ここから本文です。

イベント

舞台

文化の家 自主事業

Credo&Necessitudo 工藤聡振付作品

工藤聡振付作品のチラシ画像です

平成30年12月14日(金曜日)19時00分開場 19時30分開演

Credo&Necessitudo 工藤聡振付作品 風のホール

 上演時間:約60分

平成30年11月18日(日曜日)13時30分開場 14時00分開演

工藤聡振付作品「scire(シールェ)」上映会 光のホール

 上映時間:50分

映画のようなドラマティックな舞台

愛知県出身、スウェーデンで活躍するダンサー、振付家の工藤聡によるダブルビル公演。
ダンスを観たことがない人におすすめしたい、限りなく演劇に近いダンスです。
ダンサーの身体の動きはもちろん、生の舞台だから感じられる息づかいや、
細かな表情からも人の複雑な感情が垣間見える、セリフのない映画のような作品です。
Credo(クレェド)は「信じる」、Necessitudo(ネセシテュード)は「関係性」を意味していて、
両作品ともテーマは「人間関係」となっており、昨今でも話題のニュースである
見えない力関係や複雑な立場関係、男女差、自覚のない依存など
日常でだれもが経験しうる社会的な問題を取り上げています。
ダンスを観たことがない人、人生を知っている大人にぜひ観てもらいたい舞台です。

プレ・イベント工藤聡振付「scire(シールェ)」上映会についてはこちら

プログラム

第1部 Credo/クレェド(信じる)
 2016年に創作した「シールエ」のスピンオフ。他人を信じることから、自分を信じることで変わっていく心境や行動に焦点を当てた作品。
 出演|豊永洵子(文化の家 創造スタッフ)、村田勇人

第2部 Necessitudo/ネセシテュード(関係性)
 強制と依存に焦点を当て、身体的極限に支配される感情が、時間によって変化していく二人の関係性を表現した作品。
 出演|工藤聡、クレア・カムース

プロフィール

工藤聡
工藤聡ダンサー、振付家。名古屋市出身。上京後、宮崎渥巳に師事、ニューヨーク留学を経て、現在スウェーデン在住歴20年。2001年にオハッド・ナハリン作品出演、ディニッシュ・ダンスシアターで活動をした後、シディ・ラルビ・シェルカウィのダンサー兼、振付アシスタントとして2006年から2013年まで活動。2015年には王立スウェーデンバレエにおいてリハーサルディレクターとしてマッツ・エクの「白鳥の湖」などのコンテンポラリーダンス作品全般を担当した。現在はストックホルムを拠点にフリーの振付家として活動し、日本での活動も積極的に行なっている。2016年にはあいちトリエンナーレにて、ナゴコンとの共同製作「シールェ」を上演した。また今年度は、京都造形芸術大学の研究企画として、神戸大学の関典子氏に依頼され、自ら開発した「モーション・クオリア」という、三半規管を挑発することから自然に派生する動きの方法論を教授している。

料金

フレンズ会員2,000円(前売のみ)、一般2,500円、学生1,500円
未就学児入場不可、中学生以上推奨

全席自由
前売完売の場合、当日券は発売されません。
車いす席をご希望の方はお問い合わせください。

※プレ・イベントは入場無料、要申込みです。
※チケット料金は、文化の家集合チラシBUNTSUの記載から変更しています。

チケット発売日

10月6日(土曜日) フレンズ会員先行発売
10月13日(土曜日) 一般発売

チケットの取扱い場所

長久手市文化の家 0561-61-2888(チケット専用 ※電話予約は発売日の翌日から)
Nピア(アピタ長久手店1F) 0561-63-9200 窓口販売のみ
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード489-705) フレンズ発売なし

チケット購入方法

プレ・イベント 

工藤聡振付作品「scire(シールェ)」上映会

あいちトリエンナーレ2016舞台芸術公募プログラムにて上演したナゴコン制作の
「scire(シールェ)」を、中根唯世氏が映像作品(50分)にしたものを上映します。
本公演前にぜひ、工藤聡振付作品の世界観を体感してください。

日時:11月18日(日曜日)13時30分開場 14時00分開演
開場:文化の家 光のホール
申込:10月6日(土曜日)から文化の家にて申込・受付開始。
定員:先着80名
入場無料、全席自由となります。

主催

長久手市

協力

穂の国とよはし芸術劇場PLAT、豊橋市、VÄSTMANLANDS-MUSIKEN

助成

KONSTNÄRSNÄMNDEN - The Swedish Arts Grants Committee

スタッフ

舞台監督:福田由佳
音響:田中忍
作曲:ルイス・マグヌソン
アシスタント:マティルダ・ビルバーグ
制作:長久手市文化の家

ページの先頭へ戻る