ここから本文です。

更新日:2019年9月20日

 令和元年8月回答のご意見

 みなさんからお寄せいただきましたご意見・ご提案のうち、 回答した案件について、ご意見・ご提案の要旨とそれに対する市の回答を公表します。

  主なご意見は以下のとおりです(個別相談事項・依頼・団体からの要望等公表にそぐわない性質のものは除きます)。ご意見・回答ともに極力原文のまま公表しています。個人が判別できる部分は削除または黒丸で表示してあります。

1.ごみ袋のサイズについて

 

 なぜ長久手の指定ごみ袋は小さいのでしょうか?

Lサイズでも34Lしかありません。 名古屋市では45Lです。

比べてみるとずいぶん大きさが違います。

ごみを出す際、無意味にごみ袋の数が多くなってしまう場合があります。

Lサイズを45Lにする、もしくはLLサイズを作り45Lにするなど、もうワンサイズ大きなゴミ袋を作ることはできませんでしょうか?

これが難しい場合、難しい理由等も知りたいです。

また、強度も明らかに名古屋市の指定に劣ります。

どういった経緯でこのサイズ、素材(仕様)になったのか?

どういった経緯でどの業者が作っているのか?

この辺りも教えてください。

 

 

 

 回答  

 

 2019年1月に長久手市民が出されたもえるごみの中身の調査を行ったところ、リサイクル可能な資源(古紙やプラスチック製容器包装等)が約34%含まれていました。

より分別に取り組んでいただき、リサイクルの推進ともえるごみの減量に努めていただきたいと考えているため、現時点ではごみ袋のサイズを大きくすることは考えていません。

材質は、名古屋市と同じ高密度ポリエチレンを使用しており、強度に関して明らかに劣るとは考えていません。

また、作成業者に関しましては、毎年入札を行い、本市が提示した仕様通りの製品を最も安い金額にて納入できる業者を選定しています。

 

  担当   環境課

 

 

ご意見の内訳

件数

公園について

4

ゴミについて

1

N-バスについて

1

施設について

6

子育てについて

1

窓口について

1

その他(問合せなど)

15

            計

29

お問い合わせ

市長公室情報課 

電話:0561-56-0601

ファックス:0561-63-2100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?