ここから本文です。

イベント

舞台

文化の家 自主事業

2018ジョイントフェスティバル愛知

風を見たかい?

風を見たかい?のチラシ画像です

平成30年9月17日(月曜日・祝)13時30分開場 14時00分開演

風を見たかい? 風のホール

上演時間:約75分

風には色がある。ぼくにはそれが見えるんだ。

宮沢賢治の名作『風の又三郎』を、長久手市在住の劇作家・演出家 刈馬カオスと愛知を代表する児童劇団 劇団うりんこがジョイントフェスのために舞台化。風の色が見える自分はヘンだと思う少年ナオトと、風を起こす不思議な転校生サブリナが織りなす奇妙なひと夏の思い出を描きます。他者との出会いを通して「自分とは違う誰か」「誰かとは違う自分」を発見していく子どもたち。五感を刺激する躍動感あふれる演出が舞台をいっそう盛り上げます。誰にでもひそんでいる「新しい自分」を見つけに来てください。

あらすじ
9月1日の朝、夏休みを終えた子どもたちは久しぶりにクラスメイトと会って興奮気味。宿題の絵を見せ合うことになりますが、ナオトの絵を見てみんなびっくり。そこに描かれていたのは、空を渡るカラフルな風。「風に色なんてないよ!」というみんなの言葉に、今度はナオトがびっくり。ナオトには、風が彩り豊かに見えるのです。僕ってヘンなのかな…と不安になるナオト。そこへ赤髪の転校生:サブリナがやってきて、まるで『風の又三郎』のような立ち振る舞いに教室はざわめきます。実はサブリナは風を自在に操るチカラを持っていたのです。やがて街を襲う事件にナオトと立ち向かうことに!

原作

宮沢賢治『風の又三郎』

脚本・演出

刈馬カオス(刈馬演劇設計社)

製作

劇団 うりんこ

出演

劇団うりんこ
児玉しし丸、牧野和彦、藤本伸江、山内まどか、長谷川菊

元山未奈美(演劇組織KIMYO)

料金

前売・当日:フレンズ会員・一般2,000円、高校生以下1,000円
3歳以下ひざ上鑑賞無料(席が必要な場合は有料)

全席自由
前売完売の場合、当日券は発売されません。
車いす席をご希望の方はお問い合わせください。

チケット発売日

6月2日(土曜日) フレンズ会員先行発売
6月9日(土曜日) 一般発売

チケットの取扱い場所

長久手市文化の家 0561-61-2888(チケット専用 ※電話予約は発売日の翌日から)
Nピア(アピタ長久手店1F) 0561-63-9200 窓口販売のみ
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード486-758) フレンズ発売なし

チケット購入方法

主催

2018ジョイントフェスティバル愛知協議会、長久手市

後援

愛知県、愛知県教育委員会、愛知県小中学校PTA連絡協議会、愛知県子ども会連絡協議会、子ども・おやこ劇場東海連絡会、愛知学童保育連絡協議会、国際児童青少年舞台劇場協会日本センター

助成

一般財団法人地域創造

ページの先頭へ戻る