ホーム > 安心・安全 > 防犯・交通安全 > 交通安全 > 年末の交通安全県民運動

ここから本文です。

更新日:2016年11月28日

年末の交通安全県民運動

≪期間≫

平成28年12月1日(木曜日)から12月10日(土曜日)までの10日間

≪目的≫

年末は、師走特有の慌ただしさから運転者や歩行者等の注意力が散漫となり、交通事故が起きやすくなります。また、忘年会など飲酒の機会が増えることから飲酒運転による事故が心配されます。
さらに、この時期は、1年を通じて日没時刻が最も早く、夕暮れ時から夜間にかけて、特に高齢者が犠牲となる交通事故も心配されます。
そこで、この時期に、市民一人一人の交通安全意識を高めるとともに、安全運転や安全行動の実践を通じて交通事故の防止を図ります。

≪運動重点≫

  • 飲酒運転を根絶しよう
  • 子どもと高齢者を交通事故から守ろう
  • 夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗車中の交通事故をなくそう
  • 後部座席を含めた全ての座席でシートベルトとチャイルドシートを正しく着用しよう

 

 交通安全スリーS運動を広めよう

愛知県の交通事故は、その半数近くが交差点で起きており、その主な原因は、一時不停止や信号無視、歩行者妨害によるものです。また、自動車で亡くなった方の多くがシートベルト非着用であるほか、飲酒運転や速度の出し過ぎによる事故が後を絶たない現状にあります。
「交通安全スリーS 運動」は、交通事故を防止するための基本的な運転行動を表した「ストップ(Stop)」「スロー(Slow)」「スマート(Smart)」のキーワードの3つの頭文字を取り、ドライバー等に安全な行動の定着化を図ることを目的として実施するものです。

  • STOP (ストップ) 

赤信号は確実に停止する。一時停止場所では自転車も必ず止まり、横断歩道や交差点では歩行者優先を徹底し、歩行者も道路を横断する時は左右を確認してから手を挙げて渡る。さらに飲酒運転の根絶を徹底する。

  • SLOW (スロー)

 見通しの悪い交差点では徐行する、子どもや高齢者を見かけたら速度を落とすなど、速度を控えてスローな運転を心掛けるように呼びかける。 

  • SMART(スマート)

急発進や空ぶかしをしない、シートベルトは運転の身だしなみとして全席着用の徹底を図る、運転中の携帯電話の使用は絶対しないなど、道路交通に参加するすべての人に対する思いやりを持った、スマートな運転を奨励する。

お問い合わせ

くらし文化部安心安全課 

電話:0561-56-0611

ファックス:0561-63-2100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?