ホーム > 住民票・税金 > 保険・年金 > 国民健康保険 > 平成29年度国民健康保険税(仮算定)について

ここから本文です。

更新日:2017年5月18日

平成29年度国民健康保険税(仮算定)について

国民健康保険税の納期は、普通徴収の場合、5月から翌年2月までの年間10回です。

平成29年度国民健康保険税仮算定通知書(第1期、第2期分)を5月中旬に発送します。  

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

1月

2月

3月

1期

2期

3期

4期

5期

6期

7期

8期

9期

10期

前年度の年額相当分の約10分の1を各期(千円未満切り捨て)

前年所得などをもとに計算した年間税額から1期・2期の合計税額を差し引いて、各期に振り分けた税額。ただし、3期は各期の1,000円未満の端数をまとめた額。

仮算定

本算定

 ◇仮算定とは

当該年度国民健康保険税額が確定する7月より前の2回分(第1、2期)については、前年度の国民健康保険税額を元に計算され、これを「仮算定」といいます。前年度から継続して加入し、年金天引きでない人に送付します。

計算方法は、前年度の3月末時点の世帯の国保加入者で前年度の国保税額の年税相当額を再計算し、その約10分の1の額を2回納めていただきます。

【平成29年度国民健康保険税仮算定(1,2期)の算定例 】

(平成28年度の年税相当額が213,000円の場合)

期別税額=213,000÷10(千円未満切り捨て)

仮算定額=21,000円×2期分 計42,000円

 正式な年税額は所得が確定する7月に「本算定」として計算し、仮算定分を差し引いた額を、7月以降残りの8回の納期に分けて通知します。

 ※職場の健康保険に入ったなど、世帯の国保加入者がいなくなったのに通知が届いた人は資格喪失の手続きが必要ですので、保険医療課に届出をしてください。

お問い合わせ

福祉部保険医療課 

電話:0561-56-0618(国保年金係)

ファックス:0561-63-2100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?