ここから本文です。

イベント

美術

文化の家 自主事業

創造スタッフ企画

橋寛憲・小林大地 美術作品展

創造スタッフ企画美術作品展のチラシ画像です

平成31年1月30日(水曜日)~2月10日(日曜日)10時00分~19時00分 ☆最終日~17時00分

美術作品展 展示室

※月曜休館日

美術系創造スタッフの2人が、作家として作っている作品と、文化の家に「面白い空間」を作ろうと行ってきた仕事たちを展示します。

出展

風魅鳥
風魅鳥|小林大地

小林大地
主に金属を扱い、縦横5メートルを超える作品から、手のひらサイズの作品、音がしたり動いたり、さまざまな立体作品を、わかりやすく楽しく自由な作風で作っている。2003年愛知県立芸術大学美術学部デザイン科卒業。同大学 金工指導員(金属を加工する工房の指導員)。

☆今年の個人的な作品は、魔法をテーマに作る作品が複数あり、ファンタジーな要素が増えました。作品に付属する物語もぜひ合わせてお楽しみください。昨年度は1歳の息子が大ハマリし、文化の家に見に行くと言ってきかない日々でしたので、おそらく幼児から年齢問わず楽しめる展覧会なのでしょう。ご期待ください!

橋寛憲
’97愛知県立芸術大学デザイン科を卒業。学生時代から一貫して針金を用いた作品を手がけ、多種多様な生物をリアルに作ることを得意としている。数ミリから3メートルまで、さまざまな大きさの生き物は、まるで生きているのかのように動きを感じさせる。

☆今年度はおんぱくもあり、異国の街をイメージしたたくさんの「作りもの」があります。ちょっと旅に出た気分で記念撮影してみてください。普段の制作では東京と大阪のアートイベントに出展したちょっと大きめの作品やシンプルな一筆書きの魚など、いろんな生き物を連れてきます。楽しんでいただければ幸いです。

ベローシファカ
ベローシファカ|橋寛憲

料金

無料

主催

長久手市

助成

文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)
独立行政法人日本芸術文化振興会

ページの先頭へ戻る