ここから本文です。

更新日:2020年7月13日

子どもの予防接種について

BCG日程][予防接種の種類][ 転入した方へ成人保健 母子保健

予防接種の接種場所

BCG⇒長久手市保健センター、市内指定医療機関

B型肝炎、ヒブ、小児用肺炎球菌、不活化ポリオ、4種混合、麻しん及び風しん、水痘、日本脳炎、二種混合、子宮頸がん予防⇒市内指定医療機関

 ※長久手市以外の医療機関(愛知県内)で定期予防接種をご希望の方は、事前に申請が必要となります。詳細は「愛知県広域予防接種事業について」をご覧下さい。

里帰り等でやむを得ず、愛知県外の医療機関で定期予防接種をご希望の方は、接種する日の1週間以上前までに申請が必要になります。申請書(PDF:44KB)と親子健康手帳(母子健康手帳)予防接種記録の写しを長久手市健康推進課まで提出をお願いします。申請書記入にあたっては、見本(PDF:87KB)を参考にしてください。

→新型コロナウイルス感染症拡大防止期間中は郵送でのやりとりをさせていただきます。お問い合わせください。

 BCG予防接種は、令和2年5月11日(月曜日)から市内指定医療機関で接種ができます。

市内指定医療機関で行う予防接種 

市内指定医療機関で予約して接種してください。

予防接種の種類によって対象年齢や接種間隔が異なります。
下記の表を参照の上、スケジュールを立てて接種してください。規定された接種間隔で接種できない場合は実費となる可能性がありますのでご注意ください。

予防接種の種類   接種回数 対象年齢 標準的な接種時期・間隔
BCG   1回 生後1歳未満

標準的な接種時期:生後5~8月未満

1回接種

B型肝炎   3回 生後1歳未満

標準的な接種時期:生後2~9月未満

第1回目:生後2か月以降に1回目の接種をおこなう

第2回目:1回目接種終了後、27日以上の間隔で2回目の接種をおこなう

第3回目:1回目接種終了後、139日以上の間隔で3回目の接種をおこなう

母子感染予防を目的に、健康保険適用によりB型肝炎ワクチンの接種を受けた方は、定期の予防接種の対象外となります。

ヒブ 接種開始が生後2~7月未満 4回 生後2~60月未満

標準的な接種時期:生後2~7月未満に開始

【初回接種】  

生後12月未満に、27日以上の間隔で3回接種

【追加接種】

初回接種終了後、7~13月の間隔で1回接種

接種開始が生後7~12月未満

 

3回

【初回接種】

生後12月未満に、27日以上の間隔で2回接種

【追加接種】

初回接種終了後、7~13月の間隔で1回接種

接種開始が生後12~60月未満 1回 1回接種

小児用

肺炎球菌

接種開始が生後2~7月未満 4回 生後2~60月未満

 標準的な接種時期:生後2~7月未満に開始

【初回接種】  

生後24月未満に、27日以上の間隔で3回接種(ただし、2回目の接種が生後12月を超えた場合、3回目の接種は行わない)

【追加接種】

生後12月以降に、初回接種終了後、60日以上の間隔で1回接種

接種開始が生後7~12月未満 3回

【初回接種】

生後24月未満に、27日以上の間隔で2回接種

【追加接種】

生後12月以降に、初回接種終了後、60日以上の間隔で1回接種

接種開始が生後12~24月未満 2回 60日以上の間隔で2回接種
接種開始が生後24~60月未満 1回 1回接種
4種混合(ジフテリア、百日せき、破傷風、不活化ポリオ) 1期初回 3回 生後3~90月未満

標準的な接種時期:生後3~12月未満

20日以上の間隔で3回接種

1期追加 1回 1期初回接種(3回目)終了後、12~18月の間隔で1回接種

不活化ポリオ

1期初回 3回 生後3~90月未満 標準的な接種時期:生後3~12月未満

20日以上の間隔で3回接種

 1期追加 1回 1期初回接種(3回目)終了後、12~18月の間隔で1回接種

麻しん

及び

風しん

1期 1回 生後12~24月未満

標準的な接種時期:1歳になったら早めに接種

生後12~24月未満【1歳児】の間に1回接種

2期 1回 就学前の1年間 就学前の1年(幼稚園・保育所等の年長の年の3月31日まで)の間に1回接種
水痘   2回 生後12~36月未満

生後12~36月未満の間に、3月以上(標準的には6~12月まで)の間隔で2回接種

日本脳炎 1期初回 2回 生後6~90月未満

標準的な接種時期:3歳

6~28日の間隔で2回接種

1期追加 1回

標準的な接種時期: 4歳。

1期初回接種(2回目)終了後、おおむね1年で1回接種

2期 1回 9~13歳未満

標準的な接種時期: 9歳

平成7年4月2日から平成19年4月1日までに生まれた20歳未満の方で、第1期、第2期が終了していない方は、不足分を公費で接種することができます。

平成19年4月2日から平成21年10月1日までに生まれた方で、平成22年3月31日までに第1期が終了していない方は、生後6月以上90月未満または9歳以上13歳未満に不足分を公費で接種することができます。第2期の接種は9歳以上の方が対象です。

二種混合

(ジフテリア、破傷風)

2期 1回 11歳以上13歳未満

11歳に達した時から12歳に達するまでの期間に1回接種

子宮頸がん

予防

サーバリックス 3回 小学6年生~高校1年生女子

標準的な接種時期:中学1年生

1月の間隔をおいて2回接種した後、1回目の接種から6月の間隔をおいて3回目を接種

ガーダシル 3回

標準的な接種時期:中学1年生

2月の間隔をおいて2回接種した後、1回目の接種から6月の間隔をおいて3回目を接種

 予診票の配布方法

 

予防接種名

            配布方法
BCG 3~4か月児健診で交付
B型肝炎 市内医療機関に設置
ヒブ 市内医療機関に設置
小児用肺炎球菌 市内医療機関に設置
4種混合 生後3か月頃に個別で郵送
二種混合 11歳頃に個別で郵送
麻しん(はしか)及び風しん

第1期は生後12月頃、第2期は就学1年前に個別で郵送

水痘(みずぼうそう) 生後12月頃に個別で郵送
日本脳炎第1期 3歳児健診のご案内と一緒に個別で郵送
日本脳炎第2期 9歳頃に個別で郵送
子宮頸がん 現在積極的勧奨を差し控えているため、希望者に保健センターで交付

 

 

BCG予防接種日程

新型コロナウイルス感染拡大防止策を実施するにあたり、集団BCG接種に来場される方の人数を把握しています。接種日の一週間前までに保健センターまでご連絡をお願いします。

BCGは保健センターで下記の日程で行います。
※公費の対象年齢は生後1歳未満です。下記の対象者の生年月日は、目安として区切っていますが、他の予防接種との間隔やお子さんの体調が悪い場合は、対象以外の接種日へ来所してください。

※個別接種希望者が多いため、8月以降は月2回から月1回の開催に変更しています。日程と対象者をご確認の上、一週間前までに保健センターへご連絡ください。

BCG接種日

対象者

BCG接種日

対象者

令和2年
4月10日(金曜日)

令和元年
10月16日から31日生まれ

令和2年

10月13日(火曜日)

中止

4月28日(火曜日)

→中止

11月1日から15日生まれ

10月30日(金曜日)

4月16日から5月15日生まれ

5月15日(金曜日)

→中止

11月16日から30日生まれ

11月10日(火曜日)

中止

5月26日(金曜日)

→中止

12月1日から15日生まれ

11月27日(金曜日)

5月16日から6月15日生まれ

6月9日(火曜日)

12月16日から31日生まれ

12月8日(火曜日)

中止

6月26 日(金曜日)

令和2年

1月1日から15日生まれ

12月18日(金曜日)

6月16日から7月15日生まれ

7月3日(金曜日)

1月16日から31日生まれ

令和3年

1月15日(金曜日)

中止

7月21日(火曜日)

2月1日から15日生まれ

1月26日(火曜日)

7月16日から8月15日生まれ

8月4日(火曜日)

中止

2月2日(火曜日)

中止

8月28日(金曜日)

2月16日から3月15日生まれ

2月26日(金曜日)

8月16日から9月15日生まれ

9月8日(火曜日)

中止

3月9日(火曜日)

中止

9月25日(金曜日)

3月16日から4月15日生まれ

3月26日(金曜日) 

9月16日から10月15日生まれ 

受付時間

AM9時15分 ~ 10時15分 (時間厳守)

持ち物

予防接種予診票、親子健康手帳(母子健康手帳)

接種当日午前8時30分から受付番号の札を保健センター1階に出します。
早い順番での接種をご希望の場合は、お早めにお越しください。

予防接種名

種類

対象

年齢

標準

年齢

接種間隔・注意事項等

BCG

生ワクチン

生後1歳未満

生後

5~8月未満

保健センターでの集団接種です。日程はBCG予防接種日程で確認してください。
予診票は3~4か月児健診で配布します。

注意事項

  • 1)受ける予防接種について「予防接種と子どもの健康」をよく読んでください。
  • 2)体温は必ず保健センター(接種会場)で測ってください。37.5度以上の場合は接種できません。
  • 3)けいれんを起こしたことがある児は、接種前に主治医に相談をしてください。
  • 4)予防接種を受けた後、入浴しても差し支えありませんが、注射部位を強くこすらないようにしてください。

 予防接種の種類 

上記の定期の予防接種については、自己負担金は無料です。
任意の予防接種については全額自己負担となりますのでご注意ください。

予防接種と予防接種の間隔

予防接種をした後は他の予防接種までに次の期間をあけてください。

【生ワクチン】

BCG・麻しん風しん・ロタ・
おたふくかぜ・水痘(みずぼうそう)など

27日以上

あける

【不活化ワクチン】
小児用肺炎球菌・ヒブ・子宮頸がん予防・

4種混合・三種混合・二種混合・日本脳炎・
不活化ポリオ・インフルエンザ・B型肝炎など

6日以上あける

予防接種と病気の間隔

以下の病気にかかった後は予防接種を控えましょう。(医師の判断に基づきます)

突発性発疹・ 手足口病・とびひ

治ってから2週間(14日間)あける

麻しん(はしか)・ 風しん(3日ばしか)

おたふくかぜ・ 水痘(みずぼうそう)

治ってから4週間(28日間)あける

転入者説明会 

転入した方を対象に長久手市の予防接種の実施方法を説明し、予診票をお渡ししています。
対象の方にはご案内および「予防接種・健診確認票」を事前にお送りしています。詳しくは健康推進課へお問い合せください。

日程

R2

4月24日(金曜日)

→中止

5月28日(木曜日)

→中止

6月30日(火曜日)

7月29日(水曜日)

8月18日(火曜日)

9月15日(火曜日)

10月26日(月曜日)

 11月5日(木曜日)

12月14日(月曜日) 

R3

1月25日(月曜日)

2月24日(水曜日)

3月8日(月曜日)

 

 

 

 

 

 

時間

AM10時00分集合

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉部健康推進課 

電話:0561-63-3300

ファックス:0561-63-1900

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?