ホーム > 文化・スポーツ > 生涯学習・講座 > 青少年のスマホ(携帯電話)の利用には危険がいっぱい

ここから本文です。

更新日:2014年12月19日

青少年のスマホ(携帯電話)の利用には危険がいっぱい (フィリタリングの利用は保護者の責任です。)

 

  携帯電話やスマートフォンからインターネットを利用することにより、青少年が有害情報を閲覧する危険性が高まっており、また、犯罪被害に巻き込まれる事例が生じております。

  愛知県青少年保護育成条例が改正され、平成25年7月1日から青少年が使用する携帯電話についてフィリタリングサービスを利用しないときは、その理由を記載した書面を事業者に提出していただくことになりました。

 18歳未満の青少年が使用する携帯電話やスマートフォンを購入する場合、保護者は、県内の販売事業者から使用者が青少年であるかどうかの確認を受けた後、有害情報を閲覧する危険性や有害情報をブロックするフィルタリングサービスやフィルタリングソフト(アプリ)について説明を受けることとなります。また、何らかの事情によりフィルタリングを利用しない場合は、書面による申出が必要となります。

詳しい内容につきましては、愛知県社会活動推進課ホームページも併せてご覧ください。 

問合せ先

県民生活部社会活動推進課 電話(052)954-6175(ダイヤルイン) 

ホームページhttp://www.pref.aichi.jp/syakaikatsudo/seisyounen-index.html(外部リンク)

お問い合わせ

くらし文化部生涯学習課 

電話:0561-56-0627(生涯学習係)・0561-63-1000(スポーツ係)

ファックス:0561-63-2100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?