ホーム > 健康・福祉・長寿 > 健康・健診・予防接種・医療機関 > お知らせ > 長久手市災害時における看護師等ボランティア登録者募集

ここから本文です。

更新日:2019年9月25日

長久手市災害時における看護師等ボランティア登録者募集

長久手市では、大規模な地震災害に備え、医療救護活動に従事できる看護師等ボランティアを募集します。

 対象者

 市内在住、在勤の看護師、保健師、助産師、准看護師の資格を有し、災害時に活動できる見込みのある者

 ご自身や家族が無事であり、活動可能な場合に限るため、登録後の活動が強制されるものではありません。

 主な活動内容

 1. トリアージ実施の補助

 2. トリアージにより創傷、打撲、骨折等の軽傷者と判断された外科的負傷者の応急措置の補助

 3. 重傷者等でさらに医療が必要な場合、救急車などを利用して医療機関への搬送介助

 4. 慢性疾患患者等の診療補助

 5. その他医療救護に必要な事項

 登録から活動までの流れ

 1.登録 

    ・健康推進課窓口もしくは郵送で随時申込を受付ます。

     以下の書類を提出してください。

            1. 看護師等の免許証のコピー

     ➁ 「長久手市災害時看護師等ボランティア登録確認票」(PDF:40KB)

        (市HPまたは健康推進課窓口にて配布)

 2.研修

    長久手市災害時における看護師等ボランティア登録者に対して、研修会を行います。   

 3.活動

    長久手市内で大規模な災害が発災した場合、活動可能な方は保健センターへご連絡もしくは来所してい

    ただきます。

  災害時看護師等ボランティア研修会を開催しました!   

  平成31年1月16日(水曜日)に愛知医科大学病院 高度救命救急センター 岸野孝昭医師、尾三消防本部長久手消防署の救命救急士の方をお招きし、研修会を開催しました。災害時看護師等ボランティアの方や市内在住・在勤の看護師・保健師・助産師・准看護師の資格をもつ方など13名が参加しました。

  災害ボランティア

研修会では、実際の災害現場を想定した事例を通してトリアージやBLS、新聞紙や包帯などを使った固定法を学びました。参加者からは「久しぶりに救命などについて確認することができた」「具体的な事例でわかりやすかった」「もっと災害看護について勉強したくなりました」などの声をいただきました。 

  保健センターでは、大規模な地震災害に備え、定期的に災害時の医療救護に関する専門知識習得のための研修会を開催しています。災害医療活動にご興味のある方、能力を地域に活かしたい方など保健センターまでご連絡ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉部健康推進課 

電話:0561-63-3300

ファックス:0561-63-1900

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?