ここから本文です。

イベント

音楽

文化の家 自主事業

ガレリアコンサート

文化の家アトリウムの画像です

平成28年5月31日(火曜日) 11時00分

vol.145  NewTones ガレリアライブ!

平成28年6月11日(土曜日) 11時00分

番外編  おんぱくオープニングイベント

平成28年6月25日(土曜日) 12時00分

vol.146 RH5(あーるえいちクインテット)

平成28年7月31日(日曜日) 12時00分

vol.147 ガレリアコンサート おんぱく編 

ガレリアコンサートとは?

文化の家ガレリアの中心部、中世ヨーロッパの町並みをイメージしたアトリウム(広場)は、残響豊かな石造りの空間。毎月1回「ガレリアコンサート」を行っています。お昼のひと時に、生演奏やパフォーマンスを気軽に楽しみませんか。もちろん、親子連れ大歓迎です!!

ところ

文化の家 アトリウム

料金

無料

5月31日(火曜日) 11時00分
NewTones ガレリアライブ!

クラシックの名曲からオリジナルまでNewTonesオリジナルアレンジでお届けいたします。ラフマニノフのピアノ協奏曲やヴァイオリンの技巧曲まで盛りだくさん。ぜひぜひお越しください♪CDも発売します♪サイン会あり!

【曲目】
ひまわり(葉加瀬太郎)、死の舞踏(サンサーンス)
ほか

【出演】
NewTones/ニュートンズ

2013年5月に結成。クラシックの確かな演奏技術を母体に「カルメン幻想曲」のような技巧曲から「情熱大陸」や「アイルランド民謡」など様々なジャンルを弾きこなし、各イベント・ライブで好評を得る。最近ではトークにも定評があり、クラシック専用ホールはもちろんカフェや屋外ライブ、自主企画の子供のためのコンサート、2000席を超える大ホールでのライブなど、活動の幅を広げている。独自のレパートリーを携えた個性あふれる演奏家4名から創造される ≪New Tone(新しい音)≫をお楽しみに!

公式ホームページ⇒http://newtones.s-violine.com/(外部リンク) 

ヴァイオリン中川香の画像です

中川香(ヴァイオリン)

5歳よりヴァイオリンを始める。
10歳から17歳までNHK名古屋青少年交響楽団に在籍。
愛知県立名古屋西高等学校を卒業。
武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科首席卒業。
卒業後は読売新人演奏会、読売中部新人演奏会等、多数の演奏会に出演。
在学中には福井直秋記念奨学金を得た他、武蔵野音楽大学管弦楽団とソリストとして共演。
在学中より東京の主要なプロオーケストラに客演する。
一般社団法人セントラル愛知交響楽団団員。
現在はコンサートの他、イベントやパーティーなどでも幅広く演奏活動を行っている。またヴァイオリン教室を主宰し、後進の指導にも力を入れている。

公式ウェブサイト⇒http://kaorin.s-violine.com/(外部リンク)

ヴァイオリン松本一策の画像です

松本一策(ヴァイオリン・ヴィオラ)

名古屋市出身。2003年に信州大学理学部物理科学科を卒業後、愛知県立芸術大学へ進学。選抜のソリスト出演(協奏曲)や室内楽演奏会、卒業演奏会など数多く出演する。卒業後は自主企画のコンサートをはじめ、レッスン、依頼演奏やアマチュアオーケストラの指導などのほか、後進の育成にも力を入れている。2007年に一般社団法人セントラル愛知交響楽団へ入団し2014年9月まで在籍。最近ではアイルランド民謡やジプシー、ジャズなどをレパートリーにした「悠情楽団」のセカンドフィドル奏者として活躍。またL'Arc〜en〜Cielなどのポップアーティストのツアーに参加するなど、クラシックに限らない演奏ジャンルの広さ・適応能力も強みとしている。アレンジにも定評があり、名古屋フィルハーモニー交響楽団などの依頼から小さなアンサンブルまで幅広く編曲に携わる。

公式ウェブサイト⇒http://s-violine.com/(外部リンク)

コントラバス伊藤玉木の画像です

伊藤玉木(コントラバス)

名古屋芸術大学音楽学部器楽科卒業。
フリーのコントラバス奏者として東海地区を中心に活動。
コンサートホールでの演奏会からスクールコンサート、ホームコンサートまで、幅広く活躍している。
椙山女学園大学シンフォニーオーケストラ低弦トレーナー。
北名古屋シティ管弦楽団 副音楽監督。

ピアノ金田紗希里の画像です

金田紗希里(ピアノ・鍵盤ハーモニカ)

名古屋市出身。2歳よりピアノを始める。名古屋市立菊里高等学校音楽科卒業。愛知県立芸術大学音楽学部器楽科卒業。 第20回日本ピアノ教育連名ピアノオーディション全国大会入選。 第18回江南学生音楽コンクール高校生の部、第2位。 第14回日本クラシック音楽コンクール全国大会入選。 2006年、2008年ザルツブルグモーツァルテウムサマーアカデミー修了。 2008年ウィーン国立音楽大学国際音楽セミナーにて、Jan Gottlieb Jiracek氏に師事。 ディヒラーコンクール第1位。受賞者コンサートに出演。 第8回名古屋演奏家育成塾にて、奨励賞、聴衆賞受賞。 岐阜交響楽団とラフマニノフピアノ協奏曲第2番を共演。 パラミタミュージアムコンサート、ミッドランドアトリウムコンサート、イオンウィークエンドリフレッシュ、徳川園80周年記念コンサート等に出演。 これまでに、鹿島直美、定行和子、佐野翠、永野美佐子の各氏に師事。 現在、ソロや室内楽、伴奏など幅広く演奏活動を行うと共に、後進への育成にも力をいれている。

 

6月11日(土曜日) 11時00分
おんぱくオープニングイベント

おんぱくロゴ4人の画像です家族みんなで楽しめるクラシック音楽イベント、おんぱく。
いよいよ始まるおんぱくの開会宣言!パレード、コンサートなど盛りだくさん!
王国へのトビラが今、開かれる!
★オープニングイベントスケジュール
10時45分 おんぱく音楽隊パレード(桧ヶ根公園~文化の家)
11時00分 コンサート(文化の家アトリウム)

おんぱく この夏、長久手に音楽の王国が現れる!

6月11日(土曜日) オープニングコンサート(文化の家)
6月19日(日曜日)~7月31日(日曜日) まちなかコンサート(長久手市内)
8月7日(日曜日) おんぱく王国(文化の家)
詳細は公演チラシをご確認ください。

6月25日(土曜日) 12時00分
 RH5(あーるえいち クインテット)

アルトサックス奏者服部莉佳が率いる名古屋発のサックスクインテット!
メンバーはそれぞれ名古屋のみならず全国で活躍する若手実力派ミュージシャン。
作曲・編曲はほとんどすべてをリーダーの服部が担当する。また作詞も手がけ、ライブではボーカル入りのセクステット(RH6)としての活動も多い。
独自の世界観と音楽経験を元に作り出される曲たちには特徴があり、歌詞のないインストゥルメンタル曲では情景の見えるような抽象的な楽曲が多く、対してボーカル曲は感情をストレートにメロディや詞に乗せたものが多い。ジャズを中心に様々なジャンルを感じさせる”RH5"は日々活動の幅を広げている。

浅井翔太の画像です

浅井翔太(ds)

6歳から電子オルガン、11歳よりドラムを習い始める。ヤマハPMSで伊藤孝志氏に師事。中学・高校では吹奏楽部に入部し、クラシックパーカッション全般を経験しながら様々なジャンルの音楽に触れる。
2007年名古屋音楽大学ジャズ・ポピュラーコースに入学しジャズドラムを黒田和良氏に師事。クラシックパーカッション・打楽器アンサンブルを岡田知之、山口恭範、栗原幸江の各氏に師事。
2010年ビブラフォン奏者Mike Mainieri氏と共演。同年より行っている台湾への定期的な海外遠征も好評を博している。また打楽器奏者としても同大学の定期演奏会、打楽器演奏会や室内楽など、様々な演奏会に出演。
2011年名古屋音楽大学を卒業。同年夏に渡米し、Centrum Jazz Workshopに参加。Jay Thomas、Gary Smulyan、Quincy Davisの各氏から直接指導を受ける。
現在は名古屋市のジャズクラブを中心にライブやレコーディング、また音楽教室のドラム・パーカッション講師として活動中。

服部莉佳の画像です

服部莉佳  (as)

幼少期からクラシックピアノを12年間習い、15歳でジャズサックスを始め音楽の道を志す。
名古屋芸術大学に進学し、野々田万照氏に師事。在学中は名古屋芸術大学Jampa Swing Orchestraに所属しコンサートマスターを務め、第41回ヤマノビッグバンドジャズコンテストでベストランクアップ賞を受賞。個人では東海大会で優秀ソリスト賞を受賞。
現在は大学を卒業後、複数のBig Band・コンボバンドに所属し愛知・岐阜を中心に活動。作・編曲家、さらには講師としても活動中。自身のリーダーバンドも持ち、名古屋を中心に活動している。リーダーバンドは「RH〇〇」DuoからQuintet、様々な形態でライブを行う。2015年3月には今池TOKUZOでのワンマンライブを成功させ、その直前にはオリジナル音源を3曲レコーディング。
主に出演するライブハウスは今池TOKUZO/金山Mr.Kenny’s/新栄Swing/栄DreamCube/大曽根BlueFrog/覚王山StarEyes等々。

平光広太郎の画像です

平光広太郎  (pf)

幼少のころよりクラシックピアノを始め、岐阜大学New Stars Jazz Orchestra、Liebe Parzeに所属したことをきっかけにジャズピアノに転向する。在学中よりジャズピアニストである水野修平氏に師事する。
2009年4月から本格的に演奏活動を開始する。同年7月にはシアトルで開催されたCentrum Jazz Workshopに参加し刺激を受ける。
現在、自己のグループを率い、各地で定期的に活動を続けている。その他にも様々なミュージシャンのサポートを行う等、東海地区を中心に活動中である。色彩豊かな力強い音色と繊細なフレージングには定評がある。
2012年9月『金沢ジャズストリート2012コンペティション』にてグランプリを受賞。
2013年7月自己名義による1st CD “STRAIGHT LINE” をリリース。
同年9月には韓国仁川で、10月には中国南京で演奏を行うなど活動の幅を広げている。

荒川琢哉の画像です

荒川"B"琢哉  (per)

愛知県名古屋市出身。
12歳の時に中学のビッグバンド部にて独学でドラムをはじめ、 16歳の時に所属していた「Free Hills Jazz Orchestra」でラテンパーカッションに出会う。 独学で勉強を続け、高校生としては数少ないパーカッションプレイヤーとなる。
その後、名古屋芸術大学に入学。作曲や編曲、PAやレコーディングの知識を学ぶ一方、野々田万照氏に出会いプロミュージシャンを志すようになる。野々田氏の紹介で美座良彦氏に出会い同氏に師事。ラテン音楽にのめり込む。
プロとして活動を始めてからは安定したビートとパワフルなプレイ、演奏を心から楽しむというスタイルで、共演者からの信頼も厚い。
現在は、アーティストのサポート【髙橋真梨子withヘンリーバンド(2013/11)等...】や、様々なイベントへの参加【Nagoya Groovin' Summer (名古屋市)、YANSA21(高山市)、中高生のコンサートでのゲスト演奏等...】ミュージシャンとのセッション、「野々田万照&ゴージャス☆モンキーズ」などへの参加、ラテン音楽を少しでも身近なものにしたいという想いで立ち上げた自身のラテンバンド「B-Style」「B-Style Big Band」等、ジャンルを問わず活動中。

梶祥太郎の画像です

梶祥太郎 (el-b)

中学生でクラシックギターを手にし、卒業と同時にベースへ転向。 高校生でロックバンドを結成し、ライブハウス各所でライブをする傍ら、サポート活動も開始する。 その後、本格的に音楽の素養を身につけるため2008年に名古屋芸術大学ジャズ•ポップスコースへと入学し、ギタリストである渡辺のりお氏に師事。 また、在学中より講師活動も開始する。 卒業後は、プロダクション「Jam’s entertainment」に所属、各所で演奏活動を行う。(2012-2014) 現在ではメジャー,インディーズアーティストのサポートや、ミュージカル,ゴスペルクワイヤのバックバンド。 その他jazz,funk,soul,latinなど様々なジャンルでのセッションライブで活躍している。

 

7月31日(日曜日) 12時00分
ガレリアコンサートおんぱく編

おんぱくロゴおんぱく王国(8月7日)のプレイベントです。
0才からOK!とびきり楽しいスゴ腕音楽家たちによるファミリーコンサートです!

【出演】
石川貴憲(サックス)
鈴木豊大(打楽器)
井上陽葉(ピアノ)
谷脇友里恵(コントラバス)
堀内大輝(歌)

 

ページの先頭へ戻る