ホーム > 安心・安全 > 防災 > 災害への備え > 家具の転倒防止

ここから本文です。

更新日:2012年12月21日

家具の転倒防止

平成7年に発生した阪神・淡路大震災では、亡くなった方の8割以上が建物の倒壊や家具の下敷きになったことによる、圧死や窒息死でした。普段は便利な家具も、ひとたび地震が発生すれば凶器になります。また、倒れた家具は通路や出入口をふさぎ、逃げ遅れる原因にもなります。

「倒れてこないだろう」という意識を改め、家具の転倒防止を始めとした室内の安全対策を行い、地震による被害を最小限に食い止めましょう。

※市では、高齢者宅等に設置されているタンス、本棚、食器棚等へ家具転倒防止器具を取り付ける「高齢者等家具転倒防止事業」を行っています。 

出入口や通路には物を置かない

  • 部屋の出入口や玄関、通路に家具を置くと、地震によりそれらが倒れ、逃げ道をふさいでしまう。
  • 家具に限らず、いろいろと物が置いてあると、いざという時に逃げ遅れる原因となるため、出入口や通路にはできるだけ物を置かない。  

寝室には家具を置かない

  • 寝室に家具が置いてあると、寝ている間の地震で家具が倒れてきた時に非常に危険なため、寝室には家具を置かない。
  • どうしても寝室に家具を置く場合には、転倒防止対策を行う。また、もしも倒れてしまっても、寝ている位置には倒れてこないように配置する。  

食器棚の固定

  • L字金具や支え棒などで固定する。
  • 壁との間に遊びがあると倒れやすいため、食器棚の下に転倒防止シートや板などを差し込んで、食器棚が壁に寄り掛かるように固定する。
  • 重い食器は下の方に、軽い食器は上の方に置いて重心を下げる。食器棚の上に重い物を置かない。
  • 棚板にすべりにくい材質のシートや敷物などをしいて、食器がすべらないようにする。
  • 強い揺れで食器が飛び出さないよう、引き出しや扉に開放防止金具を付ける。
  • ガラス面には飛散防止フィルムを貼る。  

タンス・本棚の固定

  •  L字金具や支え棒などで固定する。
  • 壁との間に遊びがあると倒れやすいため、家具の下に転倒防止シートや板などを差し込んで、家具が壁に寄り掛かるように固定する。
  • 百科事典など重い物は下に置いて重心を下げる。家具の上に重い物をおかない。
  • 本棚の場合、隙間があると倒れやすくなるため、ブックエンドなどで固定する。

テレビの固定

  • 家具の上などには置かず、できるだけ低い位置に置く。
  • バンドや粘着性耐震シートなどで、テレビ台に固定する。さらに、テレビ台と壁を固定金具で固定する。
  • もしも倒れてしまっても危険がないように、就寝場所や避難の妨げとなるような場所にはテレビを置かない。
  • 専用の転倒防止金具が用意されている製品もあるため、取扱説明書をよく読む。

冷蔵庫の固定

  • 上部をベルトなどで背面の壁と連結する。
  • 冷蔵庫の固定脚を引き出して、ロックする。
  • もしも倒れてしまっても危険がないように、出入口をふさがず、人が挟まれないような位置に置く。
  • 専用の転倒防止金具が用意されている製品もあるため、取扱説明書をよく読む。 

照明器具の固定

  • 吊り下げ式の照明器具は、チェーンと金具を使って数か所天井に止める。
  • 蛍光灯は、蛍光管の両端を耐熱テープで止める。

お問い合わせ

くらし文化部安心安全課 

電話:0561-56-0611

ファックス:0561-63-2100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?