ホーム > 健康・福祉・長寿 > 福祉全般・社会福祉 > 臨時福祉給付金(経済対策分)

ここから本文です。

更新日:2017年1月27日

臨時福祉給付金(経済対策分)

対象者

 平成28年度臨時福祉給付金の支給対象者 

 ※ 平成28年度臨時福祉給付金の支給対象者 

 

   平成28年度分(平成27年中所得)の市民税(均等割)が課税されない方が対象です。
     ただし、 ・ 課税されている方に生活の面倒を見てもらっている場合
            (住民税において、課税者の扶養となっている場合)
           ・ 生活保護制度の被保護者となっている場合  など   は対象となりません。

 支給額

 支給対象者1人につき1万5千円

基準日

 平成28年1月1日

申請手続について

 基準日に長久手市に住民登録があり、給付金の支給対象となる可能性のある方へ平成29年2月下旬頃に申請書を送付しますので、必要書類を添付し申請してください。

 必要書類が添付されていなかったり、申請期間を過ぎてからの申請は、給付金がお支払できませんのでご注意ください。

申請期間

 平成29年2月下旬から平成29年5月31日(水曜日)まで

 なお、平成28年1月2日以降に長久手市に転入した人は、平成28年1月1日時点で住民票がある市区町村で申請してください。

申請方法

 次の書類を提出してください。

  •  申請書
  •  申請者全員分の本人確認できるもの(運転免許証、健康保険証、個人番号カード、パスポートなど)の写し
  •  振込先口座の通帳(金融機関名・支店名・口座番号・名義人がわかる部分のみ)の写し

 <郵送の場合>

  同封の返信用封筒をご利用いただくか、長久手市役所福祉施策課宛てに送付してください。

 <直接持参する場合>

  市役所本庁舎 2階東側 「臨時福祉給付金特設窓口」に提出してください。

支給について

 審査が終了した方から順次お支払します。ただし、書類に不備または確認に時間を要する場合もありますのでご了承ください。 

 ※申請書を受け付けた後、課税状況、扶養状況等支給要件を満たしているか審査し、支給決定をします。

  ※申請書を送付された方であっても、審査結果によっては支給対象とならないことがありますので、あらかじめご了承ください。

 ※臨時福祉給付金の支給は口座振替で行いますので、申請書に記入する口座情報については、お間違いのないようにお願いします。

問い合わせ先

     臨時福祉給付金専用ダイヤル 0561-63-3092 

     受付時間 午前9時から午後5時まで(市役所開庁日のみ)

  ※上記が混み合うなど繋がりにくい場合は、お手数ですが福祉施策課(0561-56-0553)にお掛け直しください。 

 厚生労働省 「臨時福祉給付金」ホームページ(外部リンク) 

 「振り込め詐欺」や「個人情報の詐取」にご注意ください

  • 「臨時福祉給付金」の支給について、ATM(銀行・コンビニなどの現金自動支払機)の操作をお願いすることはありません。 (ATMを自分で操作して、他人からお金を振り込んでもらうことはできません。)
  • 「臨時福祉給付金」の支給のために、手数料などの振込を求めることはありません。
  • 提出された申請書の記載内容の確認以外に個人情報を照会することはありません。

振り込め詐欺などが疑われる場合は…

 自宅や職場などに、市や厚生労働省(の職員)などをかたった不審な電話や郵便が届いたら、福祉課や愛知警察署0561-39-0110(または警察相談専用電話#9110)にご連絡ください。

 厚生労働省ホームページ「ご注意ください」(外部リンク)

 

  

お問い合わせ

福祉部福祉施策課 

電話:0561-56-0614

ファックス:0561-63-2100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?