ホーム > 健康・福祉・長寿 > 福祉全般・社会福祉 > 民生委員・児童委員、主任児童委員

ここから本文です。

更新日:2017年2月6日

民生委員・児童委員、主任児童委員

平成28年12月1日に民生委員・児童委員、主任児童委員の改選がありました。

詳しくは右のリンク先ページをご確認ください→民生委員・児童委員、主任児童委員の改選について

民生委員・児童委員とは

民生委員は民生委員法で規定されており、都道府県知事の推薦によって、厚生労働大臣が委嘱します。

児童委員は、児童福祉法の中で「民生委員法による民生委員は、児童委員に充てられる」とされており、愛知県知事が委嘱します。平成29年には民生委員児童委員制度100周年を迎えます。

主任児童委員とは

主任児童委員は、従来の担当区域を持つ児童委員とは別に、児童の福祉に関する事項を専門的に担当する児童委員として、児童の福祉に関する機関と区域の児童委員との連絡調整を行い、関係機関や区域の児童委員と連携して活動を行います。

民生委員・児童委員の活動

民生委員・児童委員活動の7つのはたらき

  1. 社会調査(担当区域内の実態や福祉需要を把握する。)
  2. 相談(住民の抱える問題について、相手の立場に立ち、親身になって対応する。)
  3. 情報提供(社会福祉の制度やサービスについて、その内容や情報を住民に的確に知らせる。)
  4. 連絡通報(住民が、個々の福祉需要に応じたサービスが受けられるよう関係行政機関、施設、団体等に連絡し、必要な対応を促す。パイプの役割。)
  5. 調整(住民の福祉需要に対応し、適切な福祉サービスが提供されるように支援する。)
  6. 生活支援(問題を抱える住民が自立した生活を送ることができるよう、自ら支援活動を行い、地域住民等の協力・支援体制づくりを行っていく。)
  7. 意見具申(活動を通じて得た問題点や改善策についてとりまとめ、必要に応じて民生委員・児童委員協議会を通して関係機関等に意見を提起する。)

民生委員・児童委員の活動区域

  1. 現在、63名の民生委員・児童委員、4名の主任児童委員(計67名)の方々が活動しています。
  2. 民生委員・児童委員は担当の区域が定められています。詳しくは、担当エリアガイドをご覧ください。担当エリアガイド【外面(PDF:3,268KB)】【中面(PDF:1,549KB)
  3. 主任児童委員は、各委員が「長久手市全域」を担当するため、特定の担当地域はありません。

民生委員・児童委員の任期

民生委員・児童委員、主任児童委員の任期は3年です。現在の委員の任期は平成28年12月1日から平成31年11月30日までです。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉部福祉課 

電話:0561-56-0553

ファックス:0561-63-2100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?