ホーム > 平成26年度から、70~74歳の人の窓口負担割合が変更になりました。

ここから本文です。

更新日:2014年4月1日

平成26年度から、70から74歳の人の窓口負担割合が変更になりました。

見直しの趣旨

 70歳から74歳の方の窓口負担は、法律上2割(現役並み所得者以外)となっていますが、特例措置でこれまで1割負担とされていました。平成26年度から、より公平な仕組みとするため、この特例措置が見直されることとなりました。

見直しの内容

 

お医者さんにかかるときの自己負担額が下記のように見直されます。

     昭和19年4月2日以降生まれの方

    昭和19年4月1日以前生まれの方

2割

 

1割…①

(特例措置により2割負担を1割負担に据え置き)

現役並みの所得がある方は3割負担

①長久手市国民健康保険対象者で①に該当する方は、4月1日を迎える前に差し替えの高齢受給者証を送付しております。

 

 

 

 

お問い合わせ

福祉部保険医療課 

電話:0561-56-0618(国保年金係)

ファックス:0561-63-2100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?