ホーム > 住民票・税金 > 保険・年金 > 国民健康保険 > 令和2年度国民健康保険税について

ここから本文です。

更新日:2020年5月11日

令和2年度国民健康保険税について

 令和2年度国民健康保険税の納税通知書を、7月中旬に世帯主(納税義務者)宛てに発送します。

保険税率等が変わります。

 国民健康保険は、国保加入者が病気などのリスクに備えて、「保険税」という形で、医療費等にかかる費用を出し合い、互いに支え合う公的医療保険です。

 しかし、長久手市国保の場合は、保険税と公費だけでは医療費をまかないきれずに、「市民の税金」を入れて補っています。それを少しずつ減らすために、平成30年度から5年間かけて保険税を引上げることとしています。

 公的医療保険制度の役割をご理解いただき、国保加入者みなさんそれぞれの負担能力(所得)に応じた保険税の負担をお願いします。

令和2年度

 

 医療分

支援分

介護分 

所得割率(%)

 5.59

 1.89

 1.57 

均等割額(円)

 23,000

 7,700

 8,500 

平等割額(円)

 18,100

 6,100 

 5,000

賦課限度額(円)

 630,000

 190,000

 170,000

 

平成31年度

 

 医療分

支援分

介護分 

所得割率(%)

 5.22

1.63 

 1.29 

均等割額(円)

21,500

6,700

 7,300

平等割額(円)

 18,500

 5,800 

 4,700

賦課限度額(円)

 610,000

 190,000

 160,000

低所得世帯に対する軽減制度の判定区分が変わります。

 

 世帯主及び国保加入者の前年中の軽減基準所得金額の合計が基準以下の場合に、国民健康保険税(均等割額と平等割額)が軽減されます。該当する世帯は、申請不要で軽減されます

  令和2年度は、5割軽減、2割軽減の対象が拡充されました。

 

                                                                     

平成31度

令和2年度

5割軽減世帯

33万円+(28万円×国保加入者数)以下の世帯 33万円+(28.5万円×国保加入者数)以下の世帯

2割軽減世帯

33万円+(51万円×国保加入者数)以下の世帯 33万円+(52万円×国保加入者数)以下の世帯

保険税の賦課限度額が変更になります。

  国民健康保険税は「医療分」、「後期高齢者支援分」、「介護分」で構成されています。

 令和2年度の賦課限度額は、以下のとおり変更となりました。

 

平成31年度

令和2年度

医療分

61万円

63万円

支援分

19万円

19万円

介護分

16万円

17万円

合計

96万円

99万円

 

 就職、退職、転出、出産、死亡などの異動があったときは、被保険者証と印鑑を持って、14日以内に保険医療課に届け出てください。また、勤務先の社会保険などに加入または離脱した場合は、その日付を証明できる書類をあわせて提出してください。年度の途中で加入者に異動があった場合は、月割りで税額を再計算します。

お問い合わせ

福祉部保険医療課 

電話:0561-56-0618(国保年金係)

ファックス:0561-63-2100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?