はどちらが良いかを検討していただきたい。内容的に問題がありそうなものを検討していただきたい。
委員 相続はある年代以上の方は知っておいた方がいいものである。
委員  それは専門のところで学べば良いことであって、あえて生涯学習課で勉強しなくても良いのではないかと思う。
委員  客観的に明らかに不採用にすべきものをこの場で決めて、それを排除した後に行政側に決めていただきたい。
事務局 決めるにしても広く様々なご意見を聞きいてから判断したい。
委員 自分の教室を持っている方はどれくらいいるのか。
事務局 自己申告で講師経験を書いていただくのみで、詳しいことは把握していない。
委員  講師申込書に書いてないので仕方ない。
委員  講座終了後に講師が教室を持っていれば、サークルを立ち上げることなく自然と講師の教室へ行くのではないか。
委員  聖書の内容を提出した方はいくつか応募しているが、ヘブライ語もイスラムのことを取り上げるのではないか。
委員  オーナーなら勧誘する可能性がある。
事務局  講師から勧誘することはお断りしている。
委員  学びアイ講座は講師の育成を目的としているので、自分で教室を持っている人は当てはまらないのではないかと思う。
事務局  講師の経験や経歴は自己申告となるため、調べることは申告書に記載がなければ分からない。全部書いていただく前提で出してもらえば良いのか。
委員  最初に学びアイを作った時に講師をやりたい人の育成を兼ねていたので、それを基準にすべきである。
委員  学びアイ講座の講師経験がない方を全部OKにしてはどうか。実際には全部開講できるわけではない。
委員  専門的な講座は何回も応募を受けたらやらなければならないだろうと思う。
委員  複数応募の方はどちらをよりやりたいのか聞いてはどうか。
事務局  承知した。今後は、応募は1講座のみとすることを検討したい。
委員  部屋によって成立要件は違うのか。
事務局  施設の大きさによって設定している。
委員  1回講座が成立すると、その講師の肩書きになってしまう。
委員  経歴や資格がわからないと判断ができない。経歴を次回から書いてほしい。
事務局  趣旨の1つに講師の育成も目的であるので、今後は考えていく。
委員  25番の個別相談は良くない。個別相談をやらないのであれば良いのではないか。
委員  29番の営業を取り上げた講座は良いのか。
委員  20番の薬の飲ませ方は難しいので市の講座でやるのは怖い。
委員  42番の経歴書はどうなのか。営業活動の一環では。面接の個別相談をするなら対象としては良くないと思う。
委員  就職採用でも選ぶ時は直接面接している。講座をする人の面接をしているのか。
事務局  面接はしていない。
委員  採用するものを決めるときは面接すべきである。本人と合わずに決めるのは良くない。
委員   今、挙がった4人に確認して、事務局で採用する講座を決めてほしい。
事務局  1度話をしてみる。

議題3 生涯学習基本構想について

事務局 アンケート結果説明。
名称については、構想が決まってから策定しようと考えている。
アンケート調査について、項目や地域等意見交換をお願いします。
委員 問28で、10年前にできていなかった施設はあるか。
事務局 まちづくりセンターである。
事務局 4月以降に他課とアンケートの調整をするので、それまでにご意見があればメールや文書にて送っていただきたい。
委員 逆にどういう風に持って行くか方向性はあるのか。
事務局 他課と調整してから、来年度は4回程度の会議で検討したいと考えている。
委員 具体的なスケジュールはあるのか。
事務局 決まっていない。アンケートを実施し、骨組みを作り、見直して、まとめるというやり方のため、時間がかかる。アンケートの調整ができていない今の段階では未定である。前回2年かかって作っているものを1年で作るので、早めに動かなければならない。
委員 逆算すればわかるのではないか。
事務局 7月頃までにアンケートを実施したいとは考えている。
委員 計画を出しておいてくれないと話し合えない。
委員 ボリュームがどの程度になるのか等がわからないとわからない。
事務局 次回の会議で計画を提示するので、検討をいただきたい。

議題4 その他について

事務局 特にありません。皆さん何かありますか。
委員 長湫公民館は市の公民館か。
事務局 地域の公民館である。
委員 長湫区の人が使える公民館である。
委員 公民館大会に参加して、公民館について考えた。長久手にはこの西庁舎の長久手市公民館のみである。他に使える施設はないのだろうか。
委員 集会所と憩いの家がある。集会所は自治会長が許可すれば使える。
委員 公民館大会では、歩いて10分くらいのところしかなかなか行けないということを言っていた。そういったところを活用できると良い。
会長  他に議題もないようですので、本日の会議は終了いたします。

お問い合わせ

くらし文化部生涯学習課 

電話:0561-56-0627(生涯学習係)・0561-63-1000(スポーツ係)

ファックス:0561-63-2100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?